ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 再び酷道152号線へ。後編。

    2014-09-24 20:00
    Miruchiですどうも。国道152号線の後編です。
     前編の最後では自然が豊かすぎる高根城址公園までを散策しました。一人では二度と行きたくありません。

     さて、今回も152号線を北上していきます。まず最初に向かうのは152号線の本線である青崩峠です。実はこの酷道152号線、車両では踏破出来ないんです。何故ならば、道路がないからです。なので今回も限界地まで向かい、引き返して迂回ルートをとります。
     道中にある名水の湧き出るスポットがあります。水筒にお水を汲みます。

    午前10時33分、まだ時間も早いので誰もいませんでした。マイナスイオンをたっぷり浴びながら小休止をとります。先の登山でもうふくらはぎがぱんぱんです。

    さらに山道をバイクで登っていきます。ギアの1速と2速を駆使して登ると楽しいですね。NC700Xは低速がとても強く、トルクも太いのでこういった坂道は本当に力を発揮します。登坂力には本当に脱帽です。

    車両限界地に到着しました。

    昨年もこの場所で写真を撮りましたね。NCでここまで来る日が来ようとは。
    道中舗装はされていますが、土砂崩れなどで落ちてきた砂利や土が道路を覆っているところがちらほらあります。このようにノーマルタイヤがここまで真っ白になりますが、まだまだちゃんとグリップします。しかし、やはり飛ばさないほうが良いでしょう。

    転回できるか不安だったので、これより先には行きませんでした。バイクならぎりぎりまで行くことも可能でしょう(おすすめはしませんが)。下りはやはり急勾配なのでエンジンブレーキを使うと良いでしょう。1速にしていても時速40キロまで出るほど急勾配で長いです。絶対にクラッチを握ってはいけませんね。フロントブレーキも握るとロックしかねないので、リアブレーキを上手に使いましょう。

     道を引き返して迂回ルートの酷道474号線のバイパスに乗り、草木トンネルを抜けます。直後に県道412号線になります。この道が一瞬にして狭くなります。さすが県道。

    ここいらでわたくしのカーナビ(笑)のMAPPLE3さんを観てみましょう。

    もはや道一本と川だけですよ。こんなシンプルな画面みたことありませんでした。

    午前11時00分、この道を辿って行くと遂に兵越峠です。国盗り綱引き合戦の会場です。


    そう、すなわち・・・。

    県境キタ━(゚∀゚)━!。今回のツーリングの道のりの半分は超えているはずです。周辺の景観も素晴らしく、足を止めたくなるほど。止めました。

    つづら折りをひたすら降りていきます。
    かなり長い間坂を下るので、ここもエンジンブレーキを多用するとよいでしょう。

    午前11時15分、峠の麓には案内板があります。

    これで、兵越峠も攻略です。
     それにしても、本当に人がいない。対向車すら全くすれ違うこと無く下りきってしまった。どれだけ秘境なんだここは。
     この先10分くらいで今回のツーリングの最遠地の道の駅、遠山郷に到着です。

    時間はお昼時。観光客はほとんどおらず、地元の人が食堂に吸い込まれていきます。私は外にある足湯に浸って持参したお弁当を頬張ります。

    入湯料無料の足湯。登山で足がぱんぱんだったので本当に助かりました。極力見苦しいものが写らないようにシャッターを切りました。よしよし、許容範囲内だ。


    足湯の東屋から一枚。本当に景色が素晴らしいですね。

    ここから帰り道です。
    国道152号線はまだまだ続きますが、今日はここまで。半分くらい制覇しましたかね。いつかは最後まで行ってみたいです。

    帰り道は国道418号線と国道153号線を使って帰ります。
    道中、面白いものがありました。


    これを見てニヤついた人は僕と握手。分からない方にはこちらの動画を。
    シャッターのタイミングのせいでしょうか、赤信号の下には時間が表示されていますがとれませんでした。もももももちろん突っ込んでませんよ!?

