• 250ccのバイクのナンバープレートを緑に変えた話

    2020-04-19 01:40
    調べても分からないことが多かったので,125cc以上のバイクでUber Eatsを始めようとしている方など緑ナンバーの取得を考えている方の参考になればと思って書いています。なお125cc未満のバイクは事業用ナンバーがないので,Uber Eatsなどバイク便を始めるのに許可を取る必要がないみたいです。今回ブログを書くのが初めてなので日本語が怪しい点がありますがご容赦ください。
     あと私は125cc~250ccのバイク(以下軽二輪と表記)で手続きを行ったので,250cc以上のバイク(以下小型二輪と表記)だと手続きが違う場合があるかもしれません。


    必要な書類
    ・軽自動車届出済証or車検証
    ・自動車損害賠償責任保険の証明書
    ・ナンバープレート
    ・判子


    手続きを行うところ
    ・自分のナンバーを管轄してる運輸支局
    ※自分は兵庫ナンバーなので兵庫陸運部に行きました。


    運輸支局内での手続
     朝行けば昼には終わりました。2時間くらいで終わるかと思います。

    1.まず輸送部門での手続き
     輸送部門だったと思いますが,1階の車検の申請を受けたり、ナンバープレート交付の書類を提出するようなところでは無くて、2階の貨物事業の届出を行う場所で3つの書類を作ります。運輸支局によっては様式をwebで配布しているみたいですが,私が行った兵庫陸運部の場合は調べてもわからなかったので運輸支局で書類をもらって作成しました。輸送部門の窓口では次の3つの書類を作ります
    ・貨物軽自動車運送事業経営届出書
    ・運賃料金表
    ・事業用自動車等連絡書

     貨物軽自動車運送事業経営届出書と運賃料金表はここで提出しました。運賃料金表は様式が決まってないので窓口で白紙にUberEatsの基本料金を書いて提出しました,ブーストやインセンティブは書く必要がないとのことです。貨物軽自動車運送事業経営届出書の控えと事業用自動車等連絡書を持って1回の窓口へ行きます。


    2.次に登録部門での手続き
     登録部門は運輸支局によって違うとは思いますが,兵庫陸運部の場合,自動車とは別の窓口になっています。運輸支局内の市町村窓口だったと思いますが,その近くで配布されているナンバープレート変更の書類に必要事項を記入します。(ここで配布されているOCRシートに記入すると思いますが,記入は鉛筆でします)そして以下のものを提出します。
    ・ナンバープレートの変更の申請書
    ・事業用自動車等連絡書
    ・軽自動車届出済証
    ・自動車賠償責任保険の証明書

     書類が確認されるといくつか書類が返されてきます。返ってきた書類とナンバープレートを持って今度は自動車会館に行ってナンバープレートを返納するように指示されます。


    3.自動車会館での手続き
     兵庫陸運部の場合はナンバープレートの返納や交付などは,登録書類や車検の手続きを行う建物とは別の,自動車会館で行います。自動車会館ではナンバープレートを返納するとともに軽自動車届出済証に返納のことを示す印をもらいます。ナンバープレートを返納するときは自賠責保険のシールは剥がしておきましょう。今度は登録部門に行くように指示されます。


    4.再び登録部門での手続き
     登録部門では先程返却された書類を受付窓口で提出します。受付窓口は兵庫陸運部の場合四輪車と同じ窓口になっています。提出してから多少待つと,自賠責保険の証明書と新しい軽自動車届出済証が渡されます。そのあと事業用ナンバープレートを交付してもらうためまた自動車会館に行きます。


    5.また自動車会館での手続き
     自動車会館ではナンバープレートを交付するところで手続きを行います。どの窓口に行ったらいいのかは登録部門で書類を受け取ったときに指示を受けると思います。軽二輪・小型二輪は小板なので交付手数料535円を支払ってナンバープレートと取り付け用のボルトとナットを受け取ります。(本当に事業用でよろしいですかと訊かれます。)ナンバープレートを受け取ったら運輸支局内での手続きは終了です。もう帰って構いません。



    別途必要な手続き

     ナンバープレートを変えるといくつか手続きが必要です。私の場合は以下のことをしました。
    ・自賠責保険の内容の変更手続
    ・任意保険の内容変更手続
    ・ETC車載器の再セットアップ
    ・ETCマイレージサービスの内容変更


    1.自賠責保険の内容変更手続
     これは全員に該当すると思います。私の場合はJAの自賠責保険に入っているので最寄りのJAの支店で異動事項申請書だったと思いますが,それを記入して手続きを行いました。少し内容の問い合わせに時間がかかりましたが,自賠責保険の費用が上がることもありませんでした。自賠責保険のシールを再発行したかったのですが,JAの場合再発行は自賠責保険の証明書を発行した農協でないとできないみたいです。(証明書を兵庫A農協で発行したとしたら,兵庫B農協では自賠責保険の内容変更はできるがシールの再発行はできない)ここで必要な書類は次のものでした。
    ・軽自動車届出済証or車検証
    ・自賠責保険の証明書
    ・判子


    2.任意保険の内容変更手続
     これも全員に該当することだと思います。私の場合は任意保険は損保ジャパン日本興亜のSGPということ保険に入っています。軽二輪・小型二輪の場合は自家用・事業用とも保険料は同じなので,変更後のナンバープレートを電話で伝えるだけで手続きは済みました。ただ事業用のバイクの場合には代車等諸費用特約という車両故障の際の代車費用や交通費・宿泊費等を賄ってくれる特約を付けれない点には注意です。


    3.ETC車載器の再セットアップ
     ETCを付けている場合は,ナンバープレートを変更したときETC車載器の設定を変えなければなりません。ETCかETC2.0かによって費用が変わります。ETC2.0と比べてETCのほうが少し安いようです。兵庫陸運部場合は敷地内にETCの再セットアップができる兵庫県自動車整備商工組合の神戸事務所があります。私はそこでしました。手続は必要書類を渡し車載器セットアップ申込書に必要事項を記入して提出します。ETC2.0での再セットアップの費用は3135円でした。必要になった書類は以下に示すものです。
    ・運転免許証
    ・軽自動車届出済証or車検証
    ・ETCの車載器管理番号と型式登録番号のわかるもの(車載器セットアップ証明書など)

    ETCの車載器のセットアップ作業はセットアップ用のカードを車載器に通せば終了します。20分もあれば終わると思います。


    4.ETCマイレージサービスの内容変更
     これはETCマイレージサービスを利用する人だけが当てはまります。ETCマイレージサービスにログインすると登録情報変更のところからすぐに変更できます。


     1日あれば手続きはすべて終わると思います。自家用と事業用で保険料が変わることがないとは思いますが,軽二輪や小型二輪を事業用に登録される際は事前に保険会社などへの問い合わせをおすすめします。緑ナンバーへの変更を考えている方の一助になれば幸いです。
     以上総代

  • 広告