東海道(TOKAIDO) 研究考察 その4 キャラクター紹介 ~出会い系~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東海道(TOKAIDO) 研究考察 その4 キャラクター紹介 ~出会い系~

2016-06-06 23:48
    第四回も引き続きキャラクター紹介を行っていきます
    今回はTOKAIDOにおいて最大勢力を占める出会い系キャラクターについて解説します
    総勢16名のキャラクター中、出会い系キャラクターは4名もおり全体の1/4を占める最大勢力となっています(;´∀`)
    最初のキャラクター選択時に手渡されるカードは4人戦なら8枚、5人戦なら10枚なので
    プレイヤーに手渡されない居残りカード側に出会い系4名ともまわる可能性はかなり低く、
    7割がたの卓で1名は出会い系キャラクターが参戦するであろうと言っても過言ではない勢力でしょう

    そんな出会い系キャラクターを順番に紹介していきます
    どれも一癖も二癖もある能力ばかりで使い手の技量に左右されるという印象があります



    ◆出会い系キャラクター◆(4名)
    出会い系キャラクターは基本的に出会いマスに止まることを戦略の主軸にしている能力になっており、TOKAIDOにおいてはそこそこ安定した強さを誇っています
    研究考察その2・出会い編で紹介した「公家」の出会いによる3金補充が期待できるため
    無駄遣いさえしなければ割りとお金に困ることはない、という印象があります
    ただし最大勢力であるがゆえに他プレイヤーと出会い系同士で同卓してしまい、出会いマスの争奪戦になってしまうこともままあるのがネックかもしれません


    そんな出会い系のトップバッターはこの人

    「飛脚」忠兵衛 初期4金
    <能力説明>
    道中3つの宿場に到着したとき、出会いカードを1枚得る


    難易度:中級者向け
    関連するもの:出会い、宿場、完璧の書道、郷愁の書道、熟考の書道、活力の御守など

    ~解説~
    景観系の主人公・広重さんと同系統の能力で、「確実に3枚カードを獲得できる」能力の
    出会いカード版となります
    広重と違うのはどんな出会いカードを貰うのかまでは指定できないところですね
    お喋り好きの偉業を狙うにあたって他プレイヤーよりも3枚分の出会いアドバンテージがあるのは大きいです
    道中3箇所の宿場で貰えるのであって、ゴールの宿場ではカード貰えないので注意です
    他の出会い系キャラクターと同卓になっても優勢を保てる能力ですが、
    そんな忠兵衛にとっては後述する『きた婆さん』が最大の天敵となります
    得点が稼ぎやすいので初心者向けとしてもいいんですが、道中で貰える3枚の出会いカードに
    対応して戦略を変化させていく必要性が出てくるキャラクターなので中級者向けにしました

    ・戦術解説
    まずは前提条件として出会いカード3枚のアドバンテージを活かしてお喋り好きの偉業を獲得するのが必須となってきます
    そのため偉業達成に対して追加点上乗せする完璧の書道を入手すると効果的です
    そして道中で獲得する出会いの種類によって温泉好きの偉業を狙ったり景観制覇を狙ったり、公家でお金が貯まったらお土産を揃えたりと臨機応変な対応ができると強力なキャラクターとなり得ます
    道中の移動では活力の御守で2回行動なんてしてみると飛脚っぽいかもしれません
    ※”新しい出会い”がONの時は新しい出会いも道中で獲得する対象になるので、1金ない状態で宿場に入ると新しい出会いが買えない場合もあることに注意

    (※旅の例:其の一)4人戦・95点 完璧の書道を軸に温泉・美食・出会いの偉業達成


    (※旅の例:其の二)4人戦・93点 お土産収集プレイ、宿場で2度も巫女を引いて寄付1位







    「役人」吉保 初期9金
    <能力説明>
    出会いマスで出会いカードを引くとき、2枚引いて1枚を選び、もう1枚を山札の下に戻す


    難易度:初心者向け(通常) 中級者向け(四つ辻)
    関連するもの:出会い、郷愁の書道、断食の書道、先見の明の書道、友情の御守など

    ~解説~

    普通なら出会いカードは引いたものをそのまま獲得するところを、2枚引いてみて
    どちらか好きな方を選んで獲得することが出来るという能力です
    新しい出会いカードも2択の候補になります
    軍資金も9金とかなり高く、通常ルールではなかなかの強キャラかと思われます

    ・・・が、四つ辻ルールでは書道が登場したことにより
    出会いよりも書道を主軸にしたい&他プレイヤーが書道狙いで出会いマスを占拠しに来る
    という情勢の変化によって相対的に弱体化したキャラクターとなってしまいました(;´∀`)
    能力が中途半端になったことにより「軍資金が多いだけの人」という印象になってしまったのは否めません

