4月MMD作業 その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

4月MMD作業 その1

2020-04-02 19:00
    4月MMD作業 その1

    【期間】4月2日~8日
    【曲名】(1)※秘密
        (2)静画につき曲無し
        (3)静画につき曲無し

    【内容】(1)ダンスモーション修正

    【記事内の静画モデル】ぽんこつ式勝生勇利、hoge式ベリアル、葉付き林檎(柿竹様)
        

    4月2日
    組み合わせオタク(参照用)が知恵熱を出しかけています。
    例え元が良くても組み合わせで台無しにする事ができる。ちまちまとやりながらそう実感していました。

    何の話をしているかというと背景です。
    せっかく理詰めで全部作っているのに背景となるステージをお借りすると意図がそこだけズレるのが気になって仕方がないのです。3か月ぶりにBlenderを開く時が来たのかもしれません。
    モデリングは相変わらず全然わからないけれど、納得がいかない動画を作ってまたモヤモヤするのは嫌なので重い腰を上げたいなあ(願望形)

    【補足】
    かといって、「こういうサイズでここがこうなってて三面図はこうで…」といった細かいビジョンが今の段階であるかというとそうではないんです。
    今回の物を作るにあたり、必要な要素を把握している最中です。


    4月3日 作業分

    【作業の内容】
    曲名(1)ダンスモーション修正

    【メモ】
    以下はあくまでも補間曲線を使えない筆者の自己流の直し方です(無駄な工程が出るのを恐れずにやっています。半面教師にどうぞ)
    640F 右肩既存キー上書き
    752F 一度保存、上半身既存キー上書き(別名保存)
    710F 右肩既存キー上書き
    752F 上半身再調整
    764F 上半身既存キー上書き
    521、541、552、590F、599、629F 右肩Pキー新規
    538F 右肩Pキー新規
    541F 右肩Pキー削除
    552F 右肩Pキー削除&調整して再登録
    0F 右肩Pキー新規、コピーして451Fにペースト(新規)
    647F 右肩Pキー新規
    629F 右肩Pキー削除(別名保存)


    以上を踏まえて、ここから昨日までのpmm(既存のキーフレームを一切弄っておらず、腕IKを途中まで両手とも打ったもの)に戻っての作業です
    640F 右肩P新規、コピーして0Fにペースト(新規)
    451F目に打つべき右肩Pキーの数値を473F地点で探し、一度打ってコピー&451Fにペースト。その際に473Fの元のキーは消す
    0F 右肩Pを微調整、先ほどの451Fのキーをなんとなく消す、元のキーフレームの配置を見て階段状になっている所を探す→478Fにとりあえず右肩Pを一度仮に打って登録

    ここから再生タイムに入ります(全く手を加えていない左肩との挙動の差を確認するため)

    メモのつもりだったのですっかり説明を省いてしまいすみません
    前提として、今直しているモデルさんの衣装には肩パッドが入っています。肩パッドありの肩の動き方で一番綺麗に見えるラインを探すのが今日の主目的になっています


    4月4日 作業分

    【作業の内容】
    曲名(1)ダンスモーション修正
    引き続き、モデルBの肩の調整作業です。左肩と右肩のどちらが正しいのか判別しかねる状況なので微調整を重ねながら探っていきます。

    【メモ】
    450F 0Fの右肩Pをコピぺ
    495F 右肩Pキー新規
    521F 右肩Pキー新規
    0F 右肩P調整、450Fにもコピペ
    478F 右肩Pを一度削除、調整し直して登録
    495F 右肩Pを一度削除、調整し直して仮置き、右手IK調整
    512F 右肩Pキー新規
    504F 右肩Pキー新規
    450Fの右肩Pを451Fに移動(450Fの元キーは消す)
    465F 右肩Pキー新規
    ↑ここのタイミングが気になるので以下調整
    472F ここのフレームは合ってるので右肩Pにとりあえずキーを打っておく
    465F 右肩Pキー削除
    451F~480Fの挙動が怪しい。一度、腕の軌道を正確に直します
    451F 右手IKキー新規
    495F 手IK調整
    451F~520Fを確認中。457~487Fがちょっと遅れる気がする。503~520Fの上半身と首が怪しい

    休憩がてら最初から再生。もうちょっとだけ肩の先端が上がった方が肩パッド感は出るよなあと思いつつ、破綻されたら元も子もないのでここまでのを一旦保存。別名のpmmにしてから肩を弄り直します

