日本版wii本体で海外のショッピングチャンネルからVCなどを購入・起動するお話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本版wii本体で海外のショッピングチャンネルからVCなどを購入・起動するお話

2017-06-28 19:43

    珍しく(というか初めて)音ゲーにかすりもしないお話。

    まず初めに…
    この記事ではWiiハックについて扱います。
    前提としてwii本体に手を加えた(物理的にもソフト的にも)場合、改造した本体は任天堂のサポートを一切受けられなくなります。
    また、今回はリージョンを変更するため、設定の際に一歩間違うと本体が起動できなくなる(=Brickする)可能性があります。
    この記事に記載されている事項を試した際に生じたいかなる損害について、私の方では責任を負いかねます。
    もし改造を行う場合は、自己責任で行ってください。

    以上のことを同意出来る方のみ続きをどうぞ。











    用意するもの
    ハードウェア
    ・Wii本体(the homebrew channel(=HBC)導入済のもの)
    ※ここではLetterBombについては扱いません
    ※リージョン変更を行う本体では、作業の過程で購入履歴を削除する都合上、削除前に購入してあるVC等のコンテンツが一切使用できなくなります(復元も行えません)。
     また変更後は日本のショッピングチャンネルにアクセスできなくなるので、通常使用する本体とは別に本体を用意することを強く推奨します。
    ・Wiiで使えるSD(HC)カード 容量は1Gもあれば十分
    wii本体はリモコン無しで安ければコレぐらいで買えるはず(750円)。



    ソフトウェア
    AnyRegion Changer
    Priiloader or Gecko OS
     →Simple IOS Patcherを使ってIOS36をパッチしてください。これもここでは扱いません。
      個人的にはシステムメニューから直接起動できるPriiloaderをおすすめします。
      今回私はr138のpriiloaderを使用しましたが、最新版でも問題ないと思います。

    Priiloader用のhacks_hash.ini
     →リンク先の10)にあるiniファイルを含むzipファイルをダウンロードして下さい。

    Priiloader(Gecko)要りませんでした。AnyRegionChangerだけで大丈夫です。
    ただPriiloaderはリカバリも出来る強力なツールなのと、旧版のものしか導入方法が書かれていないため、あえて解説を残しておきます。書いてる途中で発覚して泣いてる

    ダウンロードしたものはSDカードのルートにappsフォルダを作成し、その中にソフトウェア毎にフォルダ分けをして放り込んで下さい。
    だいたいこんな感じ(左は階層、右はpriiloaderフォルダの中身)



    ポイントチャージ用
    ・VISAかMasterCardブランドのクレジットカード(デビットカード) or 海外用のNintendo Prepaid Card(※発売停止の為入手困難、eshopカード(wiiU/3DS/Switch用)ではチャージできません)
    国内で使用できるJCBブランドのカードは使えません。
     またVISAかMasterであっても一部のカードは使えない模様です。
     (手持ちのヨドバシGOLDカード(VISA)では決済不能でした)
     Vプリカが使用できるようなので、カードを持ってない人はコレを使うといいかもしれません。


    手順

    1.使用するWii本体のショッピングチャンネル履歴を削除する
    履歴を消さないとリージョンを変えた後、「リージョンが違うぞゴラァ」と怒られるので予め削除しておきます。ちなみに本体の初期化は不要です。

    設定その他からご利用記録の削除を選択


    注意書きに同意して削除するを選ぶ


    するとシリアル番号を聞かれるので入力してOKを押すと削除されます。
    押した後はセーブデータを含めすぐに削除が始まるので、必要なデータは事前にバックアップを取りましょう。購入したものはバックアップを取ろうが使えませんが。


    終わるとシステムメニューに戻ってくるはずです。

    2.Priiloaderのインストール

    ※冒頭にも書きましたがPriiloaderは必須ではありません。リージョン変更のみ行いたい場合は4まで飛ばして下さい。

    始める前に必ずiniファイルをPriiloaderフォルダに配置して下さい。後の作業で支障をきたします。

    HBCを起動し、Priiloaderを選択して起動します。


    起動するとこんな感じの画面が出てくるので、リモコンの+ボタンの押してインストールします。
    この時にIOS36パッチをしていないとエラーを吐いてHBCに戻されるので、エラーが出たらIOS36のパッチ作業を行って下さい。


    終わると勝手にHBCチャンネルに戻ってきます。

    3.Priiloaderの設定を変更してリージョンフリーにする
    Priiloaderの設定に入ります。
    システムメニューか、HBCの画面でリセットボタンを長押しすると入れます。
    また、本体起動時に電源ボタンとリセットボタンの長押しでも入ることができます。



    起動すると何やら黒い(r138だと白い)画面にメニューが色々表示されてるので、リモコンの十字キーを使って「System Menu Hacks」を選択します。(Aで決定)

    インストール時にiniを配置していれば、こんな感じでメニューがズラッと表示されるはずです。



    初期状態では全部disabledになっているはずです。
    この中から
    Region Free EVERYTHING
    Region Free Channels
    の2つをenabledに変更します。(項目を選択してAボタンで切り替わります)

    変更したら最後に下の「save settings」を選んで設定を保存します。



    settings savedの項目が出てきたら成功です。
    Bボタンを押してメインメニューに戻り、System Menuを選んで設定画面を抜けます。


    4.AnyRegion Changerを使用してショッピングチャンネルのリージョンを変更する
    前の手順ではリージョンフリーにしましたが、まだリージョン自体は変更をしていません。
    ですのでAnyRegion Changerを使ってこれを変更します。

