• このエントリーをはてなブックマークに追加
■第7回 ゼロ・グラビティ【映画感想】 and 学祭のナンパ(その1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■第7回 ゼロ・グラビティ【映画感想】 and 学祭のナンパ(その1)

2014-01-05 12:00
    年が明けましたね。今年もよろしくお願いいたします。
    さて、僕の年末・正月はと言いますと、学校に行かなくてもよいので、映画を見たり、本をゆっくり読んで過ごしていました。

     鑑賞した映画は、映画館で見たものとDVDを合わせて10本程度ですが、特に印象深かったのは『ゼロ・グラビティ』です。3D作品は苦手なのですが、評判が上々だったので見ることしました。

     本作はいわずもがな、宇宙が題材の映画なのですが、僕がこの作品で感じたのは「3D映画ならではの見せ方を上手くしている」という点です。3Dグラスを通して見る、宇宙遊泳の描写や、高速で迫り来る宇宙ゴミ、無重力空間を漂う物体の感じは、立体感を伴うことで非常にリアルとなり、その場に居るような錯覚を覚えました。もちろん僕は宇宙に行ったことも無ければ、無重力を体験したこともありませんが、確かに「リアルだ」と思ったのです。

     『2001年宇宙の旅』が2Dのスクリーンを最大限利用した宇宙映画の最高峰だとすれば、『ゼロ・グラビティ』は映像的な意味で、現時点における3D宇宙映画の極点といったところでしょうか。あ、ストーリーについては敢えて触れません。

     閑話休題。

     秋の終わりごろ、僕は都内の大学の学園祭に毎週のように通っていました。学園祭自体の盛り上がった雰囲気が好きなのもありますが、その目的はなんと言っても、「大学生たちがナンパする姿を見たい」という不純なものです。

     僕個人の感覚では「学園祭=釣堀」で、 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。