(インハンド 動画11話/最終回)ドラマ無料視聴・見逃し配信・再放送6月21日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(インハンド 動画11話/最終回)ドラマ無料視聴・見逃し配信・再放送6月21日

2019-06-21 03:05
    インハンド 動画 11話/最終回無料視聴・見逃し配信・再放送6月21日

    2019年6月21日22時からTBSテレビで『インハンド』が放送されます


    放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

    (無料視聴できます)

    ↓ ↓


    インハンド 動画 11話最終回

    インハンド 最終回 動画第11話/無料番組内容

    高家(濱田岳)の故郷・相羽村で新型エボラウイルスが発生し、日本中を震撼させる大パニックに。高家と共に封鎖された相羽村に残った紐倉(山下智久)は、牧野(菜々緒)らと情報共有をしながら現地対策室で調査を始める。だが感染は日に日に拡大し、死者も増えていく一方だった。絶望的な状況の中、紐倉はワクチンの開発に取り掛かることに。必死に開発を進める紐倉だったが、ワクチンは完成しないままついに高家も感染してしまい…。

    インハンド キャスト

    山下智久、濱田岳、菜々緒、藤森慎吾、高橋春織、酒井貴浩、宮崎美子、磯村勇斗、石橋杏奈、平岡祐太、夕輝壽太、阿南敦子、大森博史、明星真由美、内場勝則、遠山俊也、利重剛、松尾貴史、田口トモロヲ、時任三郎、光石研

    インハンド 最終回 動画第11話/無料ストーリー性

    今回の物語でも紐倉博士の技手がスポンと取れてしまうシーンに「キター!!」ならぬ「出たー!!」と興奮しました。

    ブラックジョークならぬ私の中ではお決まりの名シーンとして、インハンドを見続ける鍵となっている気がします。

    今回の物語では、紐倉の助手を勤める高家がプチ主役感を発揮させたなと感じます。

    助手を勤める高家が、医者出身だったというのも今作を見て、「へぇ」という感じでした。

    だから、これまでの回で紐倉博士の代わりに英語で論文を書き進めたり資料を集めていたりしていたのだなと腑に落ちたからです。

    しかも、国境なき医師団や自分を助けてくれた先生に憧れを抱くというのは医者を目指す鉄板の理由なのかなと思いました。

    さらに、高家の事実で驚いたのは高家はシングルマザーの母のもとで育てられたことです。

    実家の母親が研究所に訪ねたことで分かりましたか、そう考えてみると、人一倍の気遣いを見せる高家の人間観も納得させられました。

    今作の終盤で紐倉博士も述べていましたが、役に立たなくて、中途半端でどうしようもない高家も医者の熱意は熱く、医者という肩書きなくして人を救ってきたというセリフが高家ママも耳にしていた言葉だったので、同じように胸を打たれました。次回はどんな内容で私の胸を打つのかと、楽しみなインハンドです。

    インハンド 最終回 動画第11話/ネタバレ

    高家(濱田岳)の思考法や行動パターンがだんだん紐倉(山下智久)に似てきましたね。危ないヤツは紐倉だけで十分なのに高家までもかと笑えます。

    二人がコンビとして息が合ってきたというのは、ただの助手から友だちへと質が変わったということだし、ここから最終盤に向けて二人の連携強化は重要なポイントになっていくのだろうと予想させます。

    それにしても台田病院はろくでもないところですね。

    どうあれ黒野院長の行為は殺人未遂であり、医師のやるべき仕事と真逆の行為です。

    紐倉が「あんたはもっと高家を見習うべきだったな」というようなセリフを言いますが、医師の本分は高家のように出来る限り患者を助けることであって、医療の発展だとか出世だとかいう理由は、医師のエゴにすぎません。

    それはフューチャージーンの福山(時任三郎)にも言えます。

    彼は彼なりに感染症対策の発展を考えてBSL4施設を作ろうとしているのかもしれませんし、実際にそれは必要だろうと思います。

    しかしそれとエボラウイルスの持ち込みや、施設の建設をゴリ押しするのは、彼のエゴです。

    エゴイストが多い世の中ですが、一見すると一番勝手なエゴイストに見える紐倉が、誰よりもヒューマニストであるという点がよくはっきりした回だったなと思います。

    まとめ

    他にも色々と、ドラマや映画にも出ていますが、すっかり、コードブルーの役柄が定着してしまった感じがします。

    あの役柄の為か、クールで冷静沈着という性格が板に合った感じがして、その姿が堂々としているので、頼もしく感じられる、男性から見てもかっこよいと感じられる俳優さんです。

    それだけコードブルーの山下智久が定着してしまった面白い話として、救急救命、ドクターヘリ、ドクターカーの特別番組が去年あたりにありました。その中で、60代の救急救命医がドクターヘリで学校に着陸した時の話です。

    その60代の救急救命医の先生が笑って話をしておられましたが、ヘリが着陸するまでは、学校の生徒たちは、山下智久がヘリから降りてくるものとばかり、学校内から、スマホを出して、山Pの写真を取ろうと待ち構えていたそうです。

    ですが、ヘリの扉を開けて出てきた先生は山Pではなく、60代のおじいちゃん先生に学校内の生徒はがっかりだった様で、急にスマホをポケットに直して、知らん顔になったそうです。そのおじいちゃん先生はテレビ番組の中で、豪快に笑っておられました。

    テレビ番組を見ていた私も思わず、笑ってしまいました。テレビドラマが市民に与える影響はすごいものがあります。

    最近、インハンドに主演で出ていますが、そのドラマの中ではちょっと、お惚け風な役柄なので、コードブルーでの山Pを見ていると物足りなさを感じます。

    山Pには職人的な腕がよく、いつでも冷静沈着で、やることに失敗のない頼りがいのある処が魅力です。

    ただ、それだけだと冷たいクールな奴となり、魅力度は下がりますが、口数は少ないが、周りの気遣いを忘れない、同僚に対しても思いやりを持っている処も魅力の一つです。


    ドラマではなく、ゲスト出演をしている様な時の山Pを見ていると明るい、気さくな好青年的な会話をしているので、その姿が本来の姿で、かっこいい若者という感じです。

    ドラマ・映画に合わせて、役作りが上手い点も魅力の一つです。

    インハンド 最終回 動画第11話/無料 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)で本編が見れない時は (無料視聴できます)


    (無料視聴できます

    ↓ ↓


    インハンド 動画 11話最終回

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。