これからも歩兵の友であり続ける、銃剣の役割と歴史とは
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

これからも歩兵の友であり続ける、銃剣の役割と歴史とは

2021-01-11 18:32

    某サイトの記事が消えてしまったので、改めて色々修正加筆し、原文とは異なる内容にした上で、こちらで銃剣に関する記事を書いてみました。
    (不味かったら消します)

    歩兵と聞くと様々な装備を思い浮かべるかと思います。
    最新の戦闘装具一式にに身を包んだ小銃手や煌びやかな服装に身を包んだ戦列歩兵、
    あるいは終戦から1世紀もの時間が過ぎた第一次世界大戦で銃剣を掲げて突撃した兵士達。

    様々な歩兵の姿があるとはいえ、彼らの腰や小銃の筒先に必ず存在した武器として銃剣があります。

    今回は、銃剣の役割と歴史を紹介します。


    1、銃剣の生い立ち

    銃剣は17世紀のフランスにて誕生したと考えられています。
    バイヨンヌ地方の農民紛争にて、マスケット銃の銃口に短剣を挿して槍の代わりとしたのが
    最初と考えられた事からBayonetという英語名称になったとも言われますが、真偽は不明です。
    銃口に挿して用いる銃剣をプラグ式と言い、しばらくの間用いられました。

    当時の前装式銃は装填に時間が掛かり、敵の突撃から槍を持った兵士に守って貰う必要がありました。
    そのため、銃剣は誕生と同時にヨーロッパ中に広まり、軍隊では銃口に挿すのではなく、
    専用の取り付け具を用いるソケット式という方法を開発します。
    それにより軍隊は槍兵をなくして全員を銃で武装する事を可能としました。
    そこから現代へ続く銃剣の姿となるのです。
    それは現代式の軍隊の幕開けにもなりました。
    スウェーデンのグスタフ・アドルフが16世紀末に考案した三兵戦術の歩兵を銃兵だけに統一し、
    小銃兵と騎兵及び砲兵を基幹とする陸軍の姿が出来たのです。

    三兵戦術において歩兵は騎兵の突撃を防げる存在として、また突撃して敵を破砕する為に銃剣を用いました。
    そして、銃剣はひとつの時代を切り開くのです。

    2、銃剣は嘘をつかない

    銃剣が最も活躍したのは17世紀後半から19世紀にかけての戦列歩兵の時代です。三兵戦術の全盛期でもあります。
    その活躍を端的に示す言葉としてロシア帝国の名将スヴォーロフ将軍の言葉を紹介しましょう。

    「銃弾は嘘をつく。だが、銃剣は嘘をつかない」

    これは当時用いられたマスケット銃の命中率が滑腔砲身である事や火打石の打ち付けの衝撃により低い事、またそもそも撃とうにも不発率が高かった事に起因する言葉です。
    何より、銃は個々の兵士が罪悪感から発砲しない事もあるのに対して、銃剣は突撃してしまえば相手を倒す他ないという実効性からも来ていると思われます。
    特にスヴォーロフ将軍は敵への攻撃をする時に銃剣突撃を多用したとされていますから、銃剣が如何に重要な武器だったかが推し量れます。
    戦列歩兵は射撃の効果と命中率を最大限に発揮する為、肩が触れ合うほど密集した隊形を作る事が基本でした。
    その為、銃剣を着けて前に突き出せば自然と槍衾となって突撃した時、または突撃された時も敵を突き刺す事が出来たのです。
    銃剣は倒れた敵兵の生死を確認する手段としても役に立ちました。

    銃剣は突撃してくる騎兵に対しても重要な役割を果たし続けました。
    特に方陣という四角く隊列を組み銃剣で槍衾を作る陣形は、ナポレオン戦争の最終局面であるワーテルローの戦いにてフランス軍の大規模騎兵突撃からイギリス軍が身を守る術として実施され、見事撃退しています。

