自分を考察してみよう:振り返る
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自分を考察してみよう:振り返る

2019-11-14 15:34

    こんにちは、三野かなたです

    最近はめっきりと冷え込み、お鍋や温かい飲み物がいっそう美味しくられる季節となりました。
    ブロマガのネタはつねにすっからかんなので、日常のちょっとした出来事以外はネタにしようがなかったりもします。

    さて、今回は最近の愚痴になります。愚痴がお嫌いな方はバック。
    実は私は所謂「指示待ち」人間体質で、自分で物事を計画立てて順序よくやったり、コツコツと努力することが苦手です。(言うとどんどん気持ちが沈むの承知)
    結果、現在は散々な道を歩んでしまっているのが現状ですかね。

    ゲームとかは達成感があり、脳にアドレナリンが分泌されるのでいつまでも遊んでいられます。しかし、私は自分に対して達成感、努力に対して否定的かつ悲観的な印象を常に抱いているような状態です。

    ぶっちゃけ、口先だけの人間で責任が伴うものは避けようとします。
    努力なんかは、飽きてしまうとすぐに放棄します。人に強制され、監視されてようやっと最後まで走り切る(やり切る)ことができる有様な私です。

    なので、今回は実家のお母上からお叱りを受けても悲しいかな、不満しかでません。なぜかって、自分の思いは最後まではっきりと言っていないし、それは受け入れられないものだと理解しているからです。
    だって、自分のメンタルが激よわのせいでこうなりました、笑えませんよね。普通。

    なので、これから頑張ろうと思っても、自分を奮い立たせて努力するよりもなあなあで生きていることが楽ですからね。
    アルバイトもしていますが、貯金もせずにカツカツ。えらいっこちゃです。
    計画して、地道な努力だったり小さい目標を達成させる喜びを自分の力で獲得すべきだったのですが、結果はこんな記事を書く始末です……。

    と、ざっくり自分の現状プラスアルファを振り返りましたが、これはあくまで個人の自分考察なのであんまりあてにしないでください。
    ただ、ひとつ言えるのは、自分を救えるのは結局、自分です。
    私の場合、人から言われてから行動していることが9割なので、自分の意識で行動しているのは、ゲームだったり買い物したりとかで、あとは計画性も生産性もなく生きています。

    アルバイト、就職、学生生活しかりですが総合して思うのは、自分をいかに肯定して生き、自分の意志や思想をもてるように学んで、適度に遊んだりする。
    要は、自分の心が病まない程度に生きていけばいいと思えば思うほど、首がしまる。
    そんな感じで、私は過ごしております。

    考察よりも自分語りの振り返りですが、就活ではこういった「自分を客観視する」ことも必要になります。
    私は自分を客観視よりも主観で見ている方です。割と都合の悪い事実は最後の時まで黙り込むので、その辺、他人とのコミュニケーション能力は低いかもしれませんね。

    今回はこんな感じで終了します。
    別段、人生の参考にはならないですが、とりあえず自分の生き方を見直す機会を設ける時間をつくることは必要ですね。
    風邪をひかないように気を付けましょう。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。