東海道(TOKAIDO) 研究考察 その3 キャラクター紹介 ~景観系~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東海道(TOKAIDO) 研究考察 その3 キャラクター紹介 ~景観系~

2016-06-06 02:52
    さて、第三回からは東海道でプレイヤーの分身として操作するキャラクター達について解説していきます


    通常ルールでも四つ辻でも登場する基本キャラクターが10名、
    四つ辻にのみ登場する追加キャラクターが6名の総勢16名が操作キャラクターとなります

    どれもそれぞれ個性的な能力を持っていますが能力の系統ごとに分類だてて解説していこうと思っています
    主の独自の分類になりますが能力系統としては
    景観系、出会い系、お土産系、食事系、神社系、その他独自系 の6系統に分類しました


    今回は東海道の旅を最も満喫していると言えるかもしれない景観系キャラクターについて紹介・解説していきます
    解説するにあたって、そのキャラクターの使用難易度を初心者向け・中級者向け・上級者向けといった感じで独自評価(難しい戦術を練らなくても得点が稼げるかであって優勝しやすいかどうかというわけではない)します
    あとはキャラクターの戦術・戦略に関わってくるであろうマス・書道・御守なども合わせて解説していけたらなと思います



    ◆景観系キャラクター◆(2名)
    東海道中の景観を集める、景観に止まることに意義があるキャラクターは2名います
    景観マスが多いこのゲームにしては意外と数が少なくてレアキャラかもしれません

    まずはなんといってもこの人

    「絵師」広重 初期3金
    <能力説明>
    道中3つの宿場に到着したとき、任意の景観カードを1枚得る


    難易度:初心者向け
    関連するもの:景観、宿場、熟考の書道、完璧の書道など

    ~解説~
    ザ・景観プレイとでも言うべきキャラクターです
    舞台が東海道ですし、景観パネルの絵はこの人が描いてるのでは?ということで
    このゲームにおける主人公格なのかもしれません

    能力は「道中の宿場で食事前に好きな種類の景観カードを1枚貰える」という
    いわば新しい出会いの祈祷師カードに3回タダで出会えるようなもんです
    道中3箇所の宿場で貰えるのであって、ゴールの宿場では景観貰えないので注意です
    とにかく景観を集めればいいと旅の方針は明確なので初心者向けにしました
    定期的に好きな景観を補充できるのでかなり戦略が立てやすいキャラクターですね

    ・戦術解説
    まずは景観を3種コンプリートしたとして31点、食事も4回食べたとして+24点の55点
    これが最低でも稼げる基準点となります
    無論これだけでは優勝できないので+@の上乗せが必要になります
    3種の景観を全て最初に完成させたとして初制覇ボーナスが3+3+3の+9点で64点
    四つ辻ではさらに熟考の書道で3+3+3の+9点ボーナスを追加して73点

    完璧の書道もあれば景観初制覇の偉業に2+2+2点と書道の枚数2点を追加で81点
    寄付を頑張ってお布施ボーナス1位をとれば+10点で91点
    これぐらい稼げれば優勝濃厚ラインとなります
    さらに風呂・出会いも堪能すると100点を超えることもあります(;´∀`)主人公補正スゲーw
    (※旅の例:其の一)4人戦・101点


    (※旅の例:其の二)復路5人戦・102点


    確実に景観を狙ってくるであろうライバルキャラが後述する1名ぐらいしかいないので、
    マークが基本手薄になって意外と勝てるキャラなのかもしれないと最近思い始めてきました





    「土産物売り」 後藤左衛門 初期0金(四つ辻限定キャラクター)
    <能力説明>
    景観スペースに止まるたびに、1金を得る


    難易度:中級者向け
    関連するもの:景観、熟考の書道、完璧の書道、先見の明の書道、友情の御守など

    ~解説~
    主人公広重さんの最大のライバルです
    四つ辻でのみ登場する拡張キャラクターになります
    開始時の軍資金が0金という弱点はありますが、道中で景観マスに止まるたびにお金が増えていきます
    また”準備”オプションでスタート順が遅い場合は+1金or+2金持ってのスタートになるので弱点が解消され、逆にスタート順が早くても元から0金なので軍資金マイナスのデメリットを受けないという考え方もあります

    基本は景観を狙っていくキャラクターなのですが広重ほどザ・景観プレイと言うわけでもなく
    能力で溜まっていくお金を元手にお土産を集めたりといった応用が効くキャラクターとなっています
    景観3枚が確実に追加できる広重と違って自力で景観を集めなければならないので
    友情の御守なども活用していく必要性が出てくる場合もあります
    戦略の幅が広重より大きく色々出来るということで中級者向けにしました

    ・戦術解説
    景観制覇を目指すのであれば基本はだいたい広重と同じになります
    資金が貯まってきた場合はお土産を集めてみたり、先見の明の書道を入手して最後に大量点を目指したりといった派生戦略も考えられます
    だいたい景観マス補充金で10金ほどは入手できるので軍資金10金前後のキャラクターと考えても良いかもしれません
    田畑にも止まれれば13金16金ぐらいと考えると食事代を差し引けばお土産なら1セット、
    先見の明の書道でも10金20点ぐらいは計算できるかも?
    ※終盤は制覇完了した景観には止まれなくなり資金調達しにくくなる場合もあるので注意

    (※旅の例:其の一)4人戦・102点


    (※旅の例:其の二)4人戦・98点 先見の明で30点





    以上で景観系キャラクターの解説は終了です
    次回はTOKAIDO最大勢力の出会い系キャラクターについて解説していく予定です
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。