辻村深月「ツナグ」を読みました!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

辻村深月「ツナグ」を読みました!

2016-03-01 20:54



    辻村深月「ツナグ」を読みました!

    この作品は映画化されていて、その予告を見たときに「よみがえり」のパクリっぽいな~なんてそのときは思ってましたが、図書館でこれを見たときに著者が辻村深月だったので手に取ることに。

    ジャンルはファンタジー。死者と生者を使者(ツナグ)が引き合わせるというのがおおまかな流れです。ただし、死者も生者も1度しかこれを利用できないらしくてこのルールがまた読んでいて絶妙だなと感じました。構成がオムニバス形式で5編からなり、うまくまとまっている印象です。私は4番目の「待ち人の心得」が一番好きで、恥ずかしながらボロボロ泣いてしまいましたw 文句なしにおすすめです☆

    ではでは、みのモンタナでした(。・ω・。)ノ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。