ここ最近観た映画の感想☆彡 『ジョーカー』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ここ最近観た映画の感想☆彡 『ジョーカー』

2020-02-08 21:28
  • 5
今更ですけど感想書いていきます(・ω・)ノ

ジョーカー


 話題になったバットマンの宿敵「ジョーカー」の誕生秘話を描いた映画。
中身はアメコミの皮を被った社会派映画でしたね・・・・。悪のカリスマになったんじゃなく勝手に仕立て上げられたって言った方が正解のような気がします。
 
 ジョーカーというキャラクターは作品によってそれぞれ性質が違っていてややこしいんですが、今回の映画【ジョーカー】はコミック【キリング・ジョーク】の設定をベースにアメリカン・ニューシネマやロバート・デ・ニーロが主演したマーティン・スコセッシ監督作【タクシー・ドライバー】【キング・オブ・コメディ】の要素を取り入れた作品になっています。またチャップリンの【モダン・タイムス】や監督が若い頃に観た70~80年代の映画からの影響も伺えます。

 ストーリーに関しては少しベタに感じました。主人公がどんどん病んでいき最後どこにいきつくのかという最終地点が非常に分かりやすかったです。まぁ「ジョーカー誕生」の映画なんで最後どうなるか大体予想はつくと思うのでしょうがない部分もありますが・・・・。

 しかし物語の展開の仕方はとても丁寧に作られています。こういうタイプの映画は健全で幸せな人物が破滅と絶望によって悪人になるってのがよくあるパターンなんですが、主人公のアーサー自身最初から不幸で病んでる人物として描かれていて更なる不運や自身の知られざる秘密を知って狂気に走るといった展開は感情移入がしやすく、「人々の感情を揺さぶる危険な映画」と言われるのもすごく納得できます。最後のジョーカーの演説もコメディを得意としたトッド・フィリップス監督ならではの風刺が効いていてよかったです。



 映画内容もよかったですが、この映画最大の魅力はアーサー扮するホアキン・フェニックスの怪演でしょう。今までのバットマン映画ではジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、ジャレッド・レトといった名優が様々なタイプのジョーカーを演じてきましたが今回の映画で完璧な役作りをしたホアキン・フェニックスは一人の精神不安定な青年が『怪物ジョーカー』になるまでを極限の演技で見せてくれました。ガリガリの身体が気色悪く動くシーン煙草を吹かしながら見せる階段でのダンスシーンは演出を含め素晴らしかったです。

 ホアキン・フェニックスは以前にも【ザ・マスター】【ビューティフル・デイ】といった映画で心に深い傷を持つ役を演じて高い評価を得ていました。今回のアーサー役は正にハマリ役でホアキン・フェニックス自身最高の演技といっても過言じゃありません。



 ジョーカーが社会派映画と言われるのには映画の背景に貧困層と富裕層の対立が描かれてる点にあると思います。70年代~80年代のニューヨークをモデルにしたと思われる今回のゴッサム・シティはバットマン作品至上最悪の治安の悪さで、とある事件をキッカケに映画終盤では貧困層による大規模な暴動が発生します。60~70年代のカウンター・カルチャーを彷彿させますね。

 今回のジョーカーの舞台は1981年。80年代アメリカと言えば誰もが『明るく活気のある時代』と想像すると思います。レーガン大統領の政策によりアメリカの景気は回復、映画界では70年代終盤に『ロッキー』や『スター・ウォーズ』が公開されると内容の暗いアメリカン・ニューシネマが終焉しSFや青春映画がブームになりました。そしてMTVによるミュージックビデオの流行、ビデオゲームの登場などアメリカのポップ・カルチャーは全盛期を迎えます。



 しかし80年代アメリカにも負の側面がありました。当時、不景気脱却を目的としたレーガン大統領の政策【レーガノミクス】によりアメリカは減税政策を行っていました。しかしこの減税政策は富裕層のみを対象としており貧困層には行われなかったのです。結果、所得格差は広がり富裕層は更に儲け貧困層の生活は貧しいままに。貧困層の治安は悪化、犯罪は多発しドラッグが流行しました。

 更に【強いアメリカ】を打ち出す為に多くの予算が軍事費に割かれます。その分予算が削減されたのは社会保障費教育費でした。教育費が削減されると公立学校の質は低下し富裕層の子供は私立に移り、貧困層の子供は這い上がる事が難しくなりました。そして女性の社会進出も相まって80年代の多くの子供が両親の離婚を経験します。富裕層に生まれなければ夢を掴めない、そんな80年代に青春時代を過ごしたアメリカ人の世代を【ジェネレーションX】と呼びます。成人した多くの【ジェネレーションX】世代は就職難にあった事から日本で言う【団塊ジュニア】世代とよく比較されます。

 トッド・フィリップス監督も丁度【ジェネレーションX】の世代です。このジョーカーにも80年代の負の側面が反映されているように思えます。


------------------------------------------------------------------------------------------------

 アメリカン・ニューシネマ的な作品であるジョーカーが大ヒットした事を考えると多くの現代人が今の世の中にどれだけ不満を持っているのか伝わりますね・・・・。個人的には丁寧な演出とホアキン・フェニックスの演技が見事な作品だと感じました。それにラストシーンがまんま【キング・オブ・コメディ】でしたね。ホアキンはオスカー確実だと思います。


 今回の記事はジョーカーで埋まってしまったので他の映画の感想はまた別の日に・・・。





広告
×
ジョーカーはものすごくインパクトのある映画でしたね。
経済でずっとトップをひた走ってる国に、こんなにも根深いマイナス面があるんだなと感じました。
7ヶ月前
×
スコセッシ監督はマーベル作品に対して批判的でしたが、
『ジョーカー』に対してはどう思ったんでしょうかね?
気になるところですね。
7ヶ月前
×
わかりやすくいい感想ですね!
7ヶ月前
×
ホアキン獲りましたね、オスカー
7ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。