• 【アズールレーン】6話 「絆を繋ぐ、心を縛る」 感想

    2019-11-09 21:492
    >ワ< はうでい~♪

    今まで戦闘シーンが続きましたが、今回は日常回だそうです。
    まだでてきてないキャラクターもたくさん登場しそうですね。
    予告ではネバダ姉さんがいたけれどオクラホマちゃんもいるのだろうか…。

    6話を簡単に振り返りつつ、感想を書いていきたいと思います。




    もう1人のエンタープライズ

    ベルファストが現れて以来、エンタープライズの雰囲気は変わりつつあった。
    「オロチ」や赤城とセイレーンのつながりについて明石から情報を得る中、エンタープライズは、ふと「くろはこ」に触れる。すると突然目の前が光に包まれ、気が付くと一人海の上に立っていた。そこで彼女が見たものは、自分と似たKANSENの姿だった


    やっぱり悪堕ちするんじゃないか!
    食堂に顔をだして仲間と挨拶を交わしたり、不器用ながらもベルファストを気に掛ける様子を見て安心していましたが、悪堕ちフラグはまだ折れない模様。別人として登場するのかもしれないですけど、オォン!不穏な表情を見せた場面もあって不安は拭えないです。

    主人公組に関しては今回も進展しませんでしたね…。というか綾波ちゃんはまだしも、ニーミちゃんに関しては未だに仲良くなるきっかけがないんですが…。4人が仲良くなる展開はあるんですかね?OPでジョビリン・ラフィー・綾波の3人は仲良くしてるのに…あっ(察し)


    通称「コードG」。「プロトタイプ」とも呼ばれ、ゲーム内でも稀によく登場する。


    それぞれの想い

    戦いを終え、それぞれの日常へと戻る両陣営。
    町を歩いていた赤城と加賀は重桜の子どもたちと出会う。子どもたちを見送る赤城は「あの子たち、ずっと一緒にいられるといいわね。」と寂しげに呟いた。
    一方、エンタープライズは仲間たちの様子やベルファストの考え方から、船である自分の存在意義について模索しようとしていた。
    また、ジャベリン・ラフィー・ユニコーンは綾波と「友達になりたい」と改めて決意するのであった。


    (正直オクラホマちゃんのシーンしか頭に)ないです。
    赤城さんから髪飾り買ってもらって嬉しそうな加賀さんかわいい(迫真)
    幼稚園組と赤加賀のやりとりも微笑ましくて好きです。しかし小さい子のパンツもガッツリと見せてくるとは…饅頭はロリコンはっきり分かんだね。赤城さんの呟きに関してですが、天城姉さんがいた頃を思い出してるんでしょうか?きっとこんぺいとうは伏線(適当)

    エンプラさんは自分の存在意義を、戦い以外にも見出そうとしている様子。最初の頃にあった冷たい印象はだいぶ薄れてきた感じです。ベルファストさんの存在が大きく影響してるみたいですね。むしろ、「戦うために生まれてきた」「船と人は違う」といった考えを持っているエンプラさんが特殊というか…。ロイヤルだけではなくユニオンの子たちも、あまり戦いに固執している様子や「船」という意識はないように思えます。

    パンツの話で盛り上がり、胸で悩むことができれば、それはもう立派な人なのです。


    うおおおおおおおおおおお! 2年間続けてきてよかった…。




    おわり

    もう全部日常回でいいんじゃないかな。(迫真)
    冗談は置いといて、あまり話は進みませんでしたが、キャラ同士のほのぼのとしたやり取りが見られるのはやっぱり楽しいです。オーロラが薔薇を買っていたり、アクロリさんが鼻血をだしてお風呂に入っていたりと、キャラの個性がちゃんと描写されてるのは個人的に嬉しい。
    欲を言えば、鉄血の子たちの日常も観たかった…。

    現時点では黒幕であり、天城さんとの過去が気になる赤城さん
    ベルファストとの関わりにより、変わろうとしているエンタープライズ
    敵同士である綾波と「友だちになりたい」と決意するジャベリンたち

    今のところ、主にこの3人の視点で物語が進んでいます。
    話数的には半分が終わったところですが、そろそろ鉄血のリーダーやピュリファイアーちゃんがでてきそうな予感。
    「オロチ計画」やダークエンプラの存在はストーリーにどう関わってくるのか?ニーミちゃんはジャベリンたちと友だちになれるのか?
    7話も楽しみです。

    >ワ< パンツ!




