ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ロックマンエグゼシリーズ 移動の最適化について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ロックマンエグゼシリーズ 移動の最適化について

2020-08-13 23:04
    はじめに
     直感と異なる部分があってややこしいですが、自分なりに頭の整理がついたのでまとめました。分かり辛かったらごめんなさい。もし間違ってたらほんとにごめんなさい。
     私が見つけたものではないです。

     この記事の内容はおそらくナンバリング作品(1~6)すべてに共通しています。
     それ以外はよく知りません。

    さっそく内容
    基礎知識は3つ。
    右移動が(2,0)上移動が(0,2)で、右上移動は(2,1)ピクセルだけ移動する。左や下はその逆。
    ②斜めの壁に沿って移動している時は操作キャラの向きに関わらず斜め移動と同じ。
    ③操作キャラが方向転換する時、1fだけ止まる。
    出典のTAS動画は下にリンク貼っておきます。

     まずは①、②から以下のようなことが分かる。

     この図の格子点を1ピクセルとすると、赤丸から右上に1f移動した時このようになる。(実際には格子点が細かく無数にあって、壁が格子点に合わせて少し角ばっているものと思えばいいはず)

    そのまま移動すると、このようになる。(数字はそこまでの移動にかかるフレーム数)

     ②の仕様により、上移動と右移動では壁にぶつかってから斜め移動と同じ動きになる。
     こうみると分かるように、右上の壁まで移動する場合、上移動と右上移動でかかる時間は変わらない。
     つまり、目的地が斜めの時は上下移動と斜め移動でかかる時間は同じであるという事が分かる。

     実際のゲーム画面(エグゼ6の教室)で見てみる。

     ここまでの内容を踏まえると、ここで熱斗が下に動き続けても右下に動いても教室を出るのにかかる時間は同じである。

     ここで、③の方向転換する時に1f止まるという仕様を加味して考えると、現在下に移動している熱斗を右下に方向転換させると、1fのロスとなる。

    まとめ
     エリア移動やムービー判定など、斜めの目的地に向かう時は上下移動でも斜め移動でも変わらないから方向転換の少ない動きをした方が早くなる。

    最後に
     読み終わった人はこんなんただの誤差だろと思われるかもしれないが、RTA中にこれで早くなる場面は沢山あるので、最終的には1秒弱くらいは早くなってるかもしれない。
     正直この記事書いたり読んだりしてる時間あれば戦闘の練習した方がタイム的には早くなると思う。

    参考にした動画(というかほぼこの動画の投コメで解説されてる内容を自分的に分かりやすい形でまとめただけ)
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm13664193

    図はTASの解説読んで「ホンマか?」ってなったので自分で確かめるために描いたやつ。


    追記:動き出しの方向転換では1fロスが発生しない。
    そのため、方向転換が必要な時にウイルスエンカの直後に方向転換することで1f短縮できる。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。