• このエントリーをはてなブックマークに追加
■第8回 PANTONE(パントン)のダウンジャケット and 学祭のナンパ(その2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■第8回 PANTONE(パントン)のダウンジャケット and 学祭のナンパ(その2)

2014-01-12 12:00
    寒くなると、僕はバーバリー(イギリスで購入したバーバリーロンドンのラインのものです)の厚手のウールのコートで過ごしています。しっかり風を防いでくれるので、防寒性は高いのですが、いかんせん生地が重いので長く着ていると疲労感が伴います。また、クラシックなデザインなので、合わせるものも、上品といいますか、落ち着いたアイテムに絞られます。

     もちろん、ファッション誌などに出てくるような、「抜け感」「ハズし」のような、スニーカーにテーラードジャケットを合わせるようにして使うこともできるコートなのですが、どうもそういった着こなしがしっくり来ないので、僕はあまりしません。

     といっても寒さは待ってくれないですし、たまには普段と違うものを着てみようと防寒用のダウンジャケットを購入してみました。ダウンジャケットはモコモコして、ミシュランのビバンダム君のようなイメージが先立ち、身体のラインが出やすい服を好む僕は、
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。