     0F 右肩P調整、451Fにもコピペ
    495F 右肩P調整
    504F 右肩P調整
    512F 右肩P調整
    521F 右肩P調整
    590F 右肩Pキー新規
    594F 右肩Pキー新規 少し様子見
    590F 右肩P調整
    ここは絶対に再現できないポーズの為、少しアレンジを加える必要があります。考え中

    薄々気付いていましたが上半身と首が見ようによっては全フレームアウトでした。上半身は完全にアウトというほどではありませんがやや気になるかなと。
    首はアウトです。直します。
    カメラでのごまかしに頼らず完全に全フレーム分直すならば、既存のキーを全部書き換える方法しか知識がありません(その辺の多段化はしていないもので)
    一括補正で何とかなるものならなってほしいけど多分出来なそう…推しへの愛で全キー手直ししたいと思います。

    【途中経過】
    検証用のpmmを設け、モーション作者様が体格差分として同梱して下さっていたvmdを流し込んで比較。
    …想定していなかった箇所に差が出てしまっているので正しい振付を再確認する必要がありそうです。大人しくミクさんに教えを斯う事にします。
    そして検証用ぽんこつ式勇利くんがとてもナチュラルでかわいい…。今まで知らなかったけれどこれカメラをちらちら見てくれるんですね(デレデレ)だがしかし横のも負けていない。甘辛で二度おいしいのが推しの魅力。

    ※久しぶりにナチュラルな勇利くんと遊んで実感した事のメモ。
    確かにこのお顔つきだったら、私も照明は真正面から当てる派だということに気づきました。
    普段モーフを好き勝手に弄りすぎて色々とわからなくなっちゃってるんですね。慣れは怖い


    4月5日 作業分

    【作業の内容】
    曲名(1)ダンスモーション修正

    昨日の検証用pmmを見ながら肩について相変わらず悩んでいます。肩は「ハ」の字型になる方がいいのかな…わからぬ…と言いながら検証用モデルさんにもモーフの数値を移植。
    検証用モデルさんが最終的な本番用になってもいいよう、準備をちゃっかりしています。

    極端なこの辺りがわかりやすいでしょうか。※腕については少し目を瞑ってあげてください

    左:肩の先端を上げる(正直別の所に目が行く…)、右:ハの字に近い。控えめな印象

    影の付け方はですね…違和感を足さないと雰囲気イケメンなのがバレるからです。言わせるな恥ずかしい

    真正面照明版

    これは勇利くんの性格を知っているか知らないかでも答えがわかれるんじゃないのかな
    一般的な成人男性の体格だったら左だと(私は)思うんです。でも勇利くんの控え目すぎる性格を考慮すると途端に右になる気がするのです。

    【途中経過】
    pmmの整理
    これ個人的に思い入れがある(珍しくカメラ付けで補間曲線頑張ったやつ)のでどうしよう。


    サンちゃんをそそのかすベリアル先生のパートとか別撮りで作ってました、懐かしい
    ここのテーマは蛇の甘言とリンゴ
    【モデル】
    hoge式ベリアル hogeさま
    葉付き林檎 柿竹さま


    差分2


    差分3


    脳内では副官ベリ。
    この後に入れる予定だったルシのシーンで力尽きた覚えがあります

    ※4月6日に書いていたものを別テーマとして扱う事にしました(むこうに転記したのでこちらは削除)


    4月7日 作業分

    【作業の内容】
    曲名(1)ダンスモーション修正

    そろそろうっとりループに区切りをつけて&ミクさんを召喚して修正を進めよう。


    非表示モデルが多いのでこのFPS値である。ここにミクさんを複数足しても大丈夫かはわかりません、MMDが落ちそう

    【途中経過】
    ミクさんを足しました(物理演算は流石に切りました)
    振付自体は検証用が近いのか…これ検証用勇利くんもう一つ別パターン作ってもいいですかね?よく見たら違うのでは?何故この時検証用が近いと感じたのかそこを洗い出す
    【途中経過2】
    勇利くんをもう一人別パターン足しました
    サイジングの際にすごくズレたっぽいです。何も手を加えてないやつが一番綺麗だし破綻も少ない
    一番最初にお手本にしたモデルさんについてはあれはあれで破綻してないしそれが正解なのかと思っていたけれど…。これミクさんを基準にしていいのかな、一応元の振り付け動画と照らし合わせつつ直します。

