台湾の食文化について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

台湾の食文化について

2016-01-02 14:05
  • 42
前の記事で台湾の食文化についてもコメントで少し話しましたので、延伸としてここで書こうと思います。

台湾では独自に大幅にカスタマイズした料理の名前に予め「台式(台湾式)なんちゃら」って付けてから売ることが多いです。例えば台式泡菜(キムチ)、台式馬卡龍(マカロン)、台式炒麵(焼きそば)、台式麵包(パン)、台式緑茶など。主に本場の料理と区別をするためだと思われます。台湾式なので違う味をしても当然だよ!という予防線を引いたのです。原作(?)の形跡が殆ど無くなってご当地グルメになったオリジナル料理についてはいっぱいありますが、ここでは割愛します。

台湾は古い時代から色んな国からの住民オランダ、スペイン、中国、日本に統治される歴史もあって、現代は東南アジアからの移民も多い)が混ざって住んでいる場所なので、アメリカの感性に若干似てるかもしれません。異国の文化を受け入れるのはそこまで難しくないというか、違う国には違う良さがあるという開放的な態度で接する人が多いです。


独自に味や内容物などを改良したものもあります。異国料理という看板を掲げながら実際台湾で改造された台湾式料理なので、台湾式偽異国料理っていう風に感想を書かれています。実際美味しいですけどこれ台湾式やろ!ってツッコミを入れたくなっちゃう。台湾人もそれを承知の上で食べています。

偽異国料理で一番有名なのは「月亮蝦餅」で、実際タイにはない物ですが、台湾では人気です。

以下は、とある記事を日本語に翻訳します。口調は軽めなのでそのままにしてます。

参考URL(外部リンク(写真あり))http://dailyview.tw/Daily/2015/03/31
=============ここからは翻訳=============

「吃」-是快速認識一個新文化、新地區的好方法,台灣人從小生長在百家爭鳴美食齊放的環境,不但發展出兼容並蓄的台灣味,對於異國料理更敢於融合創新,造就了豐富、有趣又符合台灣人口味的混血美食!有些改良過的美食可是連原產地都吃不到XD

當然,做生意的,難免需要點異國情調與噱頭吸引人客上門,所以有些名稱取得迷離了些、撲朔了點,骨子裡還是不折不扣的正統台灣味啦~今天DailyView網路溫度計就帶各位來看看,十大道地的台式偽異國美食XD

「食べる」ことはその国の文化をすぐに理解するためのいい方法。台湾人は小さい頃から色んな国の色んなグルメに囲まれる環境にいて、台湾特有の味を発展しつつ、異国料理を融合させたり新しいものを作ったり、台湾人の口に合ってる様々な「ハーフ料理」を創り上げてきた!改良されたグルメは、発祥の地では食べられないよ!

勿論、商売だから、若干の異国情緒と客を引き寄せるネタが必要なので、いくつか名前が曖昧で、よくわからなくなっちゃっても、本当は台湾だけの味なんですよ~。今日皆さんにご紹介するのは、台湾式偽異国グルメ、ランキング10位

10. 可麗餅

可麗餅(Crêpe,見上圖)源自法國西北部的布列塔尼,輕薄軟Q的餅皮佐以或鹹或甜的配料,是正餐甜點兩相宜的美食。

在台灣,我們也有或鹹或甜、正餐甜點兩相宜的可麗餅~不同之處在於:台式可麗餅外型更巨大、餡料更澎湃、外皮還像餅乾般酥脆!

這在原生地得優雅食用的餐點,經夜市攤販大器一改,宛如巨型甜筒內裝了一桌菜,充分顯現咱台灣人的氣派!難怪有網友說:「還是喜歡台灣那種料滿到炸出來的可麗餅啊~」

10、クレープ

クレープはフランスのブルターニュから来た、薄くて柔らかい生地にしょっぱいか甘いものを乗せて、ご飯としてもおやつにも相性が良いグルメ!

台湾でも、ご飯としてもおやつにも相性がよいクレープがある~けど、台湾式クレープはもっと大きく具が大盛りで生地がクッキーみたいなパリッとした食感

この本場では優雅に食べる料理は、夜市の出店に一気に改造されて、大きいアイスクリーム・コーンの中にいっぱいおかずを入れたみたいになって、我々台湾人の気迫を見せた!ネットでは「やっぱり台湾の具がいっぱいあるのが好きだなぁ~」っていう人がいるのもおかしくないよね~。

9. 美國油條

明明都同一種東西,有些地方稱為
「沙拉船」,中部叫它「潛艇堡」,在基隆走紅的是「營養三明治」,在台東卻變成「美國油條」?!

