• ありがとうAniPAFE2019

    2019-10-12 06:25

     どうも、MMF200といいます。たまにMAD作ってます。
    以前からMADを作って上げていたのですが、去年頃に投稿イベントがあるのを知り、その後ANIMAAAD等の方で数回参加させて頂きました。とても楽しかったです。
     そして今回AniPAFE2019でAniPAFEに初参加させて頂きました。ヤッター!

    ↓スパイダーマッ!

    (本当はもう一本上げたかったんですが、体調不良やらでちょっと作れませんでした。
    プレビューもままならないiphone以下のPCでなければ普通に作れていたんだろうなあ…(遠い目)


     そもそもこういったイベントの存在を知ったきっかけが以前ブロマガをあげた時にAniPAFEの主催のいはさんに頂いたコメントだったのですが、そこからとても精力的に活動されている方だと知り、イベントの過去記事や作品に触れたりする中で、
     自分の中でのMADという趣味について考えたり、今回参加させていただくまでの間に改めて色々な作品を見たり探したりするきっかけにもなったりと、すごく個人的な話なんですがいい影響や変化がありました…。本当にありがとうございました。
     と言っても自分には動画投稿での参加という形くらいでしか支援出来ることもないので、それだけなのですが、今後も機会があればぜひ継続的に参加していければと思います。


     これだけは言っておきたかった…。あとは自分の話なので蛇足です






     具体的には、
    イベント関連の動画などを見た後に、更にニコニコだったりYoutubeだったり国内のだったり海外のだったりと色々MADやAMVを見て、
    そもそも自分自身、MADの規制が厳しくなったのとゲーム実況の隆盛が同時に来た時期を通過して、そこから更に何年も経って、最近は大してMAD動画を見なくなっていたことに気付いたんですよね。ランキングにたまに上がったものは普通に見ていたけれど、少なくともタグから最新作を定期的にチェックとかは全然していなかった。

     それが色々触れたお陰で定期的に自分から(MADもそれ以外でも)好きなジャンルを探したりするようになったし、広い視野がないまま違うスタイルの動画に触れた時に感じていた、くだらない自分の偏見のようなものはすっかりお亡くなりになりました。

     そもそも作り方の方向性って自分が好きなものとそれ以外のものの二択だけではなくて、その間にはいくらでもグラデーションがあるし、どんなスタイルの動画でも上にいる作品は全部見てて気持ちいいし上手いものなんですよね。(その気持ち良さにも色々種類があるし)
    流行りのものは大したことのないものばかり!ではなくて、単に流行りのものは上手い人もそうでない人も沢山いるというだけの話で。

     一番は自分の原体験そのものでもあるし変わらないけど、好きの幅を広げていくということを楽しめるようになればそれ以外に囚われることもなくなっていくしで良いことしかないですよね。
     というか最近はアニメ漫画好きにとって辛い事件もあったりで、もうMADとか関係なくそんなに遠くない趣味の枠の中でそういう違いに拘ること自体がもう下らないなあと心底思い知りました…。

     だからみんな違ってみんないい、好きな作品に対して何か表現しようという行為は上手い下手とか関係なくみんな尊い。
     という当たり前にようやく自分の実感が追い付けるようになりました。よかった。
     ただしYoutubeで人のMADを無断使用したMADを上げてる外人!おめーはダメだ!

     …と自分が一人で勝手に長々~~~と考えたりしてただけの話なんですが、そのきっかけが頂けたので…ホントに…ありがとうございます…。
     (そもそもお礼は記事にコメント頂いた時にも返せれば良かったんですが、その反射神経を持っていなかったの正にコミュ障という感じですね…)






     文章を考える脳が疲弊してきたのであとは箇条書きで書いておきたいこと適当に書いておきます。 やりたいことやったもん勝ち青春なら


    ・動画が伸びて嬉しいけどそういう話出来る友達が誰もいねえ!→でも嬉しいからとりあえず文章にしよう! という感じで書いたのが前回のブロマガなんですが、結果他人に見せる意識の薄いものになってしまったため恥ずかしくてもうずっと見返していません(そんな記事に優しいコメントをくれたお二方には本当に感謝)。 そして今書いているこれも考えたら大して変わらないテンションで書いているのでおそらく同じ運命を辿ります。
     長文読んだりぶわーっと書いたりするのが好きなせいで動画の感想とかも砂糖と塩を大量に混ぜたみたいな感じでしか書けなかったのですが、この後にAniPAFEの投票文も書くので今回は反省を活かしてなるべく素朴でわかりやすいものを書くよう気を付けたいと思います!