    そんな銃剣も銃の性能が向上していくと役割に限界が見えてきます。
    アメリカの南北戦争から大々的に使われるようになったミニエー弾と連発式の銃です。

    マスケット銃の時代は命中率が低かった為、約100mほどで撃ち合ったので銃剣突撃も阻止射撃を大量に浴びる前に行う事が出来ましたが、それまでは装填が難しく技量のある兵士しか使えなかったライフル銃が、ミニエー弾の普及により普通の兵士にまで広まり、交戦距離が増大したのです。
    加えて装填速度の高速化により、突撃を行う合間に大量の銃弾を浴びる状況になってしまいました。

    フランスのミニエー大尉が開発した椎の実型の銃弾はライフル銃へ簡単に装填でき、幕末の日本にも輸入され戊辰戦争で猛威を振るいました。
    それに加えてスペンサー銃といった連発可能なカービン銃やガトリング砲といった機関銃の登場が銃剣突撃の成功率を低めていったのです。
    火砲の発展に伴い、突撃破砕射撃が行われるようになったのも大きな違いです。

    それでも、南北戦争ではゲティスバーグの戦いで行われたピケット将軍の突撃がありましたし、日本でも西南戦争での田原坂の戦いに代表される切込みや日露戦争の203高地の戦いで銃剣は用いられました。

    ここで大切なのは、何れも防御された陣地を奪取する為、大火力の支援射撃が加えられる中で行われたという点に於いて、現在の銃剣の使用目的のひとつと共通するという事です。
    ゲティスバーグでは南北戦争でも最大級の砲撃が行われた後に突撃が遂行され、田原坂ではかち合い弾と呼ばれる正面衝突を起こす銃弾が出たとされるほどの激しい銃撃戦の元に薩摩軍の抜刀突撃や官軍抜刀隊による切込みが行われています。

    そして時代が進み日露戦争ではロシア軍の大砲や機関銃を用いた防御砲火に対して、攻城砲とも言うべき重砲を並べて、徹底的な砲撃を行った上で日本軍は突撃を遂行しています。
    この時には南北戦争では連隊規模での大規模銃剣突撃だったのが、中隊規模に分散した散兵的な突撃方法へと進歩していったのも特筆すべきポイントでしょう。

    やがて戦列歩兵に近い密集突撃で大損害を出す第一次世界大戦も、塹壕という陣地へ向けた突撃で同じ様に銃剣は用いられていきました。
    狭い塹壕を制するために兵士達が用いた武器にこん棒やスコップといった手ごろに相手を叩きのめせる道具が使われる一方で、銃剣も着剣するだけでなく、ナイフのように用いられる事もありました。。
    第一次世界大戦でより注目すべきなのは、阻止火力の中を潜り抜ける為に、より小規模な単位での突撃へと移行し、フランスの戦闘群戦法やドイツの突撃兵のように小規模かつ十分な火力を持った小グループを敵陣地へ浸透させるように突撃するようになった事でしょう。

    そして、歩兵の火力戦闘がより強力になる第二次世界大戦でも銃剣は使用され続けました。
    特に日本軍による銃剣突撃は玉砕時の無謀な突撃のイメージと合わさり強烈な印象を残しています。
    実際には、適切な火力支援の下に、上記した浸透するように敵陣へ攻撃を行う浸透戦術を洗練して行えるように訓練していたのが日本軍ではあるのですが、あまりに玉砕の為の突撃の印象が大きいのが不幸だと思います。

    そして第二次世界大戦後の朝鮮戦争でもアメリカ軍陸軍のルイス・ミレットによる大規模な銃剣突撃が記録される一方で、中国義勇軍などが国連軍へ突撃を繰り返しては当時の司令官の名前からヴァンフリート弾薬量と言われるほどの猛烈な砲爆撃により撃退され銃剣突撃の限界を感じさせました。
    ここにきて阻止火力により銃剣突撃は阻まれるという問題が大戦に続き起こる訳ですが、この戦い方は密着されると砲爆撃に頼って撃退する事は困難になるという戦訓を国連軍に残しました。