    追記:元の振り付け動画に一番近いのはやはり個人的にお手本にしたモデルさんでした(トレスモデルではない)
    追記2:改めてトレーサーさんご本人の動画を拝見してきました。最初にお手本にしたモデルさんの動きで合ってるようです。
    ※責任をとれないので明言は避けます。

    最初の勇利くんの腕IKを途中までしか打っていないから後半に惑わされて他が綺麗だと判断したっぽい?腕の軌道そのものは最初の勇利くんが近い。
    肩を弄るのをやめて一度腕IKを最後まで打とう。それから再び比較しなおします。
    こういう時にどの日のどのpmmに戻って作業すればいいか自分のブロマガを確認するとわかるので記録をつける事は大事だなと改めて思いました。

    ・以降、3月30日のとあるpmmに戻ってモデルBの腕IK
    ・4月に表情モーフを弄った気もするので最終的なモデルBの表情は4月7日のpmmから持ってきてください(自分宛てメモ)

    【途中経過3】
    皆さん本当に凄い…!私も頑張ろう


    4月8日 作業分

    【作業の内容】
    曲名(1)ダンスモーション修正

    引き続き、腕IK

    【途中経過】
    さてと、上半身をどうしましょう。反り方が勇利くんに合ってなくて、横から見た時にその上にあたる胸元が過剰に厚く見えちゃってるんです。
    破綻というほどではないけれど、モデルさんの見た目を気にしたい人なので気になる点。
    ちょっと数値を細かく確認しながら少し直してみて、その上で一括補正がかけられないかやってみましょうか
    追記:これカメラ付けてからの方がいいかな、それとも暫定で直しておくか迷う…
    追記2:y軸回転方向のみカメラ前に弄っても良さそうな気がする
    追記3:いや、y軸回転を弄ると胸元と下半身を結ぶ線が綺麗な曲線の形じゃなくなるのでそれはそれで人体の構造的に違う。さてどうする。

    私、モデラ―さんにずっと謝りたいことがあるんです。
    モデルさんのお顔の整形そのものは一切していないけれど、多分ご本人が意図していないモーフの弄り方はしてると思うのです。その自覚があるのでいつも心の中に後ろめたい気持ちがあって。
    これが「表情付けの個性」の範疇に入るかどうか、そのあたりが結構微妙な位置にいるなと思うのです。
    元のぽんこつ式勇利くんの圧倒的黄金比の可愛いお顔も大好きです。
    いつでもお叱りいただいて大丈夫ですので、お手数をおかけしますが見ていられなくなったらご連絡をお願いいたします。

    ※不安になったので推しMMDerさんに頂いた表情vmdのキーフレームを初めて見てみました(流し込むことはあっても、自分の中でその方とその作品を守りたくてキーフレームとその内容自体を見たことは今まで一度もありませんでした。ただただ守りたかったんです)
    不安が消しとんだどころか、えええ何だこれ!?!?頭の中どうなってるの…????
    強い、強すぎる。ますます尊敬の念が増した私でした。ありがとう推しMMDer様、貴方のおかげでめちゃくちゃ安心した。
    でも、モデラーさん的にアウトだと思ったら本当にいつでも止めてください。そこはお願いします。


    【メモ】
    ・上半身2と上半身が微妙に真っすぐ繋がってないのでそこを確認
    ・「走るビジネスマンの後ろ姿」等、その周辺のフリー素材が肩の参考になるのでメモ

    【途中経過2】
    モーフの破綻についてちょっと気になったのでお勉強タイム。
    よくわからない段階では絶対に混ぜるなということでOKですよね?ちょっとやり直し。

    【途中経過3】
    今回の議題のモーフAとB(具体名をちょっと伏せます)、明らかに駄目なパターンは自分なりに把握したつもりです。
    問題なのは破綻しきる前のやつでいいのかな。私を含め、イマイチ区別がつかない勢が主に手抜き目的で混ぜてるケース。
    正直0フレーム目にありとあらゆるものをぶち込んで雰囲気作るのがローカルでやる分には一番楽だもんね…過去の私が完全にそれだったのでわかる、今も正直やらないこともない。
    でも細かい仕上がりが汚くなるのは自覚してるので公開するものでは私は今後一切やめます。
    とりあえずAとBについては混ぜない事で了承しました。もちろん0フレーム地点でも混ぜない。私の場合はB系のモーフと、Aを別管理するのを徹底します。基本Aのみでやります。
    ※そのあたりの言及をしてくださっている各モデラー様方全員に感謝です


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。