お好み焼き【管理栄養士の朝食】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

お好み焼き【管理栄養士の朝食】

2020-11-07 21:00

    画像


    という訳で、寅の刻(朝4時から6時の2時間)寝起き料理生放送(以下、「寅生」)を、だいたい週1~2回程度で実施しております。


    どうも、とりそぼろです。

    このブログでは、寅生で作った料理についての記録・活動報告をしていきたいと考えていますので、どうぞお付き合いくださいませ。



    11月7日、この時に作ったのは、朝食に出たら興奮するメニューの一つである「お好み焼き」です。


    レシピ

    豚肉 入れたいだけ
    キャベツ てんこ盛り
    焼きそば麺 1袋 プラスすればするほどお腹は膨れていく
    玉子 2個 1個でも良いけど、1個じゃ満足できねぇ・・・
    チーズ 好きなだけ
    小麦粉 大さじ1~2くらい
    水 小麦粉より同量か少し多めくらい 小麦粉と混ぜてクレープ生地のようなイメージを持ってます
    魚粉 ・・・が無かったので、貝類から抽出した顆粒だし使用
    ソース お好きなお好み焼きソースを使ってね。なかったので中濃ソース使用。
    マヨネーズ 好きなだけ
    青のり かけたいだけ


    世の中興奮すること一杯ありますよ。

    でもやっぱり一番興奮するのは、

    朝食にお好み焼きが登場した時だね。


    間違いないね。


    という訳で、今回のメニューはお好み焼きです。

    今回は、お好み焼きと言い切って良いのか分かりませんが、

    お好み焼きです。


    テーマとして、

    ・フライパン一つでやる
    ・ひっくり返す行為を極力減らす

    というのがありました。


    ひとつひとつの工程を全て一緒にするのではなく、別々にしようというのを目標にしました。


    ちょっとわかりにくいですね。

    広島風お好み焼きの工程は、それぞれで異なると思いますが、私がイメージしている調理手順は、


    ①鉄板に生地を薄く延ばす
    ②魚粉系の粉末を生地にかける
    ③キャベツ千切り・もやし類・天かす等・肉をのせてひっくり返して蒸し焼き
    ④麺を炒めてその上に③をのせる
    ⑤玉子を溶いて④をのせる
    ⑥⑤をひっくり返す
    ⑦ソース・マヨ等をかける
    ⑧おいしくいただく


    という感じだと思いますけど、どうでしょう??

    今回の手順は、

    ①フライパンに生地を薄く延ばして両面焼き、皿にのせる
    ②キャベツをフライパンに入れ蒸し焼きし、①の上にのせる
    ③②のキャベツの上にチーズをばらまく
    ④豚肉を焼いてチーズの上にのせる
    ⑤麺を焼いて、玉子をそこに流し込んで両面を焼き、④にのせる
    ⑥ソース・マヨ等をかける
    ⑦おいしくいただく


    という感じにしてみました。

    イメージしている手順だと、③で一回ひっくり返し、⑥でひっくり返すと2回行います。

    で、今回の手順では、

    ①で生地を裏表焼くのでひっくり返します。
    ⑤で玉子を両面焼くためにひっくり返します。


    返す回数同じやん!!


    結構綿密に作業工程をイメージしていた(約2分)のに、目論見が外れてしまいました。

    おいしかったのでいいけれど。


    最後にですが、今回の生放送は撮影しながらお届けしました。

    前回のブログにも書きましたが、動画編集が出来るようになったので、今回の内容も動画にするので、その時はブログ等でお知らせするので見てね。

    バーガーシリーズよりは面白くなると思うから。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。