ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

東京散策。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東京散策。

2013-09-15 20:00
    仕事が落ち着き、この三連休はしっかり休めることに。
    台風が近づいているらしく、その前に東京でもう少しバイクに乗っておきたくなった。

    今回は東京下道散策。全く目的地を決めず、好きな道をいくというもの。
    23区はやはり映える建造物が多くて楽しいですね。

    適当にはっつけるだけです。はい。

    いきなりマニアックなところですが、私としては抑えなければならない名所です。
    米やんの記念図書館。ざっくり説明しますとコミケの資料館です。
    場所は御茶ノ水の近くです。1階の展示室は入室無料です。

    んでふらふらーっと次の場所へ。
    東京の新名所となりはや数年。遠くだと富士山からもはっきり拝めるそうで。

    今回は足元まで行ってみることに。遠近法が通用しない大きさです。


    近づくにつれてどこまででかくなるんじゃこいつはと思います。


    このくらいでかくなります。撮るのが一苦労。バイクと一緒に写すのは至難の業。


    遠くからこうして撮ってみたり、



    一工夫してみたり。個人的にはミラー越しの撮影は今回結構お気に入りに。

    閑話休題。初回点検の時にもお話ししましたが、一度立ちコケをしてしまいました。
    巷ではフルバンク停車と言うらしいですね。
    倒してしまった際にぐにゃりといってしまったクラッチレバーがこちら、

    これだけ反り返ると小指に全く力が入らず、パフォーマンスが一気に落ちます。
    発進に気を使いますし、手もすぐ疲れます。本当に直してよかった。
    傷や故障は愛車の印ですが、直したほうが相棒にも良さそう。

    おっと、ちょっと不安になるホテル発見。

    右のホテルのような造形は心臓に悪いです。高いところもあまり得意ではありません。

    私だけかもしれませんが、東京の23区の建物で絶対テトリスできるとおもいませんか。都庁ロボが操作してそう。

    それはさておき、
    米やんの記念図書館と東京スカイツリーに行ったら行くところはあと二つ。
    と言っても適当に走っていたらついてしまったのですが、

    東京ビッグサイトと、

    東京タワーですね。あとはなんとなく国際展示場駅でもパシャリ。

    NC700Xは、正面からみると細くみえる。実際は結構幅広いです、ミラーが。

    ビックサイトは夏と冬に毎度お世話になっていますが、バイクで行ったのは初めてです。
    改めてですが東ホールも西ホールもでかいですねぇ。ここで人がすし詰めになるのか。

    東京タワーは本当に偶然に現れました。いくら東京に住んでいたからといっても、地元だと観光地ってそれほど行かないんですよ。あとは基本が公共交通機関での移動なので、駅名や乗り換えに詳しくても地理には案外弱かったり。地図をて、新宿から東京へ行く中央線がS字を描いて走行していたのを知って驚きました。たしかに「緑の丸い山手線」に、「真ん中通るは中央線」ですが、山手線も中央線も地図で線路をみると、相当歪んでますよ。是非ご確認下さい。

    日も暮れ始め、帰りはぎっちり渋滞にはまりました。六本木付近。


    しかしNC700Xはクラッチとても軽いので、左手が疲れることは同等の排気量の他車に比べてまずないと思います。

    東京は、好い町です。根っからの都会っ子なので田舎の良さとは比べられませんが。
    やはり、建物は好いですね。皇居付近ですが、開けた視界を遮るような町並みがたまりません。不思議な、面白い、おかしな、奇抜な、いろんな建物があります。
    そのなかでも今回一番気に入ったビル群の写真です。

    じっと見ていると、だんだん模型のように感じてきてしまいます。
    世の中はすっごく広いけど、実は宇宙サイズの見えない誰かに観察されていて・・・。
    なんて妄想をしてしまうほど。
    町並みが綺麗に映えるポイントとして、この近辺には電線が張ってないんですね。
    視界がひらけてとても美しいです。

    とりあえず、東京散策は以上です。また、名古屋にもどり日記を綴れたらと思います。

    では。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。