• ジグザグとMA

    2019-01-19 10:20
    ジグザグとフィボナッチの親和性はとてもあると思う。
    相場を動かしてる人の動かす先を表しているじゃないかくらい考えられる。

    相場の見方は人それぞれだと思うけど、ロウソク足とか雲とかRSIとかなんとかかんとか。
    自分はジグザグとMAの親和性がとても高いと考えている。

    いわゆる「かたち」ってやつ。あげるかたち、さげるかたち。
    その判断にMAはわかりやすいだろう。

    ロウソク足以外に一つしかテクニカルと使えないとしたら、
    移動平均線の「75」をつかいたい。

    ドル円1h


    ドル円4h


    そのMAの上側にいれば買い目線、下側にいれば売り目線。
    目線の判断にこのMAほど有効なものはないだろう。

    ニコ生公式の5分足みどりちゃんは「25」MAではなかっただろうか。
    まあそれはそれとして。

    今回問題としたいのはMAとジグザグの関係。
    上ぬけする形、下抜けする形というものがある。
    短い時間足でも、長い時間足でも同じような動きをしている。
    また上抜けする形の真逆が下抜けする形というのもわかりやすい。

    まずは参考のチャートを
    ドル円1h 2018 11/7 ~ 12/4 のチャート


    このチャートでジグザグとMAの上げの形、下げの形がよくわかると思う。

    見にくくなるが丸をする。

    下げの形から
    左から1のようにMAを割り込む。
    戻りを確かめに上に上がる。
    2下押ししてからもう一度MAの上抜けを目指して上へ戻る波を作る。超えられない。
    まっさかさま。の流れ。

    右側の①MA割り込み、戻りを試す。
    ②下押しして再度MAにチャレンジする。失敗。まっさかさまの流れ。

    この逆があげの形。
    a MAを上ぬけして下押し
    b MAした抜けを目指して下押しするも失敗。上へとぶ。

    MAへ再度チャレンジして成功することがある。その時はその動きが加速する。
    逆張りをするにはとても危ない形となる。

    ドル円 20190118 5分足


    1のように下げの形を作るもMA上抜けで形が崩れる。
    2のように下げの形を作るもMA上抜けで形が崩れる。

    短い足でも形は有効だがこのように否定されるような動きになることが多い。
    なるべく長い時間足で形を判断すべきであろう。

    ここで重要なのは値動きとMAの乖離状態でポジションを取ってしまうこと。
    それはあやうい。
    ちゃんとMAが近づいてきて来て、ひきつけてからポジションを取らないと大けがをする。
    慌てないことが重要じゃないかと。
    相場を動かしている人も示しあって、次の動きに移ることがこの動きを追っていったらわかると思う。

    フィボナッチとジグザグは動く目標値を探るもの。
    このMAとジグザグは流れの反転を見るもの。

    こちらのほうが数時間の動きを追うだけなら重要じゃないかなって思う。

    ジグザグとMAがこのようになるようなMAの数値を検証してみればいいのじゃないかと。

    いずれにしても利益を伸ばすためには最後は握力勝負。

  • 広告
  • ジグザグとフィボナッチ その2

    2018-01-14 06:432
    天井、底は破られるまではそれを抜けることはない。
    当たり前というか変なこと書いてるかな。

    新しい波、反転した動きの波は天井・底からはじまる。

    ならそれにフィボナッチあてればいい。

    チャート職人は結構きれいな仕事をしてると思う、長い時間足なら。
    短い足はめちゃめちゃに見えますけどね。。。

    大きな値幅がとりたいなら4時間足、日足の波を取る必要がある。
    週足の波は年に数本しかひかれないようだから、長期のスインガーじゃないと無理。

    今回ドル円のチャートを見ていて、日足の波が新たに引かれていた。
    線が引かれる前のチャートも確認して、ああなるほどここにフィボナッチあてればいいのかと納得した。

    ドル円日足



    白で楕円の丸をしてるところの水色のジグザグ。

    これまでひかれてなかった。



    右上のチャートがドル円日足。この時点では引かれていない。
    (「ドル円ユーロ円 2018/01/05」から)


    今週1時間足のフィボナッチがきれいに決まっていたのは、4時間足の波の始まりだったから。

    チャートで4時間足の波は一本引かれているだけ。

    4時間足の波の始点にはなっているが、日足の波の始点にはなっていない。

    だからフィボを充てるべき視点は下半期の最高値ではない。
    とらえるべき波の始点であるべき。

    というわけで当てたドル円1h足(ジグザグとフィボナッチ)



    それが普通の使い方なんでしょうね。
    やっとわかりましたよ。

    問題は無事に波が作られたとして、波が反転するポイントを見極めること。
    ・・・。

    そう考えるんじゃなくて、無事に波が作られたのなら利益が取れてる。
    それでよしとすべき。

    逆張りを狙っているのではなく波を狙うのだから順張り。
    波の変わり目を狙っているわけじゃない。

    フィボナッチで押し目を拾っていけばいい。
    あとは大きく狙うなら大きな時間足の一つの波を狙えばいい。
    そういうこと。

    で、Sで狙うなら高値を付けてそれが更新されないのを確認して狙っていけばいいということ。
    うーーん、当たり前のことしか書いてないですね。

    あとは狙いをどこに定めるか。
    それご自由にどうぞ。