    よって通常ルールでは初心者向け、四つ辻では中級者向けという評価にしました


    ・戦術解説
    通常ルールではとにかく出会いを踏んで、2枚のうち自分に都合の良い方を選んでいけばいいのでそんなに迷うことはありません
    四つ辻ではそれだけじゃ得点が伸びないので戦略を練る必要性が出てきます
    そこで注目されるのは9金(準備オプションONなら最大11金まであり得る)という
    全キャラクターで1・2を争う豊富な軍資金をどう活かすか、という戦略です

    最も稼ぎやすいと思われるのは軍資金にモノを言わせたお土産買い占めプレイ、
    次点で稼げそうなのがお金を貯金して最後に一発逆転狙う先見の明プレイでしょうか
    前者の場合は1金骨董品あるいは郷愁の書道を絡めるとベストです
    さらに断食の書道も組み合わせると効果的かもしれません
    戦略としては、中盤までに書道を確保しておいて終盤は普通に出会って2枚から都合の良い出会いを選択して最後のダメ押ししていくというのが安定でしょうか

    (※旅の例)4人戦・95点 お土産収集と先見の明の両取り







    「大道芸人」梅ヶ枝 初期5金
    <能力説明>
    出会いマスに止まったとき、出会いの効果を適用する前に、1金と1点を得る


    難易度:初心者向け
    関連するもの:出会い、郷愁の書道、熟考の書道、断食の書道、友情の御守など

    ~解説~
    ザ・出会いプレイとでも言うべきキャラクターです
    出会いマスに止まるだけでお金と得点がどんどん積み重なっていきます
    他のキャラクターは出会いマスでの収入は公家だけですが、梅ヶ枝は出会いマスを踏むだけで1金ずつ増えていくのでほとんどお金に困りません
    先にお金と得点を貰ってから出会い処理をするので書道を買う場合でもお金は貰えます

    その能力の性質上、梅ヶ枝の本領が発揮されるのは新しい出会い・四つ辻ONの場合でしょう
    マスに止まった時点で1金貰えるので、1金が必要な新しい出会いは実質無料同然になり
    各種書道も実質無料で買えるということになります

    ・戦術解説
    とにかく出会うべきなので友情の御守や活力の御守などで出会いマスを踏むことが主軸です
    あるいは健康の御守で出会いと書道の両取りしてみるのも効果的かもしれません
    出会いの種類によって戦術を臨機応変に対応していけるキャラクターです
    偉業を総なめ出来そうなら完璧の書道、お土産収集するなら郷愁の書道、
    景観を集めるなら熟考の書道、お金を貯めるなら先見の明の書道を購入しましょう
    お土産収集するなら断食の書道も効果的です

    (※旅の例:其の一)4人戦・99点 断食しながら土産収集と先見の明


    (※旅の例:其の二)5人戦・83点 断食景観プレイという珍しい組み合わせ







    「老婆」 きた 初期4金(四つ辻限定キャラクター)
    <能力説明>
    出会いマスに止まったとき、出会いと書道両方のアクションを実行することができる


    難易度:中級者向け
    関連するもの:出会い、書道全般、友情の御守など

    ~解説~
    四つ辻ルールでのみ登場する追加キャラクターです

    出会いマスに止まるときに出会いカードを獲得しつつ書道も買える能力を持っています
    梅ヶ枝と双璧をなすザ・出会いプレイと言えるかもしれません
    出会いに止まるたびに出会いカード+書道で2枚ずつ確保していくので、先に紹介した忠兵衛の天敵です(お喋り好きの偉業を狙う忠兵衛に出会い枚数で追いつきやすい)
    うまいこと書道が軒並み確保できてなおかつ出会いカードも良いのが揃うなどハマれば爆発力があるキャラクターですが、出会いマス占拠されて書道を先取りされると能力が無意味、
    あるいは書道だけひたすら並べても追加点条件をあまり満たせなければ得点が伸びない、
    という割りとトリッキーなキャラクターであると感じます
    実際、能力説明を見てこのキャラを選ぶプレイヤーはよく見かけるのですが
    出会いマスに飛び込むことだけに熱中して書道を並べるけど追加点は伸びず最下位、
    という光景もままあるので中級者以上向けだと評価します

    きた婆さんを使用する場合は友情の御守などを使ってでも出会いに止まること、
    お喋り好きの偉業は絶対に確保する大前提で完璧の書道を入手すること、
    出会いの内容に応じて旅の方針を臨機応変に切り替えること、などがポイントとなります
    きた婆さんの平均得点はだいたい80点ちょいぐらいですが、書道を独占することにより他プレイヤーの平均得点が下がりやすくなり相対的に優勝するというケースが多くなるキャラクターだと思います

    (※旅の例:其の一)5人戦・83点 風呂とお土産収集を重点的に


    (※旅の例:其の二)4人戦・85点 断食景観プレイ






    以上で出会い系キャラクターの解説は終了です
    次回はTOKAIDOで最も爆発力がある、お土産系キャラクター勢の紹介をしていく予定です
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。