古いMikuMikuCaptureでAutoLuminous(発光)エフェクトの適用
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

古いMikuMikuCaptureでAutoLuminous(発光)エフェクトの適用

2015-02-04 20:02
    MikuMikuCaptureでエフェクトの使い方の勉強の一つでAutoLuminous(発光)のエフェクトを適用してみます。

    ※注意
    知りたい人のMikuMikuCaptureのバージョンがVer1.14なのでVer1.14で説明します。
    現行バージョンではないので注意です

    1.AutoLumiousのダウンロード

    AutoLuminousをダウンロードします。
    AutoLuminousの現行バージョンはVersion4ですが、MikuMikuCapture Ver1.14で対応してるAutoLuminousがVersion2までなのでAutoLuminous2をダウンロードします。(ここ大事!)
    AutoLuminous4をダウンロードしても光りません!!

    作者のページではすでにVersion2のダウンロードリンクがないので、怪しいところからダウンロードします。

    http://ux.getuploader.com/513/download/6/AutoLuminous2.zip

    ダウンロードした【AutoLumious2.zip】を展開してわかりやすいところに置きます。
    (私はMikuMikuCaptureのUserFileの下にeffectってフォルダーを作ってその下に置いてます)



    2.MikuMikuCaptureでモデルとエフェクトを読み込む

    モデルはいつもと同じように、モデルタブから読み込みでモデルをロードします。
    AutoLuminousを使用してるモデルですよ!)
    エフェクトはアクセサリタブから読み出しでロードします。
    (先ほど展開したファイルのAutoLuminous.xを読み出します)



    3.以上、終わり

    エフェクトの適用はこれで終わりです。
    (難しくないはず! みんな難しくやりすぎ!!)
    うまくいかなかったら、MikuMikuCaptureを再起動して一からやってください。
    (エフェクトの競合でうまくいかない時があるのでソフトの再起動!)



    とりあえず光ってるのがわからないので、背景を黒くしました。
    ほんわか光ってるのがわかるでしょうか?
    光が足りなければXを目一杯あげるとこんな感じです




    キラッと光ってるでしょ?

    こんな感じでエフェクトの適用が完了しました。
    頑張ってみてください。  かしこ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。