     国道418号線はとても走りやすく、センターラインもあるのでここちの良いワインディングが楽しめました。ライダー歴の浅い私ですが、キビキビ走れたんじゃないかと思います。コーナー手前ではしっかり減速すれば、気持ちのいいコーナー立ち上がりを発揮出来ます。
    午後12時50分、道の駅、信州新野千石平に到着しました。



    全国各地からライダーが集まっていてナンバープレートみるのが楽しいです。
    千石平では地元の野菜や果物、そのた惣菜が売っていたのに併せて秋の王様、松茸様が並んでいました。価格も都心と比べるとはるかに安く、サイズも大きかったです。今思うと買えば良かったと後悔しています。旅にかかわらず様々なものが一期一会、なにもせず後悔するより、して後悔したほうが良いですね。

    遂に最後の写真です。道の駅どんぐりの里いなぶです。

    なぜが原チャが大量に駐輪されていました。グループではなかったようですが、人が多すぎて落ち着いて休めなかったので早めに後にしました。

     国道153号線もとても走りやすい道路ですが、地元の人も使うためか、交通量もちらほら。ドライブやツーリングに来ている人も多く、自分のペースで走るというのは難しいかもしれません。しかし、信号は少ないので交通は比較的に流れます。
     道なりに進んでいき、猿投グリーンロード(有料:210円くらい)を通り事故もなく帰宅しました。名古屋市内に入り信号待ちが多くなり、発進で二度ほどエンストを起こしてしまいました。我ながら今日は疲れているんだなと思いました。

     この記事を描いているのはツーリングの翌日です。朝起きると激しい。筋肉痛に襲われていました。ぐぬぬ、階段を下りるのが本当に辛いぞ・・・。
     みなさんも、ツーリングは楽しく、安全にを心がけて楽しみましょう。事故を起こさず家に帰るまでがツーリング。絶対に無理はしてはいけませんね。それではまたお会いしましょう。ノシ。

  • 広告
  • 再び酷道152号線へ。前編。

    2014-09-23 20:00
    お久しぶりです。Miruchiです。事故はなんだかんだで示談が成立しました。えぇ請求したもの全部通りました。良かったですε-(´∀`*)ホッ。

    さて、今回は再び国道152号線へ挑戦します。バイクで!

    (一年ほど前、日産バネットで酷道152号線へ連れて行ってもらいました。
    詳しくは前の記事で→こくどう。


    今回は、ぽろきちさんのこの動画に影響されて計画に至りました。

    ↑国道152号線の最酷区間を走ってみた Part.01
    道中に高根城という山城があるのを初めて知り、この動画を観た翌日に出発しました。
    今回のルートはこんな感じ。

    愛知県の名古屋市を出発し、国道23号と1号のバイパスを使って浜松へ。
    バイパスの出口が152号線の最南端入り口と同じ道なのでひたすら北上。
    国道418号線を西進し、国道153号線を南進。
    愛知県豊田市にある猿投グリーンロードを通り帰宅するルートです。

    午前4時30分、スタートです。
    午前6時00分、まずはじめに到着したのは道の駅にしお岡ノ山。

    出発した時は真っ暗でしたが、だいぶ明るくなりました。
    こまめに小休止を取りながら次へ向かいます。

    午前7時00分、道の駅潮見坂に到着です。

    まだ人はまばらで大型のトラックばかり。早朝の露天がちらほら野菜を並べていました。
    もう浜松は近いぞ!

    午前7時20分、浜松市街へ。給油を済ませ、遂に152号線へ!



    ついに青看板にもR152の文字が。遠くにうっすらみえる山を縫って北上していきます。

    午前8時45分、遂に最初の名所に到着です。案外バイクに乗っているとあっという間に到着してしまいました。そう、月!

    まさかバイクでここに来れるなんて、嬉しさもひとしお。
    まだ朝だからでしょうか、車両も少なく、快適なツーリングです。


    天候にも恵まれました。気持ちのよい空気です。

    午前8時50分、道の駅、花桃の里に到着です。

    野菜がたくさん売られていました。

    よし、どんどん北上するぞ!
    次に到着したのはJR飯田線の向市場駅の近くのアンダーパス、高根城址公園の近くですね。
    時間は9時30分

    この坂を見ていると究極超人あ~るを思い出すんだよなぁ。駅は違うけどさ。

    午前9時35分、高根城址公園に到着です。誰もいません。

    いい具合に寂れています。えぇ、ぼろっぼろです。
    今回はこの地図でいう登城の小道を進みます。手軽に登ってやるぜ!

