• Foursquareの機能分割アプリ、Swarmで自宅がバレバレ注意!!

    2014-08-11 13:36
    (記事下部に追記が2つあります -2014/08/18)


    チェックインといえばFoursquare!!
    色んなところへお出かけしたときに「今ここにいます!」って履歴を残したり
    口コミを入れたり、チェックイン回数でその場所のメイヤーを目指したりと、
    活用されている方は沢山いますね。

    最近の更新で、Foursquareからチェックイン機能が削除され(ボタンだけ残ってる)、
    チェックインをするのはSwarmというアプリを連携させなければチェックインができない仕様に変更されて不便になってしかも使いにくくレビューは大荒れです。





    ですが、問題はそれだけではなかったのです。
    このSwarm、アプリを起動していなくても勝手に自分の位置情報を送信して自分の周囲のスポット情報をどんどん集めてくれちゃうのですが、その時に、

    チェックインをしなくても「最後に見かけたのは:○○」という項目で自分の位置を勝手に更新してプロフィール画面に表示してしまうのです。
    (アプリを起動してなくてもバックグラウンド更新で勝手にアップデートしてくれるよ☆)


    (クリックで拡大)

    いやーこれには驚きましたw
    なにせチェックインしなくても位置情報を元に勝手にプロフィールに追加されているんですもんww

    しかもご丁寧に地名をタップすると詳細な位置情報の付いた地図まで表示できる


    (画像は加工してあります。 誤差数十メートルってとこ)

    鎌倉に僕が住んでいるのは公開している事実なのでそこまでならいいんですが、さすがに家の詳細位置までは危なすぎる・・・




    身内・友達同士で知り合い同士ならいいのですが、ネット経由だけで楽しんでいる方々にとってはこれは非常に危険!!
    おそらく一定時間ごとに現在値をアップデートしてくれるのでしょうが、そのせいで夜の時間帯とかにフレンドのプロフィールを開けば自宅らしき位置がまるわかり。

    お出かけしてるときも詳細な位置がまるわかりです。

    一応チェックインをすれば「最後にみかけたのは:○○」がチェックインした場所に変わるのですが、またほっとくといつの間にか「最後に見かけたのは:○○」にアップデート。


    さすがにこれはプライバシーも何もあったもんじゃない危険すぎる仕様変更?
    最近使ってなかったからいつからこの機能が加わったのかは僕は知りませんが、色々と危険すぎるので、適当な場所を検索してチェックインして(画像では鎌倉の自宅にいるけど東京駅駅にチェックインしたことにして)iPhoneの[設定]⇒[プライバシー]⇒[位置情報サービス]からSwarmをOFFにした上でアプリ削除でござい。


    ほんとにこの仕様変更は危険すぎるのでFoursquare、Swarmを使っている人が周囲にいる場合には知らせてあげるべきですね。

    くれぐれも悪用しないように


    くれぐれも・・・・(絶対トラブル起こるだろうなぁ・・・)


    ○追記(2014/08/11 14:28) 勝手に現在位置を送信しないようにする:

    (Swarm画面)
    (チェックをはずす)
    アプリ内の設定にバックグラウンドの位置情報送信に関する設定項目があるようです!
    ご指摘どうもです!


    (Foursquare画面)
    (チェックをはずす)
    この「バックグラウンド位置情報」の設定項目はFoursquareにもあるので忘れずにこっちもOFFにしておきましょう。


    ひとまずこれをOFFにしてればとりあえず裏で勝手に更新されることはないでしょうが、はたしてちゃんとやっている人がどれくらいいるのか・・・w


    ○追記2 (2014/08/18 16:18)

    アプリ設定から「バックグラウンド位置情報」とかをOFFにすると、
    ホーム画面上部が灰色に変わります。



    ここで、この灰色部分を横にスライドすると、
    また自動位置情報送信がONになります。


    (色がオレンジに戻り設定もONになります)

    もう一回スライドするとコレをOFFに戻せるのですが、


    「アプリが(閉じているときでも)バックグラウンド~~~」
    の設定はONに復活したままになりますので要注意を!!

  • 広告
  • Amazonほしい物リストで本名・住所バレをしない方法の備忘録

    2014-07-21 22:59
    突然ですが、8月2日は誕生日です!!
    ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

    ほしいものリスト: もちだって欲しいものが山ほどある!?
    にて、一覧がありますので心優しい方はどうぞ!w
     追加して欲しいアイテムがもしあればTwitterかコメント欄にどうぞ


    ここから備忘録↓↓

    さて、せっかくの誕生日、巷で流行っている「Amazonのほしい物リスト」機能を使ってのネット乞食行為の流行に乗ろうではありませんか!w

    ほしいものリスト: もちだって欲しいものが山ほどある!?

