「市田ひろみコレクション 世界民族衣装サミット」に行ってきた。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「市田ひろみコレクション 世界民族衣装サミット」に行ってきた。

2019-06-30 13:27
    近鉄百貨店ハルカス本店で開催の「市田ひろみコレクション 世界民族衣装サミット」に行ってきました。

    市田先生が世界各地を飛び回って集めた民族衣装がが展示されていました。
    これまで何回も展示は行っていたそうですが、モノが古く痛みが激しくなっているため、今後展示出来なくなるであろう衣装も多いそうです。

    ギャラリートークでは、外国の骨董品収集には付き物の値切りや、
    通貨が不安定だった東欧でドルをねだられる等、冒険のような収集エピソードが聞けました。

    機会があれば展示に足を運んでください。


    ナイジェリア 一度帯状にしたものを、縫い合わせて布にしている。


    メキシコ 大柄の刺繍 もうこの刺繍の作り方は失われたらしい。


    右:ボイエラ 花嫁衣裳 大柄の刺繍と繊細なレースで飾られている。
    近年は受注生産のみ存在しているもよう。


    アフガニスタン 女性は顔を完全に隠す。旦那が奥さんを間違えることもある。

     
    左は大仏に着せそうなサイズだが、右のように体に巻き付けて着る。
    もう作られていないようで、獲得には苦労したらしい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。