ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 第1回関西パワプロ対戦交流会 内容&参加申請登録記事

    2019-02-27 08:00

    ○関西パワプロ対戦交流会とは?
    ゲームソフト「実況パワプルプロ野球2018」の対戦メインで、
    初心者の方から上級者の方までパワプロが好きな人たちで集まって
    企画を交えて、ワイワイ楽しむことを目的とした催しになります。
    たのしくゆるーくをモットーにやっていきます!
    どなたでも参加を歓迎しております。是非!

    ●公式Twitter:西パワ!(@nishipawakou)

    ●主催:みっすん(@misuttaax)

    ●スタッフ:ゴジラ、N-岡田

    ●開催日:2019年3月16日(土)

    ●開催場所:Osaka esports basement.※リンク先あります

    ●交通アクセス:
    最寄駅:地下鉄千日前線「玉川駅」徒歩5分
        大阪環状線「野田駅」徒歩5分
    (アクセスマップは上記リンク先にあります)

    ●受付時間:12:30~13:00
    ●イベント予定時間:13:00~17:00
    ●持ち物:PS4コントローラ(必須できれば充電ケーブルも。自己管理でお願いします)
         お持ちいただける方はパワプロ2018ソフト(もしくはパワプロの入ったPS4)
         ※持参の可否は参加登録フォームでお伺いしています。足りない可能性があるので、
           ご協力いただける方はぜひお願い致します。無理はされなくて
    大丈夫です。
    ●参加費:600~800円(参加人数によって変動あり)
    ※参加費は赤字を避け、できるだけ皆さんの負担の少ないよう設定させていただきたいと考えております。
    ご理解のほど、宜しくお願い致します。前日までにSNS上でご連絡いたします。

    ●定員:25名(主催・スタッフを含む)見学枠:5名

    注意事項(当交流会に参加される方は以下の項目を了承したとみなします。)
    ・参加者の方は交流会中に起きたいかなる事象に対しても、
     主催、スタッフの指示を絶対とし、従うことに同意したとみなします。
    ・会場はお借りしている施設ですので、管理者の方の迷惑にならないようお願い致します。
    ・会場内で出したゴミ等は、自分で持ち帰るようお願い致します。
    ・盗難及び紛失等、当交流会中に発生したいかなるトラブルに対しても主催者は責任を負いません。
    ・行動や言動に著しく問題があった方に対しては、当交流会への参加をお断りする場合があります。
     参加者に対する嫌がらせ、迷惑行為に対しては固く禁止致します。
    ・パワプロ以外で遊ぶ行為(ゲーム、カード、携帯アプリ等)はされても構いませんが、
     対戦参加者は試合消化を優先し、その他の進行の支障をきたすことの無いようにお願いします。
    ・会場内は飲食可能ですが、汚さないよう配慮をお願い致します。
    ・途中入場、退場は可能ですが、事前に運営へご連絡いただきますようお願いします。

    以上のことを了承し、ご理解いただければ下の申請フォームから申請を行ってください。
    参加申請の受付期間は2月27日(水)の11:00~3月15日(金)の23:59までとします。
    ・キャンセル・変更申請も3月15日(金)の23:59までとします。
    第1回西パワ参加登録フォーム

    また、参加者状況を確認できるようにしております。登録不備、異常等ございましたらご連絡ください。
    第1回西パワ・参加者名簿
    キャンセルの場合は早めに運営スタッフのTwitterか、西パワ!(@nishipawakou)にご連絡ください。
    必ず前日までにご連絡いただきますよう、お願い致します。

    固いことも書きましたが、上の通りゆる~~~~~~くやろうと思っています。
    あまり期待もせず、集まってワイワイできるぐらいな感じで。
    皆で集まってパワプロするの楽しい!って思っていただけるのを目指しています。
    初めての運営でご迷惑をおかけするかもしれませんが、精一杯頑張りますので、
    温かく見守っていただければ幸いです。

    追記:
    2/27 12:30 見学枠を作りました。登録フォームのひとことに見学希望と記入してください。
    3/6 1:00   定員を増員しました。


  • 広告
  • 「パワチャン勝てねえよ面白くない」

    2018-10-31 01:58






















    って声をたまに聞きます。
    「このゲーム、ストレスたまるポイント結構多くないですか?」
    正直分かります。理由も大体ですが言えます。
    「おめえにゃ分かんねえよ」
    って言われるかもしれません。

    2016年に大会が開かれることを知り、
    そこからパワプロのオンラインを始めてその当時のオンラインランクはEでした。
    当時は直近30戦の勝率でランクが上下しており、
    曖昧ですがランクEだと勝率.450も無いでしょうか。
    その程度でした。
    その頃ってストレス溜めながら、勝てねえな〜って思いながら
    一人ぼっちでやってました。勝ち方なんかもぜーーんぜんわからず。