    って思うじゃん?
    過酷ですよこのルートは。まず舗装された急勾配の道路を200メートルほど歩きます。
    すると左手に民家がありまして道が途切れるんですね、ここに朽ち果てかけた階段があります。城跡へ行くためにはこのまったく整備のされていない自然の植物トンネルをくぐらねばなりません。目の前には「マムシに注意」の看板。ここからが階段、石段地獄です。標高420メートルほどを一気に駆け上がります。私は休憩無しで登りましたがそれでも下の駐車場から15分はかかりました。登頂したころにはふくらはぎが痙攣一歩手前でした。
    注意すべき点は山道が整備された後に人の手が入っていない(と思われる)点です。

    (山道の一部)
     2004年に復元されて以降、10年という歳月が流れ、訪れる観光客も減ったのでしょうか。それとも私が観光シーズンを外してしまったのでしょうか(城に観光シーズンなんてあるのだろうか)。山道は半ば朽ち果ていました。
    しかし、登頂を終えた私にはご褒美が待っていました。素晴らしい絶景です。

     水窪の街が一望できるこの山は、これだけのために登っても良いでしょう。さて、お城の様子ですが、みなさんがイメージするようなででーんとした風体はありません。多くは木造で、質素な造り。城なんだか砦なんだか私にはよくわかりませんでした。


    主殿があったであろう場所は管理事務所が建っていました。(下図右側建物)

    お賽銭箱と記念ノートが置いてあるので、お越しの際は一言残してみるのはいかがでしょうか。

     さて、ツーリング前編、この辺りで一旦失礼します。また後日、後編を掲載しますので、合わせて読んでやってください。それではまたお会いしましょう。ノシ。

  • 事故経過。

    2014-07-14 20:00
    今晩は。私です。
     示談は終わっていませんが、過失相殺は0:10で進行しているので一安心。
    まずは前回画質の悪かった事故の写真を数枚。






    いやー、いい感じにえぐれましたね。ちなみにぶつかったトラックの方はというと・・・。


    うん、塗装がびっちり付きましたね。事故では前輪がこのステップの下に食い込みました。完全にトラックがバイクの前輪に乗り上げてしまい抜くのが大変でした。

     先日バイクを預けているHonda DREAMの世田谷さんからお電話を頂きまして修理費用の見積もりの報告を頂きました。その額なんと21万円。えーっと、このバイクの乗り出し価格が6万円くらいだったから・・・。本体価格の3割かよっ!写真ではわかりませんが、フォーク以下に手のつけようが無かったようです。更に車軸もぶれちゃってたみたいです。要はフロント回りが全損です。

     さて、次の話題。バイクを東京に残したまま名古屋で生活しているわけですが、私は自動車を所有していないので生活の全てがバイクに頼るところがありました。そんな足がなく、困っていたところやはり素晴らしいHonda DREAM名古屋中央さんが代車を配車してくれました。その相棒がこちら。

    ↑Dio110さんです。
     代車というと使い古されたボロっちぃバイクなんだろうなぁと思っていましたが予想以上に状態の良いバイクでした。なにせ・・・。


    この距離ですよ。ほぼ新車じゃないですか。
     最初のオドは803キロだったのですが、代車も日記のネタになるなぁと思いましてこの距離になってからの撮影になってしまいました。残念(´・ω・`)。
     人生で初めての原付二種に乗ったわけですが、思った以上にキビキビ走ってくれますね。名古屋の流れが早くて荒い交通にも充分通用しました。ただ、車重が軽いのと車輪径が小さいためちょっとした道路のくぼみに出くわすと跳ねる跳ねる。一種の恐怖を感じましたが最後の方は慣れましたね。慣れって怖いです。
     示談はまだ終了していませんが、相手の保険屋の対応が悪くて本当に腹がたっています。やるといったことを既に2度反故にされて激おこぷんぷん丸の一歩手前ですね。また文句言ってやります。0:10案件なんだから素直になれよ・・・。まぁお金を出しし渋るのが相手の仕事なのでしょうがないですね。こちらには過失がないので私の保険屋は動かないんですよね。物損事故なので慰謝料なども期待ができず、こちらとしてはパパっと終わらせたいのですが、なかなかうまくいかないのが世の常。辛抱強く頑張ります。
     それでは、また事故が一段落した時にでもまた報告の日記でもかければいいと思います。それまでみなさん事故には充分気をつけて楽しいバイクシーズンをお楽しみください。