IIDX26 Rootageでの液晶設定に関して
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

IIDX26 Rootageでの液晶設定に関して

2018-11-07 17:40
    (参考/液晶編):[ar1180025]

    2018.11.07 初版
    2018.11.09 液晶判別による判定自動調整について追記、一部記述を修正

    IIDX26 Rootage稼働に伴い、DEFINITION TYPEの設定項目からHD*が廃止されました。
    (※HD*はPENDUAL(以下PEN)/copula(以下cop)液晶向けの専用設定)

    同時に設定画面で液晶の推奨設定が表示されるようになりました。
    (が、HD*が消滅した上にCRTは絶滅危惧種なのでほぼ関係ないかも…)



    これに伴い、PEN/cop液晶では他の液晶に比べて+2.0程(個人差有り)判定位置がずれている場合がある模様です。(※数値は要検証)
    -(マイナス)方向に調整することにより他の筐体に近い判定になります。

    因みに地元のcopula筐体は-1.5程した所で感覚的には判定がいい位置に収まりました。

    ※2018.11.09追記
    設定がなくなっただけで、内部では液晶を自動判別して判定位置を自動で変えている模様です。
    (以下kururuskyさんのツイートを引用)
    …この機能があるのにも関わらず判定がズレてるのは少し変な話なのですが…
    筐体差があるのか、そもそも値が間違ってるのかは要調査


    ●液晶判別について
    PEN/cop液晶は液晶フレームの左右に黒縁がない筐体です。
    (右下に注意書きシールがあるのはCB液晶)
    SEGAに導入されている筐体はほぼ全てこの液晶になります。
    (下画像参考)


    以下はPENDUALより前に出荷された液晶(tricoro液晶)の画像
    (黒縁がある)


    プレイする際は注意して見ると判定調整が楽になるかと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。