ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 将棋、囲碁、チェス賞金額

    2021-03-21 15:03
    藤井聡太二冠がデビューして将棋が注目されてから、将棋の賞金が少ないという声がちらほら聞こえています。
    今回は、同じく伝統あるマインドスポーツのチェス、囲碁と比較してみましょう。

    ・賞金総額順位
    2020年
    将棋囲碁チェス
    1 豊島 将之10,645 万井山裕太12,851 万Magnus Carlsen 6,117 万
    2 渡辺 明8,043 万一力遼 4,860 万Ju Wenjun 3,821 万
    3 永瀬 拓矢4,621 万芝野虎丸 4,741 万Aleksandra Goryachkina 2,919 万
    4 藤井聡太4,554 万藤沢里菜 2,741 万Hikaru Nakamura 2,712 万
    5 広瀬章人3,241 万河野臨 2,692 万Levon Aronian 1,571 万
    6 羽生善治2,491 万山下敬吾 2,099 万Wesley So 1,511 万
    7 久保利明2,421 万許家元 2,096 万Fabiano Caruana 1,270 万
    8 木村一基2,338 万上野愛咲 1,754 万Daniil Dubov 1,212 万
    9 丸山忠久1,926 万張栩 1,196 万Ding Liren 1,194 万
    10 千田翔太1,692 万羽根直樹 1,172 万Ian Nepomniachtchi 1,165 万
    上位10名計41,972 万 36,202 万 23,492 万
    (単位:円)
    (チェスは1$=110円で計算)
    なお、2020年のチェスは疫病のためグランド・チェス・ツアー中止されているため、例年より総額1億~2億程度低いと思われます。
    ですので、トッププレイヤーであればあまり変わらないと思われます。

    ・各大会の賞金
    将棋、囲碁の賞金は棋戦ごとに決まっていますが、チェスの場合は世界でいろんな大会に出たり出なかったりするそうです。
    チェスの1大会の賞金は高くても1000万円程度、グラント・ツアーの場合は、合計賞金がトップで4000万程度のようです。

    将棋囲碁
    竜王戦4000棋聖戦4500
    名人戦3000名人戦3100
    叡王戦2000本因坊戦2800
    王位戦1200王座戦1400
    王座戦1200天元戦1300
    棋王戦900碁聖戦800
    王将戦800十段戦700
    棋聖戦700
    (単位:万円、額は推定)
    (叡王戦は2020年のドワンゴ開催。2021年からは不二家になり賞金額は下がりました。)

    ・その他
    なお、将棋、囲碁の棋戦は大手新聞社、地方新聞社の共同開催となっているため、今の運営モデルで賞金が増えることは無さそうです。

    参考
    ・将棋賞金順位(将棋連盟)
     https://www.shogi.or.jp/news/2021/02/202010.html
    ・囲碁賞金順位(日本棋院)
     https://www.nihonkiin.or.jp/news/release/2020_5.html
    ・チェス賞金ランキング(chessprizes.com)
     https://chessprizes.com/
    ・チェス・グランド・ツアー賞金(wiki)
     https://en.wikipedia.org/wiki/Grand_Chess_Tour


  • 広告
  • 僕が考えたデススター計画の裏側

    2020-01-12 00:49
    スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明けを観てきました。

    毎回のことながら帝国軍はレジスタンスに勝利条件を作ってあげるから優しいなと思いましたが、なんでこんなシステムになってるのか考えてみました。

    1.帝国軍は実績を重視する風潮がある。
    インフラ・産業系の組織であれば、過去の採用・トラブル実績が重視されるため、新しいことができずに同じようなものを作るのはよくあることです。
    デススター計画は失敗事例があるにもかかわらず繰り返されていますが、デススターで惑星を破壊した実績はありますので、設計レビュー時にその実績を重視されて攻撃に対する対策を実施すれば問題ないという判断がされた結果、弱点自体は残ったままになった可能性です。

    2.シスが全部を決めた結果である。
    計画自体は帝国軍の幹部が実行していますが、失敗した幹部は割とすぐに首が飛んでいるようで首脳陣は入れ替わりが多いと思います。あれだけ人が入れ替われば違う作戦を実施する人物が出てきそうですが、人が入れ替わっているのに毎回同じような作戦です。
    よって、幹部が何を言おうと、シスがデススターのような計画しか承認していない可能性があります。つまり、デススターのはシスの軍事センスによるものです。


    3.デススター建造に国力の大半をつぎ込むため、それ以外の技術開発が発展しない。
    デススター系は帝国といえども1台ずつしか建造されていませんので、資源はもちろん製造人員、開発人員ともに多くをつぎ込んでいると仮定します。
    すると、別の軍事技術の開発・生産にリソースが回せずに停滞していると考えられます。結果、リソースを投入したデススター系の技術は洗練されていきますが他の技術は発展せず、ほかの作戦と比較してデススターの効率が高いと判断されているという可能性です。

    いかがでしょうか。
    皆さんも「僕が考えたデススター計画の裏側」を妄想してみてください。
  • 銀蒔絵のMINI

    2020-01-02 14:39
    銀蒔絵でMINIを描きました。


    大体の作り方
    手板に漆を塗って研いでを繰り返して平らにする。
    銀を蒔きたいところに漆をつける。
    漆をつけたところに銀粉を蒔いく。余計な銀は払う。
    蒔いたところの漆が固まったら、銀粉のところにテレピン等で薄めた漆を染み込ませて銀粉を固める。
    2回ほど黒ロイロ漆を塗る。
    銀粉の出っ張っているところを削る。
    黒ロイロ漆を塗る。
    全体を研ぎだしたあと、磨き粉で表面を鏡面仕上げにする。
    完成