Minecraftマルチ鯖起動エラー解説 Error occurred during initialization of VM
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Minecraftマルチ鯖起動エラー解説 Error occurred during initialization of VM

2015-05-01 01:37
  • 4
最近様々な鯖で同じエラーがでているので解決方法を記載
調べたところ解説サイトがなかったので既出ではないはずなのですが
既出でしたらすいません
注意
1.この解説はJava8を使用します。
 ですので、1.7.10未満のバージョンの鯖では使用できない可能性があります
2.解説の手順はwindows7(64bit)の物で行います

Error occurred during initialization of VM
Could not reserve enough space for 2097152KB object heap

メモリを1GB(1024MB)以上割り当てようとするとこのようなエラーが出て起動できない
という方が大勢いました

共通点でいいますと、皆batファイルに記入していたパスが
C:\Program Files (x86)\Java\jre\bin\java.exe"
と、Program Files(×86)にあるJava.exeを開いていました
これが原因です
恐らくProgram Files(×86)にあるJava.exeから起動すると
1GB以上は割り当てられないようです(経験上)
※自分もJava初心者なので(×86)で割り当てられる方法はある可能性があります

~解決方法~
※これは解決方法の一つであり、他にも解決方法はある可能性があります
まず最初に ホームボタン+R で[ファイル名を指定して実行]を表示してください
[C:\Program Files\Java\] を打ち込み OK をクリック
そこにファイルが存在していれば削除してください
ない場合はスルーで
次にJavaをアンインストールしてください
コントロール パネル\プログラム\プログラムと機能
Javaをアンインストール
["C:\Program Files (x86)\Java]
にあるJavaのファイルを全て削除してください

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

こちらからWindows(×64)を選択しインストーラーをダウンロード
インストーラーを起動してインストール後再起動
そうすると
C:\Program Files\Java\
に  jre1.8.0_45 が作成されていると思います
1.7.10以上のCraftbukkit or Spigotを使用し、
batファイルの中身を

"C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_45\bin\java.exe" -Xms1G -Xmx2G -jar craftbukkit.jar ←ここにはファイル名を記入
pause

としてください
これで起動ができればメモリ割り当ての成功です


~なぜこうなったのか~
原因は恐らく?ですが
知り合いは皆、初期状態でJava(×86)しか入ってなかったようです
なので後からJavaをインストールしなおさなければいけない
というケースが多々ありました

~これでもできない場合~
表示されたエラーログで検索してみてください
自力で解決できない場合はお力になれるかわかりませんが
Skype : mmaron5 までコンタクト申請していただくか
自コミュの生放送に来て頂ければできるだけ対応します。





広告
×
かなり昔の記事ですが、失礼します。
この原因はJavaの32bit版を使用していることが原因で間違いありません。
32bit版は適当に検証した所、1297M(1329152KB)以上は駄目で、1296M以下から可能の模様です。
検証結果(?): http://pastebin.com/KKjXJd2R
これは32bitOSのための措置だと思われます(以下参照)。
http://paulownia.hatenablog.com/entry/20070921/1190353955
http://www.oracle.com/technetwork/java/hotspotfaq-138619.html#gc_heap_32bit
なお、32bit版では4G以上の指定は別のエラーで不可能の模様です。

要するに64bitOS上で64bit版Javaを使えってことですね。
30ヶ月前
×
>>2
あと、32bit版と64bit版は共存可能なので、以下のようにするだけでいいです。
0. (32bit版が既に入っていても良い[不要なので32bit版はアンインスコしても良いが,また32bit版を先に入れる事によって環境変数が32bit版のものになってしまうため、32bit版を入れたいならば先に入れる事を推奨])
1. 64bit版を 全オペレーティング・システム用のJavaのダウンロード(https://java.com/ja/download/manual.jsp )のWindows オフライン (64ビット)よりダウンロードし、インストールします。
2. 環境変数を書きかえる(現在は不要?,書きかえなくても可能?)。
もしくは、フルパス("C:\Program Files\Java\jre1.8.0_102\bin\java.exe")に書きかえ。
3. 起動。
基本は64bit版のを後にインスコしてあげれば大丈夫だと思われます。

あと、以下の文章は間違いでありx86つまり32bit版を指定してしまっているので気をつけて下さい。
"C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_45\bin\java.exe" -Xms1G -Xmx2G -jar craftbukkit.jar ←ここにはファイル名を記入
pause
正しくは以下です。
"C:\Program Files\Java\jre1.8.0_102\bin\java.exe" -Xms2G -Xmx2G -jar
(あとメモリ割当:Xms,Xmxは揃えておいたほうが良い)
30ヶ月前
×
javaのファイルが消去できません
26ヶ月前
×
>>4
今更ですが、java公式ホームページでDLできる、削除ツールを使えば消去も一括でやってくれます。ただ、終わったあと、取得しなおすか聞いてくるのは、使わず手動でやらないと、環境によっては、また32bit版が入るようです。by通りがかりってブログを参考にして助かった人
10ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。