MG ドワッジ とりあえず製作過程2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MG ドワッジ とりあえず製作過程2

2019-09-15 22:58
    組み終わって塗装~金属ハゲをつけるところまでやったのは前回まで。こんどはそこからいじってみました。

    使用した塗料はこちら。
    ドワッジのベース塗装
    MR.HOBBY Mr.color 溶剤系アクリル樹脂塗料

    金属ハゲ部分
    ガイアノーツ ガイアカラー009ブライトシルバー ラッカー塗料

    チッピングや汚し効果に使ったもの
    GSIクレオス ガンダムマーカースミいれふでペン<ブラック>ふき取りタイプ
    GSIクレオス リアルタッチマーカー リアルタッチブラウン1 ふき取りタイプ
    GSIクレオス ガンダムマーカー 消しペン 平芯 細字タイプ
    タミヤ ウェザリングマスター Cセット
    タミヤ ウェザリングマスター Dセット

    ↓パーツがこすれるところやふちになっている部分に塗装ハゲや錆の塗装をしていきます。
    塗装してある部分に上から墨入れペンを使うとペン先に塗料が詰まり、ペンがダメになってしまうのでスミ入れふでペン流し込みタイプでトントンと黒い錆汚れを塗っていきます





    ↓シルバーで塗った塗装ハゲはそのままだと違和感があるので錆が浸食しているように黒くふちを塗ったあとにリアルタッチマーカー・ブラウンでにじませながら赤錆っぽくしてみました


    ↓基本砂漠地帯の戦闘なのであまり酸性雨などの雨ざらしでの塗装ハゲはないかと思うのですが、夜間の湿気を含んだ海からの風など吹く場合もあるんじゃないか?と苦しい脳内設定を言い訳に塗装したベルト部分にガンダムマーカー消しペンでやってみた。
    結構、2~3回こするだけで下の塗装が溶けるので面白いように垂れさせられます


    ↓この足のこういう塗装効果をやってみたかった!脹脛のスカートに入ったタテの汚れをよくやっているドムに憧れていたんです。これはウェザリングマスターC アカサビを使い、伸ばす感じでこすって さらにウェザリングマスターDの赤焼けで少しグラデーションをかけてみました










    ↓バズーカのここの部分はスミ入れふでペンとリアルタッチペン・ブラウンをふき取りながらなじませて塗ってみました

    ↓土埃をかぶった感じはエアーブラシで。サンドブラウンを25~30センチ離して吹きかけて著色。上半身にも薄く吹きかけてみました。





    ↓で、こんな感じです。ドム系は重量感あっていいですね~!!
    これを機会にMGドムもつくりたいです!



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。