ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 弾幕歓迎では挨拶必要は有って然りだが無くても然り。そして親しき仲にこそ礼儀

    2014-01-24 07:593
    最近 弾幕歓迎 という文字列が付与された放送を見かける。勿論これは ツールにも弾幕可否が関係する事なのだが(書かなくても可能なツールはある) 今回はこの弾幕歓迎について 私なりの解釈を。


    根底なあるものはただ一つ


    礼儀


    弾幕歓迎と書かれておれば確かに歓迎なのだ。しかし 打つ前に「こんにちは」「弾幕しますね」の挨拶くらいは有っても良い(私のコミュニティーは特殊ゆえ除外)。勿論 弾幕歓迎と明記されておれば 基本的には弾幕OKと考えても良いだろう。

    しかしながら 配信者さんは気づかない方が多いとは思うが 職人さん方々は複数のアカウントを持っている場合がある。しかも別々のIDネームを揃えている人も多い。多い時には10アカウント はたまた20アカウントなどという とんでもないアカウントを使いこなす職人さんもおられる。ここで 例えとして配信者さんが更に硬いルールを設定していたとする。

    「弾幕さん方は 弾幕するアカウントで挨拶くらいはして下さい」

    このような要求をされる配信者さんは いっその事 弾幕禁止 という文字列を入れたほうがいい。そうでなかったら

    たまむし : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    おかめウンコ : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    ニッポン男児 : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    ウホッ! : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    木村さん : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    のっぺら棒 : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    フルーツポンチ : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    田中さん : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    くあせふじこ : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    どうしてもこうなった : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    たくまる : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    ニコ弾幕師 : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」
    ポット洗浄中 : 「こんにちは。弾幕させてくれますか?」
    配信者 : 「どうぞ」

    これら全て同一人物とする。

    合計で最大20回もの許諾 又はお伺いを立てなくてはならなくなる。そんな放送に出会ったら 私はこのパターンをワザと試してみたいところではあるが。とにかく職人さんの中には こういった複数の ID名すら違うアカウントを持っておられる方々が多い。ぶっちゃけると 例えメインアカウントで「わこつ。弾幕させてもらいますね」と言ったところで 挨拶していないアカウントは必ず存在する。場合によっては 弾幕アカウントとコメントアカウントを完全に分けておられる方々も多い。仮に挨拶されても 配信者からは「さっき挨拶した人とは違う人が 挨拶も無しに弾幕投下してやがるなー」ってな事にもなる。つまりは もう 弾幕禁止にしたほうが手っ取り早いのだ。




    どうしても個別に挨拶したり 全てのアカウントがその一人本人である説明を求めるようなら



    弾幕歓迎外せ!



    そもそも 中途半端に「歓迎」とか書かないほうがハッキリする。歓迎というのは 歓んで迎える という意味しか含んでいない。少しでも「嫌だな」って思うくらいなら 歓迎しないでおけ!「嫌じゃないけど・・・・」とか中途半端な事を抜かすんだったら その折を色々と明記しておけ・・・



    ・・・ってな事になってしまう。




    打つ側としての礼儀としては 書かれていなくても挨拶くらいはしても バチは当たらない。当たらないが 全てのアカウントを あなた本人である証明に時間がかかるようなら もうその枠では打たないほうが良い。


    確かに弾幕と言うのは 捉え方によっては荒らしのようにも思える。弾幕をする側 される側 双方に心構えが必要なのだ。ただ単に「弾幕歓迎」とだけ明記されておれば そこに挨拶云々の取り決めは存在しないのだ。挨拶するのがマナーだ と言っても その定義はあくまでも配信者が決めたマナー。職人さん方の中には 弾幕もコメントの一種と捉えている方もいる。変な話


    「コメントくれる時は 一言 その折をコメントしてください。そのコメントをする場合にも事前にコメントを下さい」


    という意味不明な状態に解釈されるかもしれない。流石にこれは少々乱暴な例えでは有ったが ただ 挨拶の一つや二つ有っても良いよね ってのは有って それを思うのは自由なのだ。思うのはね。ここで

