• このエントリーをはてなブックマークに追加
文盲なる人年号にて挨拶いふ事 (露休置土産)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

文盲なる人年号にて挨拶いふ事 (露休置土産)

2017-08-22 20:26
    本作の原典は、露の五郎兵衛の遺稿集「露休置土産」である。
    章題は「文盲なる人年号にて挨拶いふ事」である。






    ある文盲の男が、粋人(すいじん)から挨拶された。

    「お久しぶりです。 御無事で何より。
    私も遠方(延宝)に居たのですが、ようやく上京(貞享)致しました。」

    この洒落た挨拶に文盲の男はいたく感心する。

    「いやあ、あの人は本当に頓智の利いた人だな。
    まさか年号で挨拶するなんて…
    俺も誰かに逢ったら、このネタを使ってやろう!」

    そう思いながら暫く歩くと知り合いに会った。

    「お久しぶりです! 御無事で何より!
    私も延宝に居たのですが、ようやく元禄致しました。」

    と粋人を真似たつもりの挨拶をした。
    挨拶された者は、『ああ、年号ネタのつもりなのだな』と悟ったので

    「ほう、ええ(宝永)事ですな。」

    と返答してやった。





    文盲の男が粋人の洒落を上辺だけ真似て失笑を買った話。
    江戸前期までの笑話集には、無学を嘲笑する話が非常に多い。
    特に無学者が知ったかぶりに失敗して恥をかく話が、資料上にこれでもかと頻出する。

    言うまでもなく知識階級が主な執筆者だったからであろう。






    「露休置土産」

    露の五郎兵衛死後。
    その備忘帳が遺稿集の形で出版された。

    出版人は京の書肆・田井利兵衛。

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    底辺亭底辺の「今日も底辺!」
    更新頻度: 鬱時に長文投下します
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。