  • 広告
  • 【アズールレーン】アニメ 4話 感想

    2019-10-25 20:065
    >ワ< はうでい~♪

    今回は重桜メイン回。
    重桜陣営といえば、ほんへでは敵だったり味方だったりと設定が変わりますがアニメではどうなるんですかね。特に明石や不知火ちゃんの立ち位置が気になります。

    4話を簡単に振り返りつつ、感想を書いていきたいと思います。




    メイド隊は偵察に

    アズールレーンとの戦いを終え、重桜に帰還した赤城たち。
    古鷹や加古、二航戦といったおなじみのメンバーが出迎える中、瑞鶴はグレイゴーストへのリベンジを決意する。
    一方、アズールレーン側は東煌の子たちからセイレーンの上位個体が動いてるとの情報を得る。セイレーンと重桜の関係を調査するため、ロイヤルメイド隊は重桜へ偵察に向う。

    序盤から重桜の子たちがぞろぞろ。
    1~3話では敵というイメージが強かったですが、こっちはこっちでみんな仲がよくて和みます。戦いなんかやめよう!馬鹿らしいよ!出迎えのシーンでは重桜の中での関係性が垣間見えてよかったです。夕立たちに懐かれてる綾波ちゃんなんか、見てて微笑ましい…微笑ましくない?
    エンプラさんはベルファストや他の仲間たちとまだ壁を作ってる感じですね。まぁこれからベルファストさんが優雅さを叩き込んでくれると思うから大丈夫でしょ。それよりも、エンプラさんはもっとおいしいもの食べて…(届かぬ思い)


    綾波ちゃんといい、この2人といいKANSENの変装技術はガバガバ でもかわいい



    オロチ計画

    赤城は長門に「くろはこ」(メンタルキューブ)についての報告をする。なにやら重桜の切り札である「オロチ計画」と関係があるらしい。計画の実行を躊躇する長門に対し、赤城は重桜の未来のためと説得をする。しかし裏ではセイレーンの一人、オブザーバーとつながっており、「オロチ計画」にはセイレーンが関わっていたのだった。


    セイレーンの影が薄いからときどき忘れちゃうんですが、重桜の目的はアズールレーンではなくセイレーン打倒なんですよね。アズールレーンとの争いは避けたい一方で、「オロチ計画」のためには争わなければならないという葛藤に悩む長門さま。完全に悪役ではないのが視聴する側としてはもどかしいところさんです。早くアズールレーンと協力する展開きてくれよな~頼むよー。
    そしてやっぱり黒かった赤城さん。ただ、セイレーンに協力しているというよりは自身の目的のためにセイレーンを利用しているという感じです。セイレーンの技術を利用してふね(KAN-SEN?)を建造してる様子なので、もしかすると天城さんが関係してくるのでは?と予想してます。
    あと、印象的だったのが瑞鶴と高雄のシーンです。グレイゴーストに敵わなかったことで己の力不足を気にしている瑞鶴でしたが、高雄がもう少し頼ってくれでござると仲間の存在を気づかせてくれます。この辺りは、力はあるけど独りで戦ってるエンプラさんと対照的だなーと思いました。また2人が戦うことがありそうな予感。


    最近なにかと出番が多いオブザーバーさん うれしそう



    「くろはこ」(と猫)の回収

    迷子になっていた明石は、オブザーバーと赤城が話しているところを偶然目撃してしまう。オブザーバーが口封じを図ろうとしたそのとき、明石の後をつけていたメイド隊の一人、シェフィールドがそれを制止する。応戦する赤城と加賀だったが、隙をつかれ「くろはこ」を奪われてしまう。その後メイド隊は、立ちふさがる高雄、綾波を振り切り「くろはこ」と明石の回収に成功する。


