殴り書き
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

殴り書き

2020-04-25 15:07
    スマホのPC表示で書いてますので色々失礼。
    殴り書きというか覚え書きです。

    ■次鋒戦

    白糸台、射抜きの傷を修正して阿知賀に文字通り一矢報いる
    但しレジェンドからその可能性を助言されていたため一射で切り抜ける

    お姉ちゃんの「赤い牌が集まる」は真の能力の副次的な効果に過ぎなかった
    その真の能力とは「他家の手牌を凍り付かせる」能力で
    阿知賀以外は全く手が進まなくなってしまう

    ■中堅戦

    一回戦で今まで無かった白糸台のラス親が来てしまい
    南四局で役満を和了するが連荘せずに終了
    部長とアコチャーは「収穫が一回だけなのでは?」と推測する

    二回戦は白糸台がラス親ではなかったが
    連荘が多く13牌全てが積込まれてしまう
    あわや地和かと思われたその時、
    白糸台の上家だった部長が九種九牌で流局
    実りを流された白糸台の一本場の手配はボロボロで
    逆に部長の大物手に振り込んでしまい中堅戦終了

    ■副将戦

    ネット麻雀はオカルトの入る余地が無く
    その力のない和が自分の力だけで戦うことができる場所であった
    しかし決勝戦にして遂にオカルトがあることを認め
    それと同時にそんな人達と対等に戦いたいとも願う

    その願いに「のどっち」が答える
    彼女の力は「あらゆる異能を無効にし平打ちを強要する」ものであった
    スキルを封じられた他家が苦戦する中、
    自身の麻雀を貫く和が圧倒するのであった

    ■大将戦

    四槓子和了

    ============

    全部判明するのは果たして何年後になるのやら…
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。