• 2015年 ほうれん草の育成日誌

    2015-07-07 10:46
    2015年 ほうれん草圃場
     七瀬地 709
     稲積地 1904
     新田  2500
     合計  5113a=5反

    種 
     一反=3袋
     5反=15袋
     追記 フォルティシモ 3袋 新鮮力 3袋 オシリス 3袋 スーパーアリーナ 1袋

    肥料
     一反=3袋
     5反=15袋

    べと病対策としてランマンフロアブル・アリエッティ(炭素病にも効果あり)を仕様
    アブラムシ対策 モスピラン/スミチオン/ランネード/アドマイヤー(アブラムシ専門で良く効      
            く)
    ヨトウ虫    モスピラン/スミチオン/ランネード
    アザミウマ   モスピラン/スミチオン/ランネード

    ※モスピランは小松菜のキスジノミハムシにも効果あり

    べと病対策は本葉2~3枚までに一回その後一週間後に二回目(二回目はランマンが良い)
    一回目はアリエッティを使用する
    害虫対策も本葉2~3枚くらいの時期に殺虫剤を散布する12月くらいまではアブラムシに注意すること

    7月27日 新田すべてに一反あたり約1.6t堆肥を蒔いた
    8月12日 七瀬地 苗代地に約4t堆肥を撒いた
    9月5日 新田すべてに一反あたり48・消石灰 40kg施肥した
    9月27日 残りの畑に鶏糞を散布

    新田(東)
    9月5日 ほうれん草を播種 フォルティシモを10筋撒いた 
         播種機 みのる ロール f20を使用 種子約0.8袋使用
         除草剤 ラッソーを使用 10ℓ/15mℓ
    9月9日 発芽を確認 f20の場合一粒蒔きになるので少し薄いかもしれない
    9月20日 アリエッティー 1500倍 ランネート 1000倍
          追肥 NK808 18-0-18
          中耕
    10月3日 収穫開始  ヨトウ等による食害がひどかった
    10月8日 収穫完了


    フォルティシモ使用してみた感想は説明会の時にメーカーの方が言っていた通り乾燥に強く発芽率もいい気がする去年は同じ時期に新鮮力を使ったが発芽率少し悪かった


    みのる播種機 ロール f20(一粒蒔き)秋の早い時期はこれで播種すると太くて綺麗なほうれん草が出来た。しかし防虫対策を怠ったためヨトウ等による食害がかなり出てしまった来年はネットなどによる物理的防除も必要だと感じました。

    新田(東のつづき)
    9月15日 ほうれん草を播種 フォルティシモを11筋蒔いた
          播種機 みのる ロール f20を使用 種子約0.9袋使用
          除草剤 ラッソーを使用 10ℓ/15mℓ
    9月20日 発芽を確認
    9月27日 追肥 NK808 18-0-18
          中耕
    9月30日 スミチオン 1000倍 アリエッティー 1500倍
    10月9日 アプローチ 100倍 カスケード4000倍
    10月12日 アプローチ 100倍 カスケード4000倍
    10月15日 アプローチ 100倍 プレバソン 2000倍
    10月17日 収穫開始
    10月20日 アプローチ 100倍 ディアナsc 2500倍
    10月23日 収穫完了
    ※シロオビノメイガによる食害が多かった

    新田(東からの続き)
    9月28日 ほうれん草を播種 フォルティシモを16筋蒔いた
          播種機 みのる ロール f20を使用 種子約1袋
          除草剤 クロロIPC 1000倍 ハコベ・タデ類が多いためラッソーから変更
    10月3日 発芽を確認
    10月12日 追肥 NK808 18-0-18
           中耕
    10月15日 アリエッティー 1000倍 カスケード 4000倍
    10月24日 アプローチ 100倍 カスケード 4000倍
    11月3日 収穫開始
    11月14日 大きい所のみ収穫完了

    新田(東からの続き)
    10月5日 ほうれん草を播種 フォルティシモ 新鮮力を蒔いた
          播種機 みのる ロール f20を使用 
          種子約 フォルティシモ0.2袋 新鮮力0.8袋
          除草剤 クロロIPC 1000倍
    10月21日 追肥 NK808 18-0-18
           中耕
    10月24日 アリエッティー 1000倍 カスケード 4000倍
    11月15日 収穫開始
    12月4日 収穫完了

    苗代地
    10月12日 ほうれん草を播種 新鮮力 0.3袋
           播種機 みのる ロール f20を使用
           除草剤 クロロIPC 1000倍
    10月29日 追肥 NK808 18-0-18
           中耕
    11月19日 葉面散布 ヨーゲン 200倍 スミチオン 1000倍
    11月28日 葉面散布 ヨーゲン 200倍 アリエッティー 1500倍
    12月6日  葉面散布 ヨーゲン 200倍 ディアナsc 2500倍
    12月15日 収穫開始
    12月18日 収穫完了

    三反地
    10月14日 ほうれん草を播種 オシリス
           播種機 みのる ロール f20 4筋
               みのる ロール Q12 1筋
           除草剤 クロロIPC 1000倍

