ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ユーロビートを作ろう!リフ徹底解説編その1。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ユーロビートを作ろう!リフ徹底解説編その1。

2015-12-13 22:07
    nmk流ユーロビートの作り方!ブログ、本格始動を飾る記事はその名も…

    リフ徹底解説編!

    ユーロビートにとってリフは正にに当たる部分です!
    というわけで、僕が普段作っているリフの作り方を音源や画像、時には動画を交えて解説していこうかなと思います。

    ■そもそもリフって何…?
    音楽に於けるリフ(riff)は、オスティナート、つまり、繰り返されるコード進行、音型、リフレイン、または旋律の音型であり…(wikipedia)
    うーん、ピンと来ない人も少なくないのではないでしょうか、このブログはとにかく「今すぐユーロビート作らせろ!」って人向けの記事にしたいので、バッサリかいつまんで説明すると…
    「♪テケテケテーッテレッテーテテテー~~」
    みたいなヤツです、ユーロビートを聴いたことある人ならリフって言葉を知らなくてもピンと来るんじゃないでしょうか?
    恐らく文字で説明するより聞いたほうが早いハズ、と言うことで。

    僕の作ったリフを一つ紹介しましょう、れっつテケテケ。

    とまぁ、こんな感じのフレーズ、ユーロビートを聞けば一度は聴いたことありますよね。
    ユーロビート作りたい!って思う人の半分くらいはこのリフの部分を最初に作ってみよう、とするくらい(偏見です)、リフはユーロビートにとって欠かせないモノです。

    では早速リフの作り方を…と行きたいトコロなのですが、今回の記事ではそのリフの種類について紹介して行きたいと思います。
    リフの方向性が決まれば作りたいユーロビートの方向性も自ずと決まってきます、

    ■リフの種類

    ユーロビートのリフには大きく別けて3種類あります(僕調べ)まずはそれぞれ例にあげて見て行きましょう。

    ・単音シンセリフ
     恐らく一番ポピュラーなタイプのリフ、16分音符の早いフレーズがカッコイイ。
     参考
     
     有名ドコロではEUROBEAT/DR. LOVEやNIGHT OF FIRE/NIKO等。


    ・和音シンセリフ
     和音でガツガツ攻める、こちらも王道なリフ、僕が一番よく作るのはこのタイプかな?
     参考
     
     有名ドコロではMickey Mouse Club March等。

    ・ベル系リフ
     哀愁系ユーロビートにピッタリのベル系のリフ、しんみりとしたユーロにはコレ。
     参考
     
     BE MY BABE/JILLYなんかがベル系ユーロでは特に好きです。

    と、こんな感じの3種類に別けてみました。
    あなたの好きなユーロビートや、作ってみたいユーロビートはどれでしたか?
    この他にも単音と和音を切り替えているものや、シンセやベル以外の音を使った珍しい曲もありますが、殆どのユーロビートはこの3つに分類出来るんじゃないかな、と思います。

    まずユーロビートを作る時はこの3つのリフの内、どの方向性で作っていくかを決めてみるのはいかがでしょうか?
    次回は早速制作の実例をお見せしつつ、ユーロビートのリフの作り方をご紹介して行きたいと思います!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。