ミリシタTHE@TER BOOST!感想戦‐超ビーチバレー 新入生編‐
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ミリシタTHE@TER BOOST!感想戦‐超ビーチバレー 新入生編‐

2018-01-24 00:08
  • 2
※注意
基本は個人的な忘備録
言葉を飾るつもりは特にありません
不快にさせたらごめん<(_ _)>




 つい先日、ミリオンライブシアターデイズ内にて次期イベント出演アイドルを決める為の投票企画「THE@TER BOOST!」が行われました。

 概要説明を簡単に
  • 対象アイドル:シアター組39名
  • 期間:投票券獲得は12月16日0時から1月15日23時59分まで、投票は1月22日23時59分まで
  • 投票券は1人最大390枚。獲得方法は以下の通り(大百科コピペ)
  1. ログインする(1日1回、合計31枚)
  2. 3つのデイリーミッション(課題曲クリア・フラスタ5人贈呈・アイドルとのふれあい3回)すべてをクリアする(合計31枚)
  3. 1日1回の有償ジュエル60個のガシャを回す(12/21 15:00-1/15 14:59のものに限る。合計32枚)
  4. イベントの報酬(PST2イベントについては、pt報酬で36000ptまで稼げば100枚、上位報酬で上位10000位で30枚、50000位で20枚、100000位で10枚の最大130枚、THEATER SHOW TIME☆(短期アイテム大量獲得イベント)についてはミッション報酬のみ最大36枚(毎日ライブ1回お仕事1回で1枚ずつ、イベント期間内にライブ15回お仕事15回で15枚ずつ))
  • 用意されている役は3イベント×5役=15役。
  • 前提としてグリー版ミリオンライブ時代に「ボイスドラマキャスト投票(以下TA投票)」という名前で同様の企画を行っています。ググると色々な感想、考察が出てくるので興味があれば。


 このようなレギュレーションで39人のアイドル(のプロデューサー)が15役を争って投票、最も多くの票数を集めたアイドルが無事その役としてイベントに出演する、という企画です。
 TA投票で涙をのんだ人にとっては雪辱戦、ミリシタから入った人にとっては唐突に始まった謎の投票イベントとなったのではないでしょうか。


 今回も前回に負けず劣らずの阿鼻叫喚が各地で繰り広げられていました。
 という訳で折角なのでそれらを私の忘備録(反省文)を兼ねて各役ごとにまとめていこうと思います。
 自己紹介が遅くなりましたが、私ロコPのみすみと申します。
 いずれ今後あるであろうTC(仮)に向けて、THE@TER BOOST!を振り返ったり、懐かしんだりする切欠になれば幸いです。




テーマ1:超ビーチバレー
 新入生:ビーチバレーの名門校に入門してきた超新星!
 メイン立候補者:高坂海美、春日未来、永吉昴

 大まかな流れとしては、シアターきってのスポーツ少女高坂海美が先行、主人公属性春日未来が追随し、随所で追い抜く、追いつきかける等見所は作れど最後は海美が逃げ切ったというものになります。野球少女永吉昴は最後まで票は伸ばし続けましたが並びたてず、という結果に。

 ここの戦いで注目したいのは ①新規からの印象を踏まえた役選び ②イベントブースト の2点となります。

 ①新規からの印象を踏まえた役選び
 今回のTBはこの”ミリシタ新規Pからの印象”が結構重要なファクターとして機能していたように思います。何故ならグリマス最終年度のアクティブは2万人居るかどうか。どう少なく見積もってもミリシタ新規(復帰)勢の方が多いのです。
 そんな新規勢にも分かりやすいイメージを素早く選び取り、直球勝負に打って出た海美Pの瞬発力はまさにうみみ走法の体現者と言えるのではないでしょうか。お見事!
 あ、コンペに案で出てたカフェ次女海美も見てみたいので次あればぜひ!



 ②イベントブースト
 TBはイベント報酬で大量の投票券を手に入れる事が出来ます。そんなイベントの一つが未来が上位報酬となったPrincess be Anbixious(以下PBA)です。となると必然未来が圧倒的有利に!!・・・果たして本当になったのでしょうか?
 実際票の動きを見てみるとPBA開始後に未来は海美を抜いて一位になっています。しかしそれも長くは続かずイベント期間中に再び海美は一位に返り咲きます。それもそのはず、イベントで貰える投票券は累計pt報酬。早い、遅いはあれどほぼ全プレイヤー手に入れることが出来ます。イベント報酬になったからといって何一つ有利にはならないのです。

 イベント最終報酬で貰える投票券についてもほぼ同様のことが言えます。確かに2000位までの比率ならば未来Pがかなり高くなるでしょう。しかし10000位、20000位まで見たらどうでしょうか。担当の比率に有意差は無くなるはずです。

 むしろ運営の贔屓を貰った陣営、という不条理な逆風になった可能性すらあるのですが、そんな中でも最後まで上位に喰らい付いていった未来Pの底力は流石#未来ちゃんかわいいやってるだけのことはありますね。



 また、役こそ勝ち取れませんでしたが昴陣営の健闘にも注目したいものがありました。特に面白いと思ったのが、一斉投票を昴の打席に見立て、得票数でホームラン~ヒットの結果を出しホームまで帰ってくることを狙う「永吉昴の全力フルスイング」企画。昴のキャラクター性を活かし、かつ何度も繰り返して一斉投票できる理由付けにもなっている点が特によかったと思いました。
 惜しむらくは肝心要の第一打席が1月5日の3rdツアー幕張公演上映会に被ってしまったこと。注目を集めきる前に出鼻を挫かれた形になってしまったのが本当に惜しかった・・。




以上、ザックリとした新入生戦の主観バリバリの感想でした。
次は先輩編。

 
 

広告
×
感想まとめ、お疲れさまです。
自分の感想をば少し、書かせてください。
自分は昴Pでありまして、投票期間のはじめにトップをとっていた時期には「すばるが1位にいる!」と感慨深くなりました。
しかし、海美・未来に追い抜かれ、昴は3位という結果におわりました。加えて、有志でまとめてくださっていたアイドル毎の総得票数をみると、上位20位に彼女の名前はありませんでした。昴Pとしての力不足を感じるとともに、ミリオンライブ内での人気の格差に打ちのめされた今回の投票企画でした。
長々と失礼いたしました。改めて、お疲れさまでした。
34ヶ月前
×
>>1
こんな辺境の感想文読んで下さってありがとうございます。
15歳組な縁もあって昴のことは割と普段から気にしていたりw SSR超かわいいですね!
昴は明確に野球に方向性が尖っているまま、良くも悪くもここまで来てしまっているのかもしれません。
それが人気や展開の一方化につながっているという面はあるでしょう。
でも最近は武道館を皮切りにパリーグコラボ、今回のSSRや四コマ、夜想令嬢コミュへの参加など様々な面を見せ始めています。
「こんなところがあったのか!?」は大きなチャンスです。今こそ昴のPRをガンガン仕掛けていく時なのではないでしょうか。これからもミリオン頑張っていきましょう!
34ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。