    にて誰でもこのリストの商品を送ることが出来ますが、ほしい物リストを作成する側からすれば、「本名バレ」「住所バレ」がかなり怖い所。
    Amazonのレイアウトも変更され、解説してくれている過去の記事も参考にならなくなっているので、本名バレ、住所バレ対策方法をココに記載しておきます。
    2014-07-21現在での情報です


    1.通常使用との混合を防ぐため、ほしい物リスト公開用アカウントを新たに作っておく。
     (これはやらなくてもいいんですが、安心の為にやっておくといいかも)
    2.登録する名前は本名でなくて大丈夫。
     登録してる名前と、都道府県までは購入者に表示されてしまうので受取人名とか登録する名前はハンドルネームとかにしておきましょう。
    3.住所の末尾、(「番地とかの後方)に「○○(本名の苗字)方」を追加する。
     受取人名がハンドルネームだと宅配業者が困るので、購入者には表示されないエリア(細かい住所の欄)に、「○○(苗字)方」を入れておきましょう。

     ここまでは基本設定。次が重要です。
     仕様として、Amazonが発送する商品については、「受取人名」と「都道府県」までしかリストからの購入者には見えないのですが、Amazon以外の業者が発送する商品は業者からの『購入確認メール』が購入者に送られてくるので、そこに詳しい送り先の情報が詳細に書かれているので住所バレが起きてしまいます。
     これはどうしようもないので、住所バレを起こさないために【Amazon以外の業者が発送する商品は購入できないようにする】設定をしましょう。

    4.ほしい物リストのプロファイル設定を変える
    4.1 作成したほしい物リストを開いて、↓ここの「リスト管理」をクリック



    4.2 ↓「リスト・プロフィールを更新する」をクリック


    4.3 「サードパーティ配送同意書」のチェックを外す(外れているか確認)

    5.「変更を保存」をクリックしておしまい
     ※この設定だとAmazon以外が販売元の場合、リストに表示されても他の人がプレゼント購入することは出来ませんので、リスト追加時にチェックしておきましょう。
     ※リスト追加時はAmazonが販売していても、在庫切れ等で販売元がAmazon以外に変わることがよくあるのでリストはこまめにチェックしましょう。


     これでリストから購入して下さった方に余計な個人情報が漏れる対策設定変更ができました!

    ほしいものリスト: もちだって欲しいものが山ほどある!?

    誕生日だし、どうぞよろしくお願いいたします!(しつこい)
    では!
  • デジタル ミレニアム著作権法によってGoogleの検索結果から除外された話

    2014-06-26 13:40
    どうも!
    最近乳糖不耐症になったのか、
    牛乳が飲めなくなってきた気がするもちでございます!


    さて、Googleの検索はとっても強力かつ便利ですが、
    その分著作権的にアウトなコンテンツも山ほど検索で出てきてしまします。

    DVD等の違法コピー、著作権保護プロテクトの解除なども問題となっており、
    アメリカでは「デジタル ミレニアム著作権法」という法律が2000年から施行されております。

    まぁとにかく『著作権侵害について故意・過失が無くても罰せられる無過失責任制』な為に、それをほう助するような事、今回の例だとGoogle検索なんかもその可能性が出てくるわけで、プロパイダさんなどは検索結果からそのようなコンテンツは除外する等の対処を取ったり色々したりしているわけです。


    で、本題ですが、何が除外されたのかっていうと前にここで書いたブロマガ記事

    湘南の海で月明かりとハニームーン!



    の冒頭で掲載している僕が自分で撮影した月の写真です。

     ←コレ


    なんとなぁくGoogle画像検索にてこの月の写真を検索してみたところ、



    ( Д )  ゚  ゚



    うーむ、月はよくあるモチーフだからほとんど同じ構図のDVDパッケージ画像とか写真集とかがあったのかしらね?

    クレームを確認 のリンクからその除外理由の閲覧が出来ますが、正直そこにあるリンクは違法アップロードされまくっているアニメコンテンツへのリンクとかばかりで引っかかりそうなのは最初の方に書いてある「DVDパッケージ画像」くらいしか思い当たらなそう。


    それかこの月の写真には写ってはいけないものが写り込んでいて強大なる権力によって消された可能性も捨て切れませんが

    そのうち自分で撮影した星空の写真で遠い国へ連れて行かれる可能性もありますNE☆!!



    皆様も星空の撮影には十分ご注意下さい