    後のベトナム戦争では、この戦訓を学んだベトナム軍がジャングルの中などから至近距離に襲い掛かるという戦い方を繰り広げ、アメリカ軍は悩まされる事となります。
    結局は現代も歩兵の銃剣による戦闘能力が重要であるという結論が導かれたのです。

    3、銃剣の役割と今の扱い

    誕生から銃剣の役割は槍の代わりに突撃から身を守る最後の手段として、逆に突撃時に至近距離の敵を突き倒す為に使われてきました。
    今でもその役割は変わっていません。

    自身も陸自の前期教育で体験しましたが、突撃の時には着剣して敵の陣地を蹂躙し、完全に支配下に置くために役立ちます。
    突撃の時には射撃も加えるのですが、至近距離の敵に対しては殴打や刺突の方が繰り出されてしまうという心理実験の研究もあります。
    実際に突撃すると走っていく勢いのまま、相手となる的(てき)を刺突するのが自然と感じてしまうのです。

    別の使い方として刃物には動物全般に恐怖心を煽る効果があり、これは防御や突撃だけでなく暴徒の鎮圧などにも活かされています。
    代表的な事例としてはベトナム戦争時のアメリカ州兵による反戦デモ鎮圧の映像に着剣する姿が見られます。

    同時に銃剣には式典で軍隊の威容を示す存在としての役割もあります。
    自衛隊でも観閲式の行進等にて、着剣しての行進及び捧げ筒が行われています。
    イギリスでは全長の短いプルパップ式小銃でも着剣しての儀仗や行進を行っており、式典に於ける着剣は今も重要な役割を演じているのです。

    現代の火力戦闘にて銃剣は姿を潜めたように思えますが、実際にはイギリス陸軍がアフガニスタン戦争にて幾度も銃剣突撃を行い、アメリカ軍でも市街地戦などで銃剣を用いるケースがあった様です。
    湾岸戦争でも、イラク軍の陣地へ着剣して突撃を行うケースがあった事が、トム・クランシーの「熱砂の進軍」にも書かれていたと記憶しています。

    銃剣突撃と聞くと正面から無謀にも突っ込むイメージがあるかも知れませんが、実際に行われるのは、機関銃などの火力で制圧しつつ敵の側面などに近寄り、一気に突撃して圧倒する事です。
    その中で、銃剣が持つ威嚇効果は存分に発揮されますし、意外に突っ込む兵士を撃ち倒すのは困難な事です。

    例えば、エアガンの安全装置を入れ友人にいきなり襲い掛かられるというトレーニングをやってみると分かり易いでしょう。
    これが弾倉も外した状態となると一層困難になります。
    かつてカンボジアPKOにて自衛隊が派遣された時に、小銃への実弾を装填する事はおろか弾倉の取り付けもなかなか認められず、銃剣が頼りになったという逸話があります。
    現場の判断でとっさに発砲を許可されたとしても即座に撃つ事は難しいのですから、着剣しているかどうかという違いが生死を分ける局面もあるでしょう。

    また、銃剣には鉄条網を切るワイヤーカッターの機能が追加されたり、第二次世界大戦後は刃の形状をナイフ型とする事で多目的性を高めています。

    現在、アメリカ陸軍では銃剣の教育を簡略化したとの事ですが、海兵隊では依然銃剣のトレーニングは重視されています。
    世界的にも銃剣を装着しないのは、政治的理由で着剣を認めないドイツ連邦軍くらいではないでしょうか。

    これから時代が変わるなかで銃の見た目や性能は変わっていくかと思いますが、世界中で銃剣は歩兵の相方として存在し続けると自分は信じています。

    「銃弾は嘘をつくかも知れませんが、銃剣は嘘をつかない」のです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。