管它叫什麼,好吃就好~此一外型類似Submarine Sandwich也符合三明治概念的美食,道地的台灣吃法必有炸麵包+美乃滋+滷蛋(有些店家用水煮蛋),其他配料則由攤販各自變化,實惠的銅板價,比起正宗Submarine Sandwich更是學生、小薪族的好朋友呢~

9.美國油條(アメリカン油条)

同じ物なのに、あるところでは「サンドイッチ」と呼ばれて、中部では「潜水艦バーガー」って呼ばれて、基隆で有名なのは「營養サンドイッチ」で、なんで台東では「アメリカン油条」になっちゃうの?!

まぁ、どんな名前だっていいだろ、美味しいからね~。この造形がSubmarine Sandwichに似ていてサンドイッチの概念にも合ってるグルメは、台湾風では揚げパン+マヨネーズ+味玉(ゆで卵を使ってるお店もある)が定番で、他の具は出店によって自由にアレンジされるよ!ワンコインで食べられるので、正統のSubmarine Sandwichよりも学生、薄給の味方だよね~。

8. 玉米濃湯

就像廣告說的「打個蛋花就好了」~多少人記憶裡媽媽的味道、好喝的玉米濃湯,就是要打蛋花呀。

有別於以炒麵糊、奶油為基底,不加蛋,所有用料摻作伙你儂我儂不分彼此的西式玉米濃湯,台式玉米濃湯講究的就是喝得到一粒一粒的玉米顆粒,還要有分布均勻的美麗蛋花,及熄火前用太白粉薄薄勾一層芡

飄洋過海來台灣,逐漸演化成道地台味的台式玉米濃湯,是台灣最常見的「西餐湯」,從早餐店、自助餐、夜市到台式西餐廳都有這一味,甚至在全世界的麥當勞裡,就只有台灣有賣玉米濃湯喔!溫歹丸郎對玉米濃湯的執著可見一斑!

8.コーンスープ

CMが言ってた「蛋花を作れば大丈夫」みたいに、多くの人の記憶の中のお母さんの味、美味しいコーンスープといえば、蛋花は必ず入れてるのだろう。

小麦粉とバターを炒めて、卵を入れず、全部のものを仲良くさせて濃く煮る洋式コーンスープとは違って、台湾式のコーンスープはコーンのつぶつぶを食べることができて、綺麗な蛋花もあって、火を止める前に片栗粉で仕上げる

遠い海の向こうから台湾に来て、台湾だけの味になってきた台湾式コーンスープは朝飯屋から、バイキング、夜市、台湾式洋食屋までこの料理は必ずある。全世界のマクドナルドで、コーンスープを売ってるのは台湾だけだよ!我々だいわん人はコーンスープに対する執着は伊達ではない!
※お湯の中に玉子を入れ掻き混ぜて、 花のようにふわりと開いたもの。

7. 古早味三明治

據傳由英國好賭貴族所發明的三明治,取其方便、速成之意,任何麵包夾陷的食物都可稱為三明治,前面所說的沙拉船/營養三明治/潛艇堡/美國油條亦是其一。

但這裡要講的是團購界的寵兒、台灣獨有的古早味三明治-看似平淡無奇的白吐司,抹上特調美乃滋,夾上堪比紙薄的蛋皮、哈姆,吃進嘴裡幾乎感覺不到餡料的存在,卻出奇地香甜爽口-這就是台灣古早味三明治的魅力!連香港人都要來台掃貨!


7.古き味サンドイッチ

イギリスの賭博が好きな貴族が発明したと言われるサンドイッチだけど、便利ですぐできるという意味で、パンで具を挟んだ食べ物はみんなサンドイッチと呼ばれる。前述のサンドイッチ船潜水艦バーガー營養サンドイッチアメリカン油条がその内の一つ。


けどここで言うのは共同購入のスター、台湾特有の古き味サンドイッチー一見普通のトーストに特製のマヨネーズを塗り、紙よりも薄い卵とハムを挟んで、口の中に入れたら具の存在を感じられないけど、甘くてほんのり美味しいーこれが台湾の古き味サンドイッチの魅力!香港人も台湾に買いに来るほど魅了されてるよ

6. 牛排

話說,歪果人吃牛排前得先梳妝打扮、衣著合宜,上桌後腿鋪餐巾、左叉右刀、小塊就口,萬不可大聲說話、瘋狂切肉(正式禮儀是切一塊吃一塊,不能全部切完才吃)、或因太美味咂著嘴呼噜作響……如此壓抑地進食,是否太不符合我們隨和奔放的民情?!