    「この人 挨拶も無しに弾幕打ってるよな」

    って思うのはちょっと違う。だって 挨拶してくれとは一言も明記されていないのだから。

    「挨拶するのがマナーでしょ」

    ・・・・確かにそうだと言えばそうだ。しかし あくまでマナー。もう一歩踏み進んで

    「一言挨拶してくださいね」

    と放送詳細 又はコミュにティー説明に書き記すだけでも 幾分違ってくる。もしこれが書かれていて挨拶無しに弾幕されたら 配信者側は躊躇なくNGに という立場に堂々となれる。明記されてなくて「挨拶するのがマナーでしょ?」ってのは マナーの押し付けであろう。書かないよりは書いてたほうが白黒ハッキリするってものだ。それだけ 弾幕歓迎という一節にはアバウトさが含まれている。と ここまで書いたが 何かを執り行う時に最初の挨拶という意味では したほうが良いのは事実だが しない人も居るという結果を経験して尚 「してほしい」って場合には 明記しておいたほうがいいだろう。


    礼儀


    類似の事例としては 生放送には ジャックという概念がある。自分のコミュニティーではなく 他人様のコミュニティーにて 放送者自分としてお邪魔させてもらえる。勿論 放送権限があればだが。こちらも同様に 放送権限を「どなたでも」に設定しているコミュニティーがあったとしよう。確かにどなたでもOKなはずなのだ。

    「僕でも?」「私でも?」

    そう OKなはずだ。しかし 次にコミュニティー説明を一読してみよう。特にジャックについて何も書かれていなかった場合 そこもやはり暗黙のルールとしては事前に一言 オーナー様へと

    「いついつ ジャックさせてもらいまーす」

    程度の言伝を残しても良い。オーナーさんのツイッターでもメールでも掲示板でも 色々と手段があるはずだ。一言残すのと 残さないのとでは 幾分変わってくる。

    「毎回毎回言われるオーナーさんにとっては そっちのほうが迷惑なんじゃないのか?」

    と思われるだろうが それはちょっと乱暴。ただまあ

    「いちいちジャックする連絡を寄越してくるんだったら お前とは縁切るからな」

    とか言われているのだったら それに従えば良い。何故なら それは オーナーさんが「されたら嫌な事」として明示しているからだ。本当に嫌だったら 予めそれを表記明記されているだろう。

    そしてここでは オーナーさんからの返事は待たなくてもいいだろう。

    「**日にジャックさせてもらいますね」

    と一言残しておく事で もしも意識の違いがあったとしても 幾分セーフティーゾーンに自分を置ける。言わないよりはね。


    物凄く親しき仲な場合


    一言言いましょう。これこそ 言いましょう。言って損をするなどはなく むしろ言った事で 「毎回ちゃんと言ってくれる」という好印象にもなる(若干ビジネス本からの受け売りなのだが)。そもそも完璧なる許諾を得た事になる。仮に事前通達を行った上でジャック放送をし そこのリスナーにアレコレ言われたとしても

    「ここのオーナーさんから了承してもらってるぜ。オメーがガタガタ言うなや」

    と胸張って出来るのだ。


    今回のポイントはシンプル


    礼儀


    これは ジャックする側 そしてリスナーである弾幕をする側 双方に言える事。そして 少しでも「普通は***だよなあ」って思ったら 思った本人がそれをハッキリと明記しておく。明記していなかった上で後からガタガタ抜かすのは 単に気に入らないってダケで喚いているお子様。どのみち後から 色々と思う事が・・・・などに陥るんだったら ハッキリと どうしてほしいのか を明記していたほうが 後腐れない。