    稲積地
    10月14日 ほうれん草を播種
           6筋 新鮮力
           除草剤 ラッソー 150ml/100l
    10月29日 追肥 NK808 18-0-18
           中耕
    11月19日 葉面散布 ヨーゲン 200倍 スミチオン 1000倍
    11月28日 葉面散布 ヨーゲン 200倍 アリエッティー 1500倍
    12月6日  葉面散布 ヨーゲン 200倍 ディアナsc 2500倍
    12月23日 収穫開始
    1月7日   収穫完了

    稲積地の続き
    10月21日 ほうれん草を播種
           6筋 新鮮力
           除草剤 ラッソー 150ml/100l
    11月20日 追肥 NK808 18ー0-18
           中耕
    1月8日   アリエッティー 1500倍
    1月7日   収穫開始
    1月15日  収穫完了

    稲積地の続き
    10月26日 ほうれん草を播種
           8筋 オシリス
           除草剤 ラッソー 150ml/100
    11月28日 追肥 NK808 18-0-18
           中耕
    12月6日  アリエッティー 1500倍 スミチオン 1000倍
    1月8日   アリエッティー 1500倍
    1月15日  収穫開始
    2月4日   収穫完了

    杉本地
    10月28日 施肥 48 3.8袋
    11月3日  ほうれん草を播種 オシリス(杉本地の半分)
           除草剤 ラッソー 150ml/100l
    12月6日  追肥 NK808 18-0-18
           中耕
    2月4日   収穫開始 
    2月9日   収穫完了
    杉本地
    11月20日 ほうれん草を播種 オシリス
           除草剤 ラッソー 150ml/100l

    七瀬地
    11月30日 施肥 48 2.8袋 消石灰 2.8袋
    12月1日 ほうれん草 播種 オシリス(七瀬地半分)
          除草剤 ラッソー 150ml/100l                          


  • 広告
  • 2015年 ブロッコリー生育日誌

    2015-07-07 10:41
    2015年ブロッコリー圃場
     増本地 1879
     杉本地 737
     家の前 269
     苗代地 790
     合計  3675a=3.7反


     一反=4000株            
     3.7反 =14800株

    セルトレイ(128穴 30×59×44)
     一反=32枚
     3.7反=120枚
    セルトレイ10個に対して苗の達人(40ℓ)一袋
     セルトレイ1個に約4ℓくらい入る


     一反=4000粒
     3.7反=14800粒
     コート種子 一缶=5000
           三缶=15000

    肥料
     一反あたりの施肥量 10-6.3-8.8
     48の内容量    3.2-3.2-3.2
     一反あたりの使用施肥量(48)3~4袋

    使用する種子
     おはよう 播種 8/10~8/25 定植 9/中旬~9/下旬 収穫 11/中旬~1/中旬

    根こぶ病対策は育苗期/定植機共にランマンフロアブルで防除を行う予定(べと病にも効果あり
    害虫対策はプレバソン5(育苗中に2回ジョウロで散布すると定植期によれば例えば害虫の少ない時期など定植後、圃場で散布する必要がなく楽)とディアナsc(ほうれん草にも使える)を使用する予定

    定植時に除草剤(ラッソーがブロッコリにかかっても大丈夫か?ランマンとの混用しても大丈夫かメーカーに確認する)ラッソーはおkでした

    8月19日 播種 セルトレイ32箱
    8月23日 発芽を確認 発芽はしたが寒冷紗を使用していなかったので苗が焼けて
          ほとんど枯れてしまった
    8月24日 播種 セルトレイ32箱
    8月28日 発芽を確認 納屋の中で芽を出した
          かなりの発芽率になったが長い時間くらい場所に置いたため徒長してしまった
    8月30日 ハウスの中に苗を移した
    9月2日  直射日光が当たった部分だけ苗が弱ってしまった
          苗には必ず寒冷紗を使用しないと苗が枯れてしまうことがよくわかった
    9月2日  播種 セルトレイ32箱 ハウスの中で寒冷紗と新聞紙を使って発芽させる
    9月5日  発芽を確認 発芽率もよく寒冷紗を使用していたので苗が焼けることもない
          やはり寒冷紗は必要!このやり方が一番うまく苗が出来た
    9月15日 寒冷紗を外す
    9月17日 液肥散布
    9月20日 増本地 48×6袋施肥 消石灰(粉状)×9袋
    9月21日 プレバソン灌注(8月19日・8月24日分)
    9月22日 8月19日・8月24日播種分を定植



    9月26日 9月2日分に液肥散布
    10月3日 プレバソン灌注(9月2日分)
    10月6日 9月2日播種分を定植

    メモ
    セルトレイ128穴には苗の達人(40ℓ)で10個分土を入れることが出来る
    セルトレイ10個=苗の達人1袋 およそセルトレイ1個に40ℓ入る
    更に覆土にはバーミュキュライトを使うと素材が軽いので芽が出やすい