所以說,牛排來到台灣後,加入了各種島民優點:只吃肉咁會飽?幫你加個麵!這樣吃咁有營養?幫你加個蛋!冷掉了怎麼辦?就用燒騰騰的鐵板取代冷冰冰的瓷盤!穿上吊嘎、夾腳拖,隨時都能大口吃牛排,OK的~其他再附送什麼滷肉飯冰淇淋吃到飽、玉米湯喝到飽,都只是基本而已。

此外不可不提的,是台灣自產的牛排三寶:紅人A1(與美國的A1醬不同)、梅林辣醬油與B.B 美美辣椒醬-早期牛排店必備!是不少人童年的鄉愁~

6.ステーキ

外国人たちはステーキを食べる前には格好を整えて、足にナプキンを乗せ、左がフォークで右がナイフで、一口サイズに切って食べて、大声で喋るのは禁止で、肉を切りまくるのも駄目で、(正式の作法は切りながら食べるので、全部切ってから食べるのはダメ)美味しすぎてじゅるりと声を出してしまうのもダメで…食べるだけなのにこんなに堅苦しいのは、我々の自由奔放な民族性に合わないじゃないのかい?!

なので、ステーキは台湾に来てから、島民のいいところを入れてみた:肉だけで満足するの?麺も入れたよ!こんなので栄養足りてるのかい?卵も入れたよ!冷めたらどうする?冷たいお皿の代わりにアツアツの鉄板を使ったよ!タンクトップ、スリッパでも気軽にステーキを食べられる、OK大丈夫~他にアイスクリーム食べ放題や、コーンスープ飲み放題などは基本の中の基本なんだ。

あと言わないといけないのは、台湾発のステーキ3大調味料紅人A1、梅林辣醬油とB.B 美美辣椒醬ー早期のステーキ屋の必須品!多くの人の思い出だよね~。

5. 甜甜圈

劉志偉的著作《美援年代的鳥事並不如煙》中,用一大章節「甜甜圈的前世今生」鉅細靡遺描述了此一美式點心的在台發展史,包括Mister Donut與DUNKIN’DONUTS的二度對決、甜甜圈一路從「油炸小甜餅」、「多福餅」、「環餅」、「幸福餅」等叫法,最後因當紅卡通《小甜甜》而確立了「甜甜圈」的稱呼。

同樣是油炸麵包,傳統美式甜甜圈嚐起來接近蛋糕口感,台式甜甜圈則是蓬鬆不膩的軟式麵包,裹上滿滿白砂糖,幾枚銅板就能滿足心靈與口慾,是街頭巷尾最療癒的平民點心。

5.ドーナツ

劉志偉の著作≪アメリカ援助時代に遭ったことは忘れない≫の中では、「ドーナツの前世と現世」と長々と、Mister DonutとDUNKIN’DONUTSの強者対決も含めて、このアメリカンスイーツの台湾での発展史を書いてあって、ドーナツの台湾での名前は「油炸小甜餅」、「多福餅」、「環餅」、「幸福餅」から、アニメの≪小甜甜(キャンディ・キャンディ)≫がきっかけで「甜甜圈」という名前が定着したと述べていた。

同じ揚げパンなのに、伝統的なアメリカンドーナツはケーキみたいな食感で、台湾式ドーナツは柔らく膨らんだ油っこくないパンに薄い砂糖をかけたもので、コインだけで心も胃も満たされる、癒し系庶民おやつなのである。

4. 蒙古烤肉

蒙古烤肉非但不是蒙古人發明的,甚至也不來自蒙古!

由食客隨意取菜、肉、調味料,交由師傅鐵板快炒的蒙古烤肉,除有不少專門餐廳,許多Buffet也都有附設這樣的服務,讓顧客幻想自己馳騁在原始曠野中,豪邁地升起大火野性吃肉……

殊不知,蒙古烤肉其實是由原籍北京的相聲大師吳兆南在台灣發明的!當時因政治情勢敏感,不好取作「北京」或「北平」烤肉,只好天外飛來一筆?! 取作「蒙古」烤肉啦XD

4.モンゴル焼肉

モンゴル焼肉はモンゴル人の発明じゃなく、モンゴルからのものでもなかった!