    毎回一言言う労力と 言わなかった後で起き得る事に対処する労力


    前者のほうが よっぽどスマートでなかろうか。




    マナーを語るのなら まず自分のマナーから



    とまあ色々と書いたが 例外として 私のコミュニティーでの放送 又は 私の放送に関しては 挨拶不要でいきなり弾幕OK。これは私独特の事なのであしからず。元々は 弾幕練習枠というのが始まりだった事から 純粋に弾幕に集中してもらいたい って事からである。良い音を聞きながら気持ちよく自分の弾幕に注力してほしい って願いから 挨拶不要にしている。また 弾幕している人に 返事が必要っぽい事を話しかけるのは一応は控えておいたほうが良い。何故なら 職人さん方々には常に コメント一時禁止処置というペナルティーが付きまとう20秒間で10コメント以上打つと 5分のコメント不可時間が発生するのだ。俗に言われている「コメ禁」。職人さん方々は この制限ギリギリのところで様々な弾幕を投下しているのだ。なので そこに余計な「問いかけに対する返事」が発生すると このコメント一時禁止ペナルティーに陥る確率が上がるのだ。黙々と練習している人に私は一切声を掛けないようにしているのは 無視しているでもなく嫌っているでもなく 寧ろそういう事への配慮からである。

    なので 私のコミュニティー 或いは私の配信枠では 私を含め BSPさん方々などからの問い掛けには一切無視頂いてOK。






    ご清聴に感謝

    [追記]
    弾幕歓迎

    [追記終わり]
  • 広告
  • 私的メモ[Fear Combat]

    2013-08-08 12:022

    FEAR Combat。完全無料のオンライン専用FPS。FEAR本作より マルチプレイ部分のみを独立化させたパッケージ。スペックもそれほど高いものを要求せず ノートPCなどでもプレイ可能。お友達と遊んでみては如何。

    ちなみに


    MSKとなつているのは 私がJP内鯖で立てている物。ただ 常に稼動させているわけではないので。

    http://www.4gamer.net/patch/demo/fearcombat/fearcombat.shtml
    ↑ここにある1.8GBのファイルと[バージョン 1.7 → 1.8パッチ]の2つをゲット。

    http://fear-community.org/






    この作業の後 人間が登録作業をしているかの確認が ちょっとしたクイズ形式で表示される。英語ではあるが スラングなどは一切ないので大丈夫。

    クイズに回答したら 

    Continue→

    というボタンが出るので それを押す。問題が無ければ この後 入力したメールアドレスに 照合用のURLが記載されたメールが届く。

    その後 再度http://fear-community.org/にてLoginすれば CDKeyがゲットできる。私の場合は↓




    ■SETUP in Fully Japanese■


    1 : fear_combat_ja_107.exeにてセットアップ
    2 : 途中でCDKeyの入力を求められるが 既に公式サービスは終了しているようで 新規にキーは発行されない。一時的にこのセットアップを続行する為に
    http://256kbram.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
    こちらにあるキーを一時的に借りる。なお ここにあるキーでは ゲームのプレイは出来ない。
    3 : fearcombat_update_ja_107_108.exeにて最新版にアップデート
    4 : http://fear-community.org/downloads/からfear_combat_108_to_110_community_en_patchをDLし 解凍。
    5 : 解凍して出てきたファイル全てをインストール先に上書き。
    6 : ゲームを起動




    ここに 最初にhttp://fear-community.org/から取得した正式なCDKeyを入力すれば 正式版となる。


    ■SETUP in Fully English■


    上記は完全日本語版としてのセットアップだが ゲームのプレイは出来ないにせよ 一時的にも非公式なキーを用いる事から それが嫌な場合 完全英語版として導入も可能。
    http://fear-community.org/にて 全てのパッケージがゲット可能。
  • コメントビューワで弾幕カット

    2013-08-04 22:59
    コメントビューワと呼ばれる物が存在する。機能が多くて 至れり尽くせりだ。ニコニコの標準プレーヤー(ブラウザーで普通に放送を見る場合の画面の事)の右側には 投稿されたコメント一覧が出ているが それとは違い 外部でコメントを表示して管理出来るのが コメントビューワの基本機能。最近ではユーザーからの要望により 数々の機能が追加されている。


