ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ユーロビートを作ろう!リフ徹底解説編その4。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ユーロビートを作ろう!リフ徹底解説編その4。

2016-05-24 00:32
    こんにちは!今回挑戦して行くリフは前回の最後でも書いたとおり…

    ベル系リフを作る!


    という訳で、一番簡単とも言えるこのベル系リフ、よく言う"哀愁系"なんかで使われるリフですね。
    音楽ゲーム等からユーロビートに興味を持たれた方はあまり聴かないリフかも知れませんが、ユーロビートのコンピレーション等を聞いてみると、なんだかんだCDに1曲位は入っていたりします。
    それでは早速、ベル系のリフを作ってみましょう!

    ■今回もまずは1曲

    それでは今回制作に使用する楽曲はコチラ!



    という訳で、綺羅びやかなベルがクールに響き渡るこのリフ、これもとってもユーロビートですね!
    余談ですが僕はこのベル系ユーロが凄く好きです、作るのも聴くのもどちらも!
    僕の楽曲では他には『図書室のエルザ』等もこのベル系ユーロで作っています。

    ■ベル系リフはとっても簡単!

    早速、ベル系リフの打ち方をガッツリ見ていきましょう!
    まずは恒例の土台の用意から、正直なトコロ、ベル系リフは簡単に打ち込めるので、この土台作りのほうが大事だとは思うのですが、今回はぐっとこらえて省略します。
    (後日土台作り専用の記事を公開します!)



    という訳で今回の土台はコチラ、キック、ベース、ハイハットに、パッド、アップビート、アルペジオと言った構成ですね。

    今回はこの土台にベルのフレーズを流し込んで行きます…が、ある程度制作経験のある方ならもうどう打ち込めばよいか想像がつくのではないでしょうか…?
    さて、どんなもんか実際に打ち込んだ画面を見てみましょう!


    (画像はクリックで拡大出来ます。)

    という訳で、こちらがベル系リフを打ち込んだ画面です。
    さて、いつもの記事のようにここからブラッシュアップを…しません!
    ベル系リフはこれにて完成です、お疲れ様でした!

    最後に完成したリフを聴いて終わりましょう、さようなら!!



    ってそれじゃあ流石になんの解説にもなっていないので、今回はシンプルなこのリフを、ただシンプルなだけじゃなく、きっちりリフとして完成させるコツを紹介して見ましょう。

    ■印象的なリフを作ろう

    実際、ベル系リフは打ち込み自体はとっても簡単です、DTM始めたての方でもすぐに打ち込めるはず。
    でも、簡単に打ち込めるからと言って、テキトーだらしなく打ち込んでいいわけではないのです!
    では、この打ち込むだけなら簡単なベル系リフを、いかにシンプルで印象的にするか、その方法を探っていきましょう!

    まず、もう一度今回打ち込んだ画面を見て、完成品のリフも聴いてみましょう。
    勘の良い人はもう気づいたかもしれませんが、まずひとつ、リフを印象的にさせるのは"リズム"です。
    1~2小節目と、3~4小節目のリズムだけに注目して見てみて下さい。

    タン、タン、タン、タタン、タン、タン、タタタ…

    と言うリズムが2小節1セットになって、繰り返されているのがわかるでしょうか?
    他のリフ編でも触れていた、フレーズの繰り返し、これこそがリフを印象的で力強いモノにする役目に一役買っています。
    必ずこうしなければいけない、という決まりはないのですが、特にリフが思い浮かばない場合は、2小節1セットでリズムを固めてリフを組んでみる事をオススメします!
    (単音リフ、和音リフでもこのテクニックは勿論使えます。)

    ■ベルの音にも注目してみよう

    ベル系リフを印象的にするのは、リズムの他にもベル自体の音選びも大事です。
    勿論、他の種類のリフでも音作りはとっても重要なのですが、今回はスペースが余ってしまうため、ベル系リフの音に限って音をしっかり聴いてみましょう。



    今回のリフで使ったベルはこんな感じの音です。
    チリーン、と言う軽い小さな音ではなく、コーン、と響くような、周りの音に埋もれない存在感のある音を使っています。
    また、今回は少しアタック感を増す為に、ヒットの音をレイヤーして使っています。
    リバーブも少し深めにかけてあげると、よりクールな印象になるでしょう。

    ベルの音も勿論このような音だけが正解ではなく、その曲に馴染めば音作りの可能性は無限大!
    なので自分だけのベルの音を探したり、作ったりして、自分だけのベル系ユーロを奏でてみましょう!

    ■3種類のリフを作ってみて

    という訳で、リフ徹底解説編1~4、単音リフ和音リフベル系リフ、全てのリフの打ち込み方を解説してみました!
    如何でしたでしょうか、全てのリフに挑戦出来ましたか…?
    あなた好みのリフのタイプや、得意なリフは見つかりましたか?
    もし、今までの記事で、もっとここを解説して欲しい、と言うトコロがございましたら、お気軽にコメント等でお知らせ下さい!

    次回はユーロビートの土台作りを、各パートごとに解説して行く土台作り編をお送りしたいと思います!
    皆さんも是非、ユーロビートを作ってみてくださいね!

    ------------------------------
    【宣伝】
    今回紹介したベル系リフを使った楽曲の入ったアルバムがダウンロード販売中…!
    百合×ユーロビートの新しい世界を開こう!
    図書室のエルザ(メロンブックスDL外部リンク)

    ------------------------------

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。