    液体肥料は苗の葉が黄色くなったらやる
    液体肥料と一緒に発根剤もやる(根の張り具合を見ながら=セルトレイのそこに根が撒いていればやらなくてもよい)

    寒冷紗はシルバーの方がよい 遮光率30~40%   


  • 2015年 太陽光下でのほうれん草 育成日誌

    2015-04-01 16:02


    3月31日
     三反地にほうれん草を播種間隔18cm 穴は2~3粒のベルトで植えた 種はオシリスを   
     使用した
     肥料は、48 消石灰 除草剤にラッソーを使用した
     畝は、太陽光の中心に一畝で4筋撒きした
    4月6日


    ↑4月6日発芽を確認した

    ↑2月20日頃に植えたほうれん草の北側の畝

    ↑2月20日頃に植えたほうれん草の南側の畝
    南側の畝の方が生育が良い

    4月23日
     2月20日頃に植えたほうれん草の収穫開始


    ↑2月20日頃に植えたほうれん草 日当たりのいい場所が出荷できる大きさになりました

    ↑3月31日に植えたほうれん草 順調に大きくなってきています

    ↑出荷は可能になったが株が密集していまいほうれん草の軸が太らなくなっている
    温かい時期はもっと薄く播種間隔を広げて種を落とすといいかもしれない
    それと品種も夏~秋取りの品種を選ぶ
    ・クローネ
    ・ミラージュ
    ・プログレス
    ・トラッド7
    次回はこの品種を撒いてみようと思います

    4月27日
     三反地にほうれん草を蒔いた  肥料は 消石灰のみ
     ミラージュ 播種間隔18cm 4筋蒔き
     プログレス 播種間隔26cm 3筋蒔き
     クローネ  播種間隔26cm 3筋蒔き
     ベルトは1~3粒入るベルトを使用した
     春のとう立ちを防ぐには播種間隔を広めに取り細く育てない事が大事だとわかった
     この間隔でとう立ちが起こらなければ夏でも栽培可能かもしれない




    5月8日
     3月31日に植えたオシリスを出荷
     しかしトウが立ち始めているのと細いので一筋で2箱しか出荷できなかった
     しかも黒の紐
     もう少し播種間隔や蒔き方を工夫しないといけない

    5月11日
     3月31日に植えたオシリスを出荷
     今回は3箱出荷することが出来た 前回と同じ黒の紐
     2回出荷することは出来たが二つとも日当たりの良いほう
     太陽光の下のほうれん草はとう立ちが目立つ(原因は日当たりか?)

    ↑4月27日に播種した右からミラージュ・プログレス・クローネ
    今のところ順調に育っている


    6月13日
     

    ↑ミラージュ 葉が黄色くなってしまった

    ↑プログレス 茎が細くとう立ちしてしまった(日陰が問題か?)

    ↑クローネ 一番綺麗に育っていた

    上の三品種のうちクローネのみ出荷できる状態だったしかし黒の紐での出荷になった
    もっと間隔をあけて植えてもいいかもしれない夏なら大丈夫か?
    四月末に植えた場合出荷までの日数はおよそ1か月半くらいでした

    8月1日
     三反地と天満地にハイビスカスを定植した
     定植後は弱っていたけど夕方水をあげたら元気になりました

    ↑天満地

    ↑三反地

    ↑三反地の南側

    8月2日
     天満地にクローネを播種しました。
     ごんべを使用し一粒蒔きベルトで播種間隔26cmで植えた
     夏の害虫対策としてスタークル粒剤を畝の植えに直播しサンサンネットで被覆した
     本葉が出てきた頃にもう一度殺虫剤を散布する
     北側の2筋は水が多くてサンサンネットが出来ませんでした
     害虫による食害がどうなるか心配なところ
     来年は東側にしっかりとした排水を整備して水を抜かないと用水からの水が畑に入り過ぎる
     

    ↑サンサンネットで被覆

    ↑太陽光の真ん中に一筋だけ播種しています

    8月6日
     三反地にクローネを播種しました。
     ごんべを使用し一粒蒔きベルトで播種間隔26cmで植えた
     夏の害虫対策としてスタークル粒剤を畝の植えに直播しサンサンネットで被覆した
     本葉が出てきた頃にもう一度殺虫剤を散布する
     実験として一つだけ日当たりのいい場所にもクローネを播種した
     

    ↑畝の谷間を二段にしてみた

    ↑こっちはオーソドックスな畝の谷
    どちらが排水性が良いか実験してみる

    8月10日
     新品種フォルティシモを播種した
     四筋撒きで播種間隔18cmで1粒撒きした
     害虫対策にスタークル粒剤・サンサンネット被覆
    9月7日
     発芽はしたがすべて枯れてしまった原因は雨が日照不足か?
     ほうれん草は成長しなかったけどハイビスカスは順調に大きくなっている
     蕾も付き始めてもうすぐ花が咲くかもしれない
     しかし蕾は南側の方が付きがいいやはり太陽の光が影響してるのか?