    ・去年は動画投稿文にもうやめるかも…とか投稿文に書いていたんですが、その時そう書いてしまった理由の一つとして
    最近はもう「その時放送している作品かつニコニコで毎週無料配信してる作品」でもないとMADがほぼ伸びない=マイナスにはならないがモチベーションはほぼ出ない
    という感覚があったんですよね。(その前に一言でも一度だけでもコメントを貰えるのはほんとに嬉しいし、してくれる人は全員神様という前提はあるんですが)
    それがMADのイベントに投稿させて頂くようになって
    「再生数が三桁でもMADというものに価値を見出している人に見てもらえる」というモチベーションが別途発生したので、過去の作品のMADも上げるようになったし、むしろ以前より定期的に上げるようになりましたね…。ありがたい。。。
     それでも生活の中で色々厳しくなってしまったりした時は自然にフェードアウトしていくと思いますが、それまではなんとか少しずつでも作っていきたいと思うので、よろしくお願いします。
     というか9割フェードと色調補正しか使っていない自分のMADは時間全然掛かっていない方だと思うので、aviutilのプレビューをまともにしてくれないiphone以下のPCさえなんとかなればなあ…(二回目)

    ・最近はニコニコも総再生数は数年前のピーク以降下がり続けていたり、MADとか関係なく(実況でもない)以前なら絶対ニコニコに投稿されていたようなタイプの動画でも投稿者さんはYoutubeでしか上げていなかったり…という現場を見たりしていて、はっきりと落ち目ではあると思うんですが、
    ただ個人的にはYoutubeに投稿した時の
    「楽曲の自動認識→上げた瞬間即ブロックor削除」
    「許可されている楽曲の余りの少なさ」
    という点があまりにもシンプルにMAD動画を殺しにきているせいで諸手を挙げて歓迎とは言えないんですよね…。
     色々探し始める前YoutubeでMADを見ていた時に「音源が歌ってみたのものばっかりになったなー」とか文句言ってた頃があったんですけど、それは流行とか以前に「それ以外のものはほぼジェノサイドされた」だけだったという…。
     やっぱりそれに比べれば曲名を伏せたり音源一部カット等で割と見逃してくれるニコニコにはもう少し頑張ってほしいなぁとMAD投稿者として、あと昔楽しんでいた者としては思ってしまいます。というかなんでも一強寡占状態にすると地獄が始まる気がする!

    ・今回スパイダーバースで動画参加させて頂いたんですが、とても好きな作品だったというのに加えて、AniPAFEは日本語と英語のページが両方あったりととても開かれたイベントということで、アメコミだったり日本のアニメだったり色々な2D表現の技術が使われているこの作品はイベントにも割と合ってるんじゃないかなあ、みたいなことも考えてました。
     aviutlで細かく編集できるようになっただけで作り方自体はムービーメーカー時代からそんなに変わってないんですが、本編でぐっときた場面の感じがMADでも出せてたらいいなーと思います。

    ・最後に地球人類は全員プロメア見ろ!って言いたかったけどもう公開はほぼ終わってるし見る人はとっくに見終わってるだろうしそもそもうちの田舎にプロメアは来てくれなかったのでまず自分が見れてないしなんならPVまとめ動画上げたせいでみんなが「10回見た!」「20回見た!」「プロメア最高!!」って言ってるコメントを血涙流しながら見続けてました。

     ということで来年出る円盤を楽しみに待とうと思います。
     またしても日記のような他愛のない記事になってしまいましたが、
     もし最後まで見てくれた方がいたら、ありがとうございました!