客が好きな野菜、お肉、調味料を選んで、大将に任せて鉄板で炒めてもらうモンゴル焼肉は、専門のレストランがあって、ビッフェでもよく見かける。お客様に、モンゴルの高原で走り回って豪快に火をつけて野性的に肉を食べるというイメージを与える……

が、そのモンゴル焼肉はなんと北京出身の相声(漫才)ベテラン吳兆南が台湾で発明したものだった!当時は政治的に敏感だったので「北京」か「北平」焼肉という名前を付けられないから、奇想天外な発想で?!「モンゴル焼肉」にしたのであった~。

3. 薯條

身為台灣人,對地瓜的愛不容置喙~而台灣人最愛的薯條當然非地瓜製成的甘梅薯條莫屬啦~

地瓜薯條的好,除了美味,還比馬鈴薯薯條多了一分健康。最近知名連鎖速食店因美國馬鈴薯供應短缺,改賣起地瓜薯條,這讓網友決定自備梅子粉進攻!

3.フライドポテト

台湾人なら、さつまいもに対する愛は誰にも負けない~台湾人の大好きなフライドポテトは勿論、さつまいもで作られた甘い梅粉ポテトなんで~す。

さつまいもポテトは美味しい以外に、普通のジャガイモポテトよりも健康的。最近某チェーン店がアメリカジャガイモの供給が少なくなって、さつまいもポテトを売り出してきたのでネット上では自分で梅粉を用意して突撃する人も多くいるよ!

2. 漢堡

吃遍大江南北,類似美而美連鎖早餐店或南霸天丹丹的漢堡,才是台灣人心目中的王道漢堡!

理由一、有加蛋(台灣人到底多愛吃蛋XD)

理由二、有甜甜的美乃滋(美乃滋又出現了!!!)

理由三、別小看我們薄薄的漢堡肉,這可是國外吃不到,令多少異國遊子魂縈夢牽的好味道!

此外,台灣早餐店老闆包山包海的記憶能力,也是讓我們在品嚐超客製化漢堡之餘嘖嘖稱奇的一大賣點!

2.ハンバーガー

色んなところでハンバーガーを食べても、美而美朝飯屋チェーン店や南にしかない丹丹のハンバーガーがやっぱり、台湾人の中の一番!

理由1、卵を入れてる(台湾人はどれほど卵が好きなのw)

理由2、甘いマヨネーズがある(マヨネーズ!またお前か!!)

理由3、薄いハンバーグ肉も侮れないで、これは国外では食べられない、異国に旅する国民が夢にでも見るいい味なのさ!

他に、台湾の朝飯屋の店主さんの非凡な記憶力も、スーパーカスタムハンバーガーを食べてる最中に驚いちゃう売りなのさ!

1. 月亮蝦餅

咳,連泰國觀光局都說:泰國真得沒有月亮蝦餅!

真正來自泰國的金錢蝦誁(Tod Man Goong,見上圖),同樣以鮮蝦泥為主要餡料,經台灣人巧手調整,賦予一層米紙或春捲皮,還因其油炸前的外型起了個浪漫詩意的名字「月亮蝦餅」,從而紅遍大街小巷甚至整個華人世界,成為台灣人眼中美味的泰國菜,甚至因為太多觀光客到泰國想點月亮蝦餅,許多泰國店家也開始賣啦!根本是紅到國外去的台灣之光啊!

1.月亮蝦餅

ゴホン、タイの観光局も「タイには本当に月亮蝦餅が無いんだよ!」って言っている。

本場のタイからのTod Man Goongは同じくエビをメインの食材にしてるが、台湾人の工夫により、米で作った薄い生地や春巻きの皮などで包んで、その揚げる前の形からしてロマンチックに「月亮蝦餅」と名付けて、台湾で有名になって中華圏まで広げた。月亮蝦餅」を食べたいという観光客が多すぎて、なんとタイ本場でも売り出してきたという!国外まで広げていった台湾の誇りだなぁ~。
=============ここまでが翻訳=============