    ふざけた格好=ロイヤルという風潮、スカート履いてない人もいるし仕方ないね。二丁拳銃で戦うシェフィールドさんがかっこよすぎる…。普通に陸上で肉弾戦とかしてるから、元ふねであることを忘れてしまいます。
    ともあれシェフィたちのおかげで、「くろはこ」がアズールレーン側に渡りました。オブザーバーさんは「あと1個かしら」と言っていたので「オロチ計画」はギリギリのところで阻止できたってことでいいのかな。
    また、明石や不知火ちゃんの立場が気になっていましたが、明石はアズールレーン側に、不知火ちゃんは重桜側のままっぽいですね。
    あっそうだ(唐突)わたしはあまり作画にこだわらない方なのですが、この辺の戦闘シーンがカックカクだったのが気になりました。欲をいえばもっとなめらかに動いて欲しかった…。戦い方がかっこいいだけにおしいです。

    こ   こ   す   き





    おわり

    今回は重桜の子たちがたくさんでてきたので僕満足。重桜の目的もなんとなーく分かってきて、ストーリーは少し進んだ気がします。次回はエンプラさん視点に戻るのかな?
    回収した「くろはこ」に対してアズールレーン側はどう反応するのか、鉄血は何をしているのか、そもそもセイレーンの目的は何なのかなど気になることは沢山ありますねぇ!
    5話も楽しみです。

    オクラホマちゃんのでてくる隙がどんどんなくなってきてるような気がしてなりません(迫真)
    いつでてきてくれるのでしょうか?

    >ワ< あと二年…いいえ、あと一年、かならずアニメにでてみせる!

  • 今のプレイ状況

    2019-10-22 21:057
    >ワ< はうでい~♪

    「アズールレーン」について色々書く前に、自己紹介も兼ねて現在のプレイ状況を語っておきたいと思います。
    唐突な自分語りはホマ好きの特権


    古参だけれど、ガチ勢ではない

    アズレンをはじめたのはアプリが配信されてから1ヵ月後。
    それ以来毎日ログインをしてます。えらいね。
    約2年も続けられているのは、アズレン自体が面白いというのはもちろんなんですが、これがわたしにとって初めてのソシャゲであることも関係してると思います。

    ただ、プレイしてる期間は長いですがガチ勢というわけではないです。
    演習はいまだに大将止まりですし、艦隊戦力ランキングは「なにそれ?」状態です。
    スキルや装備に対する理解も「つよそう」「よわそう」というふわふわした感じです。
    キャラクターの能力があがるケッコンもオクラホマちゃんとしかしていません。
    当たり前だよなぁ?

    性能に関係なく自分の好きなキャラクターを育成したり、育成した艦隊でイベントを楽しんだりとマイペースに続けてます。
    そんな指揮官は多いんじゃないでしょうか。

    秘書艦はみんな大好きオクラホマちゃん



    開発艦がすべて終わる

    ついこの間、エンドコンテンツである特別計画艦の開発が終了しました。
    一期・二期それぞれ半年はかかったと思います。チカレタ…
    経験値稼ぎスキルや12章周回のおかげで、開発自体は苦じゃなかったです。
    ただ、どうしても特定の陣営で編成を組むことになるので、育成が不十分な陣営で開発をするときは大変でした。
    普段使わないキャラを使ういい機会になったので、このシステムは良かったと思います。

    強化レベル?竜骨?
    知らんな


    これって…勲章ですよ? 三期あくしろよ~


    残るは13章のみ

    まだやってないことといえば、13章の攻略とドロップ艦掘りです。
    はじめて13章に行ったときは、あまりの飛行機の数に「こんなの対応できるわけないだろ!ふざんけんな!(迫真)」となりました。それ以来行ってないです。
    仮に14章が実装されたらどうなるんですかね…。

    そろそろ本格的に攻略をはじめようと思っているのですが、対空特化の軽巡や、制空権に関わってくる空母が十分に育ってないんですよね~。
    このゲームはレベルの補正がけっこう高いので、最低でもLv110くらいはないとキツいんじゃないかなと…。開発は終わりましたが、当分は12章を周回にすることになりそうです。

    もちろん13章にはオクラホマちゃんを旗艦として連れていきます。(鬼畜)


    初13章の状況 なんてことを…


    おわり

    以上が現在のプレイ状況です。アズレンに関してあれこれ書く前に、わたしはこんな感じでアズレン楽しんでるよというのを伝えたくてまとめてみました。
    書いてると他の人のプレイ状況とかも気になるなる。

    次は、アニメ「アズールレーン」についての感想を書いていきたいなと思います。

    >ワ< ぶぃ~♪