  • 広告
  • 反応への感謝とかMADとAMVとか

    2018-11-21 01:142
    先日上げたMAD動画がランキングに乗りました。色々ありがとうございます。という記事です
    文章特に直してないので見づらいですが



    週刊のランキングにも載ってましたヤッター



     一回限りのつもりでなければ動画投稿文にクソ長自分語りを投げるなどという恥ずかしい事はしなかったんですが色々反応を貰えたので感謝にしろなんにしろこれはもう一回だけ書いておきたいなあと思ったので。
     (12/30日追記:文字数が多すぎて他動画へのリンクが貼れなくなってしまっていたので修正しました。というか既に想定の百倍くらいは見てもらえたと思うので。。)
     とりあえずこの記事だけ置くのにブロマガ作りました。特にこれ以降書くつもりはないのですがその分今回色々書いておこうかなーと
    分けておけば見たい人だけ見れますからねというあたりまえに感謝



    ・とりあえず感謝感謝
     投稿そんなにしなくなりそうですーって恥ずかしい長文と共に上げた動画が突然タグでマイリス一位になりフォロワーが3倍になり
    なんというかものすごい晒し首感があるのですが まあニコニコのランキングに一回載るくらいは別にそこまで大それたことではないと思うので大丈夫だろう
     とにかく見てくれた方反応くれた方ほんとうにありがとうございました 薄く広く感謝
    渾身の出来からの一桁マイリスとか「うんこぶりぶり」しかコメントが付かなかったみたいな体験は無駄ではなかったいや無駄だったかもしれない

     というか別に自分はどうでもいいんですよね
    そもそもMAD自体がグレーなのは分かっているのでいくら評価されても別の何かに繋げようとかなる訳でもないし、ボカロ曲のMVを一から作る技術みたいなものも自分には全く無いので

     だから何が嬉しいかといえば、MADやらOP集やらなんやらで過去の名曲や知らなかった作品の事を知って貰えるというのが一番ウレシイですね、自分が昔そうやって色々知っていったように

    (勿論「やっぱこれいいよな!」という改めての共感を貰えるのもうれしい)
     特にこのMAD見てGRIDMAN見始めたって言って貰えるのはありがたみの極み
    (そういう作りになったぞーと思ってても総合100位に入らないと知らない人にまではほぼ届かないし、ランキングに入れる初動を手に入れるのは無理だなーと感じていたので)

    ↑これが一番いいたかった
    いやーほんと ありがとうございます
    あとはリトアカのMADを上げてた時もそういうコメント含めて全体的に温かすぎてとてもありがたかった…

    リュオーン



    そんくらいですかね
     そして今回これは一度くらい調子に乗っとかあかんぞと思ったため前半後半でMAD一つずつの予定でしたが間にもう一個挟もうかという感じになりました 期待しないで待っててくれ!
    (自分の中で「自分のMAD同士ではあまり使うシーンを被らせない」という縛りがあるのですが、今回は無視だ!)





    ーーーーーーーーーー蛇足ーーーーーーーーーーー

    あと今までずっと自分の中では暗黙の了解だと思っていたけれど誰もそうだと言っているのを見たことがなかったのでもしかして思ってるのは自分だけか?と思い
    ちょっと自分の意見をまとめておこうかなと思ったんですが
    「MADとAMVの違い」
    という
    これだけなんですが

    自分はAMVとMADの違いは
    映像としての気持ちよさは共通として、
    MADには「作品を通して見た時の興奮の何分の一かを1曲に圧縮する」みたいな要素があるものと思っていて
    (なので自分の場合だとPV風に寄っていった感じ?
    ただ公式のものだと映像の合成だったり再生速度とかは恐らくいじれないのでそこはMADでしか出来ない動画を作れるポイントかもしれないですね)


    こういうのとか あとはOO放送当時ぐらいに出ては消えていったMAD達とかが自分の原点、というほど大したことはないけれど好きなアレなんですよ…
    THE MEANING OF TRUTH…トキノナミダ…

    要素のありなしなので、別にMADのが上みたいな話ではないです
    作品自体がオムニバス的だとAMV的な作りの方が断然合うんじゃないかなー
    (これとか宇宙一好きなAMV↓


    話がまとめられませんが
    なんというか
    ニコ厨だった自分の中ではこういう定義が自然と生まれてましたよって話ですね。
    そしてMADの語源を調べてみたら本当に自分勝手も甚だしい解釈だったというオチです!!
    おしまい!
    何年もやってると自然と言いたい事は溜まるもんですな!




    もう後は動画を作って上げるだけだ!
    見たければ見て、面白ければ面白がってくれればいい!
    ていうか地球人は今すぐ全員グリッドマンを見ろ!!君の氏名を思い出せ!!
    バイバイ!