以上、食に関してのこだわりやカスタマイズは日本にも負けないぐらい台湾人の情熱は熱いと思いました。

そんな「台湾式」がいっぱいある中でも、個人的には台湾風のやつとは別で本場の味が食べたいという気持ちがありますね。まぁ、本当かどうかはともかく、台湾では「本場の味!」を売りにしてる店は実際多いですし、実物を見ても見た目は本家と大差ないし、味が台湾人の口に合うように微調整されるぐらい…だと思いますしお値段もお手頃で、台湾は本当にグルメパラダイスだなぁと感じてしまう…。(多分それも本場の外国から来た人が多いから店も多いため?)うぉ~お腹空いてきた。

広告
他32件のコメントを表示
×
台湾旅行案内の本にも載っていたけど台湾式のおにぎりも魔改造されているんだよな。
実際に食べてみたい。
35ヶ月前
×
ttp://i.imgur.com/QHp8nbZ.jpg

前回の記事が何故荒れているのか分からない人は上のURLリンクの改変前を見るといいよ。

原作(?)の形跡が殆ど無くなってご当地グルメになったオリジナル料理についてはいっぱいありますが、ここでは割愛します とか
独自に味や内容物などを改良したものもあります。異国料理という看板を掲げながら実際台湾で改造された台湾式料理なので、台湾式偽異国料理っていう風に感想を書かれています。実際美味しいですけどこれ台湾式やろ!ってツッコミを入れたくなっちゃう。台湾人もそれを承知の上で食べています。

とかこの記事では言ってるくせに日本の場合は要らない手を加える呼ばわりだからね
35ヶ月前
×
画像が無いのに旨そうなのはどうしてなんだ!!
台湾でも改造してる物があるのね、なんか安心した。w
35ヶ月前
×
この記事は台湾だけど他国から取り入れて自国アレンジするのは日本も多いよ
・・・というか日本のほぼ全てと言っても過言ではないレベル
でも日本も台湾も「○○から取り入れました」と明言するのが大事なんだよね

パクったくせにオリジナルと言い張るどこぞの蛮族国家はそこがダメなんだよ
35ヶ月前
×
>>36
はーーーーーー台湾人は日本が大好きで友好的ですよなんて印象を与えられてきたが結局のところは中国人となんらかわらないんだな
35ヶ月前
×
>>31
カレーはインドからイギリス海軍が持ってきて軍艦の中でも揺れて零れないようにとろみをつけたカレーが日本海軍に伝わったんですよ
35ヶ月前
×
>>36
いや、そんなもんじゃないですか?

正直なところ海外で寿司がカスタマイズされてるの見ると「いらんことするな」って思いますからね。
海外は海外で自分達に合うようにやってるんだって理解はしてますが感情としては「日本文化を侮辱してね?」ってなところで不快感がないとは言い切れないですからね。

日本は海外から入ってきた物をどんどん取り入れた上で工夫を凝らした日本の物に、もう少し言うならば基となった物よりも優れた物にするべく努力してると思いますし、それこそが日本の売りだと考えてます。
ただ、それも海外から見たら「文化を侮辱してる」ってことになりかねないですからね。まぁ、そう思われないためにも「優れた物にするべく努力」するんですけどね~
35ヶ月前
×
久々に良記事を見た。
台湾も政権が変わったから、領土問題はあれどどんどん日本と国交を深めていってほしい。
そして本場から台湾料理の料理人が日本に来てくれるよう・・・
35ヶ月前
×
日本人好みの味にしてるから日本では好まれるのであって
本場のキムチやパスタ、中国料理とかはなんだそれってなるわな
アメリカの紅茶やお菓子なんて日本の数倍甘いかまずいわ
35ヶ月前
×
みなさんのコメントありがとうございます!全部拝読しました。大変興味深い内容もあってうれしいです。

>>42
ありがとうございます!鼎泰豐など有名所だけじゃなく、台湾のB級グルメももっと知ってほしいですね~。

>>37
外部リンクには写真がありますよ!

>>36
いらないかもと思ったから()をつけたのですが、わかりにくかったでしょうかー。まぁ、もう消しましたけど。
考えは他の人のアドバイスにより変わるものですよ~。

>>21
台湾語では「台湾」は「だいわん」という発音ですので、誤植ではないのですよ!

>>4
「三商巧福」という台湾の牛肉麺家庭料理チェーン店が東京に進出してるらしいですよ~。
35ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。