Flooding感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Flooding感想

2016-07-14 03:05
    ついにゲッサンの4巻が発売しました。



    Floodingについて適当に書きます。

    ※個人の主観が強く入っています



    歌詞について

    初めて歌詞見たときにクレブルのストーリーそのまますぎて笑いました(いい意味で)。全部乗せるのはあれかなと思うんで抜粋して行きたいと思います。

    ”どうして”何度も問いかけたのは 交差した理由知りたかったから

    5人という少人数のユニットであるにも関わらず、意見や性格、そして体格、体力、歌声とほとんどにおいてバラバラ。なぜこの5人でユニットを組むのか分からないと言った志保の想いを表現してると思います。

    抱いた「夢」は終わらない
    僕のなかで静香を表しているキーワードが「夢」なんですよね。だからCatch My Dreamの歌詞にある「初めて夢中になった 夢の続きを見たくて」の部分と関連付けて、子供の頃に初めてアイドルになりたい!と思ってから中学生の今でもその夢は変わっていない静香のスタンスが見えるように感じられます。




    きっと出会いは革命
    なぜこの5人でユニットを組んだのか、交差した理由が知りたいと歌っていたAメロに対してここでは出会いは革命とまで言えるようになっています。志保だけに限らずメンバー全員の心境の変化があったのかな、と思います。





    https://twitter.com/masakierica/status/752713902660546560
    作詞者である真崎エリカさんがこういったツイートをしていました。これを見て僕も自分なりに共通するキーワードを探してみたのですが、それは「流れる、溢れ出る」ではないかと思われます。歌詞の中に
    flows (流れる)、叶えたい未来があふれて、overflow(氾濫する)、氾濫して今を運命に変えていくと言ったフレーズが出てくるので曲名と合わせて考えたところ、出会いによっていろいろなものが流れ、ぶつかり合って行き溢れ出て来た結果、Flooding(洪水)になっていく。と言った考察に行き着きました。



    まとめ
    とにかくFlooding良いです。優勝!w
    SSsと同じ人たちが作っていることもあり、特徴的な激しいギターソロであったり聞くと「あぁ、クレシェンドブルーの曲だな」と思えるようなところはさすがだなと。
    ゲームでクレブルがやっている時から考えると、漫画で新しいストーリーが描かれ、さらに新曲まで作られるなんて考えれられませんでしたね。

    まだアイドルに対して詳しくないので解釈が間違っているところもあると思います、そのことや感想などある場合はtwitter@mmk_FXまで送っていただけると嬉しいです。

    終わりです。ゲッサン2周年おめでとうございます。武道館行きてぇ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。