    ↓2017のパワチャンデータですが、今こんな感じ。


    皆が皆かどうかはわかりませんが、これを読むと
    パワチャンを楽しめるレベルにまでは行けると思います。


    理由①:上手くなる術を知る術が無い
    これがかなり大きいウェイトを占めています。
    検索をかけてみてください。「パワプロ オンライン コツ」とかで。
    候補には出ますよね?調べてる人がいるんです。
    でもほぼでないんです。2018のサクセス攻略サイトとかはたくさんあるのに。
    あらたメディアさんという方が書いているのを見つけました。宜しければ。
    (勝手にご紹介しているので怒られたら消します)

    最近書かれたこの方ぐらいです。

    僕が始めた頃はなーーーーーーーんにもありませんでした。
    なので直接強い人にPS4のメッセージ送りました。
    「先ほど対戦したものですが、今度2016の大会に出ようと思っています。
    何がダメでしたでしょうか?」って。
    クソほどビビりましたけど。うるせーあほザコ消えろーって言われそうで。
    「投球はこうで、打撃はこう。ここはこうしたほうがいい」って返してくれました。
    教えてくれなかったらまあ間違いなく辞めてたでしょう。今でも感謝しています。
    そのお礼もあるので、
    僕が配信する時は、初心者の方とかに聞かれたら必ず答えるようにしています。
    現状、そういう攻略サイトがないですが、配信をされている方が何名かいらっしゃいます。

    回答①:配信を見よう
    別に僕の配信を見ろとは言いません。そもそも僕配信そこまでやんないので。
    配信よくやってる人で言えば、
    ニコ生で言うならグランドさん。youtubeで言うならてぃーのさんとかでしょうか。
    (他にも何人かいますがここでは省略)
    この2人に共通してるのが、パワプロオンラインやる人が増えて欲しいって気持ち。
    僕も持ってます。僕めちゃくちゃありますからね!(ここだけは張り合います)
    この方達は態度悪くしたりすることがないので、すごく見やすいです。
    コメントで聞いてみてもいいかも知れません。「こういう時ってどうしてますか?」とか。
    ※あんまり質問ばかりだと配信されている方に迷惑がかかるかも知れないので勿論空気は読んでくださいね
    見てるだけでもこうしてるのか〜って発見があります。
    僕もとある人の配信見たときに「切り替え打ち」なんてものを目にしたときは笑いました。
    外角のボールだーっと思ったら、
    強振だったミートカーソルをパカっと切り替えてミートで軽打するんですよ。
    意味わかんねーwwwwって思いました。今めっちゃやってます。
    上手い人がやってる操作を動画で見れるわけですからチャンスでしかないですよね。

    回答①って書きましたが、現状この①が強いです。

    僕は上手い人に直接教えてもらって、上手い人の配信を見て、
    じゃあそこにたどり着くにはどうするか?
    どういう練習をするか?
    こういう場合にどういう解答を用意しておけば対応できるのか?

    ひとつひとつ潰して行きました。この辺りは自分で一つ一つ考えました。
    僕が始めた頃は如何せん技術を知っている人がとっても少なかったから。
    今でも自分でめちゃめちゃ考えます。
    今度はもし誰か上手くなりたいって人に聞かれたとき、答えられるレベルに詰めておきたい。

    でも、
    別に今は自分で考える必要はないんじゃないんですか?
    Twitterやってるパワプロ上手い人、たくさん増えました。
    配信でパワプロのオンラインやってる人、まあまあ増えました。
    この人いいな〜って思った人にコンタクトを取ってみる。
    時々教えてもらう。僕もよろしければ、全然教えます。


    周りにおんなじゲームに熱中してる人がいるってだけで、

    モチベって意外と上がりませんか?




    色々書きたかったけど、長すぎてもあれなので今日はこの辺で。
    今度コツとかをまとめてもいいかも知れないですね。

  • 【訂正版】パワプロ2018 プロテスト予選野手オーダー考察

    2018-08-16 08:27

    別ゲームのブロマガだった気がしますが、現在はこのゲームをメインでやってますので
    こちらで使わせてもらいます。自分の確認と意識づけの為
    【追記】…だったのですが、西日本の選考会も終わり、せっかく書いたので。
    無論、私の考えが絶対的ではないですし、

    もし「こうした方がこういう理由でいいよ」的なことがあれば
    コメントで言っていただければとっても嬉しいです。
    今後のオーダー編成に活用させていただきます!