    HBCからAnyRegion Changerを起動します。


    起動すると何やら英語で警告文が出てきます。
    これは「インストールされてるシステムメニューと設定するコンソールエリアが違うとBrickするよ」という警告(?)です。
    数秒待つと一番下のメッセージが表示されるので、リモコンの1を押してメニューに入ります。



    メニューに入ると初期状態だとこんな感じになっているはずです。


    カーソルを合わせて十字キーを押すと変更できるので、これを一番上から次のように変更します。※北米版の場合

    Language Setting : English
    Console Area Setting : Japan
    ※ここは下のSystem Menu 3.2 Installerの右側にあるInstalled Regionと同じものにして下さい。
     一致しないまま保存した場合Brickする可能性があります(一致しない場合は画像の用に警告してくれます)。

    Game Region Setting : USA
    Console Video Mode : NTSC(PALにすると日本のモニタでは映らなくなります)
    Shop Country Code : 49
    Service EULA : Unread(Readにしても大丈夫だと思う)
    Revert Settings : Revert
    少し飛んで
    System Menu Region : USA(Japanのままでも大丈夫かも、ココを変えてもメニュー言語は変わらなかった)

    終わるとこんな感じになるはずなので、「Save Settings」を選んで設定を保存します。


    保存したらホームボタンを押すか、下のExit to the HBCかReboot to System menuを選択して終わりです。


    5.ショッピングチャンネルでポイントをチャージ、ソフトを購入

    ここまで来たらシステムメニューからショッピングチャンネルを起動します。
    ここで履歴を消してないとエラーメッセージが出るので注意!一度リージョンを戻して履歴を消去しましょう。

    吹き出しは日本語のままだが、アイコンは英語表記に変更されている

    初回起動時は規約に同意しますか?みたいなメッセージが出てくるのでOKっぽい選択肢を押して進んで下さい。

    Start Shoppingまで来たら押してメインメニューに入ります。

    まずポイントをチャージしたいので、「Add Wii Points」を選択。


    ここで海外用のNintendo Prepaid Cardを持っていたら上の「Redeem Wii Points card」を選択、コードを入れればチャージ完了です。
    クレカを使う場合は左下の「Buy Wii Points with a CraditCard」を選択。



    そうするとチャージ金額一覧が出てくるので、自分がチャージしたい金額を選んでください。


    次にブランド選択に移るので、自分が持っているカードのブランド(Vプリカの場合はVISA)を選択します。
    日本で使えたJCBは項目自体が削除されている。


    そうするとカード情報を入れるフォームが出てくるので入力し、OKを押します。


    OKを押すと、住所入力画面が表示されます。

    北米版Wiiを入手し、ひと通り使えるようにするまで
    こちらの記事を参考に、支払い住所を入力します。

    City leasBurg
    State mo
    Zip 65535
    County us



    入力すると確認画面が出てくるはず(出てこない場合は入力が間違ってる可能性があります)なので、確認してYesを押すとカードの照会が始まります。


    ここでYesを押した後にエラーが出る場合、使用できないカードの可能性があるので他のカードで試して下さい。

    無事にチャージが終わるとポイントが加算されます。


    後は日本のと同じようにソフトを探して、ポイントを使って購入・ホーム画面から起動すれば導入完了です。



    ムジュラは英語表記なのに、時オカはなぜか日本語のまま
    相違点も多いのでファイル自体が違うんですかねこれ



    チャンネルの起動時に「このチャンネルは利用できません」と表示される場合はリージョン設定が間違ってる可能性があるので、AnyRegionChangerをもう一度立ち上げて設定を見直して下さい。


    僕は今回時オカとムジュラの海外版を興味本位で購入しました。
    ムジュラ日本版とは変わってるところが多いので時間があれば触れてみたいです。
    low%?人間がやるもんじゃないでしょアレ。



    おわりに


    海外WiiUで国内カードが使えた、北米Wiiで日本のクレカを使えたのを聞いたので、思い立ったが吉日でWiiを購入RTA
    ゼルダ日本勢で海外版VCを欲しいという人がそこそこいるので、人柱覚悟でやってみましたがまさか成功するとは思わずびっくりしてます。

    ただ、冒頭に書いた通りかなり危ないところを弄っているので、Brickさせるリスクもあります。
    導入される方は再三になりますが自己責任でお願いします。

    また、現状ですと
    ・日本Wii→海外Wii、海外Wii→日本Wiiにギフトを送ることはできない。→プレゼント機能自体が2013年に終了してました。合掌。
    ・海外Wiiにリージョンチェンジした場合、日本版ソフトを購入できない。
    といったことができない(日本版と海外版で共存できない)ので、こういったのが出来るようになればもっと幅が広がるかもしれませんね。

    参考にした記事
    きごうのブロマガ 海外VCを日本のWiiで購入して、起動する方法(限定的) http://ch.nicovideo.jp/1412kigou/blomaga/ar1130855
    北米版Wiiを入手し、ひと通り使えるようにするまで - TakeTake的雑記 http://d.hatena.ne.jp/take55/20101214/1292271322
    WiiHackエボリューション Priiloader r138のインストール方法 &使い方(旧版)
    http://revowii.blog.fc2.com/blog-entry-11.html


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。