どうしてこんなクズ人間ができあがったのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

どうしてこんなクズ人間ができあがったのか?

2018-02-04 22:13
    ども、クズです。じゃなくて、ミッシュランです。

    今回は前回の自己紹介で話さなかった生い立ちについて話そうと思います。
    人によっては個人特定できるかもしれませんが、どうぞご自由に。

    私は今から約23年前、神奈川は川崎で生まれました。
    産まれた時は中々泣かず、母は死産かと不安になっていたそうです。

    その後横浜・川崎ですくすくと成長し、このままちゃんと成長するかと思われました。

    しかしこの後、私の運命を左右することが起こります。

    幼稚園年少の時、親が神奈川・三浦に一軒家を購入。私は川崎から三浦へ転園となりました。
    年中から入った私は他の園児たちに「よそ者」扱いをされ、女子と共にいじめられる始末。
    この「いじめ」が長く私を悩ませることになります。

    いじめは解決することなく小学校へ進学。
    小学校でもいじめっ子に目をつけられいじられる状況。
    短気だった私はよくキレて毎日暴れまくり迷惑をかける。
    そして毎日謝る。
    そうしていくうちに次第に落ち込むようになります。
    これが現在まで引きずるネガティブ思考の原因の1つに繋がっています。

    さらに私をよりクズにしていったのはこの当時の社会問題。
    「自殺」。
    「自らで命を捨てていいんだ」、そう思った私はいじられる度に窓へと走り飛び降りを試みようと何度もするようになります。
    全て未遂で終わったものの、私が自身の命を軽く思う発端となりました。

    その後中学に進学してもいじめはよりエスカレート。
    暴れるよりももう敵わないと諦め、引っ込み思案へと移行していきます。

    高校への進学を考えるとき、私はもう「逃げたい」としか考えていませんでした。
    片道1時間半かかる高校へ進学。いじめから逃げるようになりました。

    高校に進学後、いじめはなくなり、安定した高校生活を送ります。
    でも「逃げれば楽になる」というのが今後の人生を左右してしまいます。

    高校卒業時の進路で私は難しい大学から逃げるように情報系の専門学校へ。

    就活でも「逃げるように」先生から勧められた会社へ。

    そして会社で業務過多に遭いうつ病を発症、休職の後「逃げるように」退職。

    うつになった瞬間に「ネガティブで引っ込み思案」な自分が出るようになり、「この世から逃げるために」自殺志願者になって大量服薬をしたり、包丁を持って自分を刺そうとしてみたりと小学校の頃より進化してしまった自殺未遂を連発。こうして自分の可能性を消し切った結果、私は自他ともに認める「クズ人間」へとなり下がってしまったのでした。

    現在は「考えようとすると考えすぎてダメ。考えないで行動してもダメ。」という人生詰んだ状態に。もういっそのこと亡くなってしまえばいいのに、そう毎日思う日々。

    後悔してもしきれない「逃げすぎたガキの大人」。それが私。

    そしてつい先日、人間関係が断たれた。自分のエゴのせいで。
    同情してくれとは言わない。ただ私はこうしてクズ人間になった。
    私はどう生きていけばいいのか?もう亡くなった方がいいのか?
    誰も教えてくれるわけがない。でも答えも出せない。だって私から出る答えは
    「この世からいなくなる」しか出ないのだから。

    長文失礼しました。
    では、また生きていたら。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。