    しかし ちょっとした工夫で 実はその目的となる機能が既に実装されている場合があるのだ。その一例として


    弾幕カット


    明示的に そうは表記されていないが(最近は明示的に表記されている場合もある) 実はこれ NGコメント機能を使えばある程度実現可能なのだ。ポイントは ワイルドカード。ワイルドだからと言って野獣的攻撃的な機能というわけではない。いわゆる正規表現である。

    正規表現って何? というものを詳しく知りたい場合 他力本願ではあるが 以下を参照頂きたい。

    http://www.mnet.ne.jp/~nakama/

    では実際に 設定してみよう。非常に簡単である。NGに設定するコメントは半角英数

    \n

    これだけ。

    実際に画像で説明すると 以下のようになる。

    ■■■■■□ あんこちゃんの場合 □■■■■■



    設定→NG設定(但し どこでもいいので放送に接続させておかないと このNG設定はいじれない)




    ■■■■■□ NCVの場合 □■■■■■



    勿論 これだけで完璧に弾幕をコメントビューワ上でカット出来るか? といえば NOであろう。というのは\n←これは 正規表現では「改行」を意味する。つまり これをNGコメントに正規表現機能をONにして指定すれば 改行されているコメントは表示しなくなる ただそれだけ。よって 弾幕の種類によっては これではカット出来ない場合もある。それは例えば 一行弾幕。\nにて弾幕カットを実現 と言ってるのは あくまで

    1・通常コメント=ほぼ改行されて投稿される事はない
    2・弾幕=改行されている事が比較的多い


    の二点のみに注視した場合の解決策なだけだ。勿論 欠点はある。枠が開始されて いきなり弾幕のみを打つ人が居るが その場合は 誰が弾幕を打っているのかの判断が出来ない

    しかしながら これに対しても代替解決策はある。



    NCVに限っての解説で申し訳ないが このボタンを押す事で 弾幕カット云々無関係に 現在までの書き込みユーザーがリアルタイムに 最終書き込み時刻と共に一覧表示してくれる。但し またまたこれにも欠点がある。コメント書き込み者数が多くなってくると






    このままだと 右端のスクロールバーを動かさなくては全ての書き込み者を見る事ができなくなり







    ディスプレイを縦に複数個合体させなければならなくなるのだ!






    元々NCVに付いているこの機能と類似の物がプラグインとしても公開されている。

    http://com.nicovideo.jp/community/co1021856

    ↑ここにある コメントランキング・プラグイン。こちらは コメント書き込み数をランキング形式で表示してくれるプラグイン。弾幕コミュならば 誰が一番コメント数を稼いだか とかいう遊びも出来てしまう。


    「その遊び・・・面白いの?」


    とか言うのは無しだ。とにかく コメントビューワの作者様が その目的を達成させる為の機能を既に実装してくれている場合 工夫と活用をする事でも 作者様への負担が減らせると思う。

    ■■■■■更に強力な弾幕カット設定■■■■■

    いささか これは弾幕関係に携わっておられる方用の補足的説明になるが NGコメントとして

    ・TABスペース2つほど(メモ帳でTABスペースを書き それをコピー)
    ・UNICODE 00A0や200Cを各1つ(こちらもメモ帳などで書いて それをコピー)


    などなど 通常コメントではまず使われないだろう特殊(空白)文字を指定してあげるだけでも 更に精度が上がる。


    ■■■■■これらをコメントビューワではなく放送者プレーヤのNG設定部分に設定すると■■■■■

    これらを使用している弾幕は本当にNGコメントとして誰の目にも一切見えなくなるので注意!勿論コメントビューワにも落ちてこなくなるので再注意




    読みにくい書き方ながら 最後までの熟読に感謝。