    野手オーダー(DHあり)
    1.  浅 村
    不動の1番。併殺もちでチャンスに強いというわけでもない。
    広角で事故的な長打も狙える為、1打席目から相手ピッチャーに関わらず期待が持てる。

    2.  上 林
    持論になるが「2番は俊足で、ゲッツーがない」が最重要と考える。
    柳田も有力ではあるが、悪球打ち、内野安打○、(プルヒ)というゲッツー回避能力と、
    バント○で小技も可能。プルヒ発動のライト方向の長打で出塁した浅村が3塁進塁も視野。

    3.  柳 田
    間違いなく最強バッター。広角と高いパワー数値による暴力的な内側のボールの流し打ちが可能。勝負を避けられることも多い。相手が投げるコースとしては広角を覚悟しているだろうが、外の変化球と内側のストレートの2択で賭けてくる事がしばしば。外の通ストも選択肢。
    能力による配球の縛りが甘い球を呼び、ホームランを呼ぶ。

    4.  山 川
    柳田が勝負を避けられるケースとしては1塁が空いている事、
    もしくは2塁ランナーがいる事が多い為、
    柳田の後ろに置くべきバッターとしてチャンスA併殺もついていない山川以外の選択肢はない。対左Gの時はちょうどチャンスAが消えるが、右中間にも長打は可能。山川も相手は淡白な配球になる事が多い。

    5.  秋 山(←3番から打順変更)
    秋山に関しては模索中。
    柳田山川を上げて、秋山5番か、源田と入れ替えもいいかもしれない。
    守備は文句なしだが、アベヒで中途半端な打球が多い。強振だと絶妙にパワーが足りない。勿論しっかり当てれば飛ぶが、確実性は低い。
    【追記】
    3番秋山が打線のストッパーだったが、5番に置くことで迷いのない強振ができるようになった。3ABBという見栄えはいい能力だが意識をしすぎず、少し癖があるパワーヒッターとして考えることで強打の5番に。打率はそこまで高くないが、併殺力は低く、HRは増加。
    アルファベットで見える能力の高さが相手への圧にもなる。

    6.  源 田
    重要なのは6番。パターンとして考えられるのが、柳田が2塁にいた場合、山川も勝負を避けられる事が多い。そうなると1、2塁。秋山で勝負を決められればいいが、凡退した場合はゲッツー崩れであれ、外野フライであれ、1塁と2塁or3塁にランナーが残ることが多い。
    この時に安易にパワー順で併殺もちの松田(ウィーラー)を置くのは避けるべき。山川の後、つまりチャンスができた場面でどう動くか。そこで源田。チャンスB。俊足併殺なし。バント○。選択肢が多い。
    勿論、これは試合中盤〜終盤の話であって
    初回は打線が繋がっても、秋山までで点が入っているか、回が終わって源田が先頭バッターになるケースが多い。ランナーなしの場面でも、先頭バッターとして十分な能力。
    クリーンナップに源田!…とまではいかないが、柔軟な対応ができる源田さんは非常に優秀。
    ケースにもよるが強振でも振っていくぞという意識だと良い結果が多かった。
    チャンスFと源田に少し劣る守備力に目を瞑れば、弾道3CCBの茂木も候補としてはあり。
    (DH無しの場合、9番に投手が入る分、打線に厚みを持たせる為茂木を選択。)

    7.  松 田
    自分としての打ちやすさは松田よりウィーラーだが、送球Fエラー持ちがかなり不安定。ウィーラースタメンでバント処理からの送球ミスでランナーが残る場合が最悪。守備を考えれば松田。できればランナーなし、ランナー2、3塁などの自由な場面で打たせたい。
    私の場合、松田の扱いにくさを強く感じ、
    ランナーが1塁やチャンスで重要な場面なら代打も躊躇なく送っていた。

    8.  甲 斐
    捕手の中では随一の肩、打力も僅かにあるので一択。控えとしては炭谷。田村はエラー持ち。
    炭谷との比較でクロスプレーの検証をしたが、
    守備力によるタッチの速さの違いはあるものの、
    送球がやや逸れた時以外は大きな違いは感じなかった。
    近藤を代打に出してそのまま守備に就かせることも可能。

    9.  T-岡田
    6回という短いイニングを考えると、松田、甲斐と並んだ時9番にも中途半端な打力の選手を置いてしまうと「捨て回」ができてしまう。少なくとも2巡はするわけで、捨て回2つ作ってしまうのは勿体無い。T-岡田さんは全てを解決!チャンスEながら併殺もなし、打力もある、打順的に逆境が1回は発動する。また、ファーストを9番に置くことで、ランナーとして出た時に
    ・西川を代走に出してそのままファースト
    ・荻野貴を代走に出してレフトへ、柳田まで回れば柳田を中田翔に
    など、のちの守備交代が容易(選手を使いすぎない)になる。


    …って考えたら柳田さん3番が適正な気がしてきた!!!!

    追記(8/28):
    3番秋山、4番柳田、5番山川のところを
    3番柳田、4番山川、5番秋山に変更。
    初回から柳田で勝負がかけられる、山川のチャンスAの発動しやすさ、
    ネックになっていた秋山がのびのび打てる打順なので感触は良好。
    5番に下げたことでランナーを気にすることがなく、HRがかなり増えた。

    東日本の皆さんの参考になることを願って。