ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【クッキー☆SS】ぺらぺらロボットのぼうけん
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【クッキー☆SS】ぺらぺらロボットのぼうけん

2021-03-08 20:18
  • 1

 とある淫ク☆投稿者の電源の落ちたパソコン、
たくさんの素材が入ったフォルダの中から、
話し声が聞こえてくるでしょう。
 ひそひそひそ ぶつぶつぶつ……
 どうやら.aupファイルからのようです。
 ファイルの中では、美大落ちの絵で出来たブロックと、
同じく球形のオブジェクトが話をしていました。
「こんな薄暗いところはごめんだよ。すぐ隣に汚すぎるゲイポルノ男優の
BB素材もあるし、早くこんな所からおサラダバーしたいなぁ」
とブロックが言うと、
「僕たちまだ編集途中なのにね」
と球形の美大ボールが言いました。
「あーあ、早くAviUtlの所に帰りたいな」
とブロックとボールは、溜息を吐きました。
 すると、一番新しく保存されたばかりの足型のオブジェクトが言いました。
「きっとすぐに見つけてもらえるよ。僕の造形にはとても時間をかけていたからね」
「諦めるんだな」
上のほうから大きな声がしました。一番古株の魔理沙の絵です。
「あたしなんざもう半年もここにいる。つまり183さ。
次に編集意欲が湧くときに開いて貰えるかもしれないけど、
まあそれも運が良ければの話だな」
 すると、一番下にいたブロックが突然大きな声を出しました。
「そこの長いオブジェクト君、君歩けるんじゃなかった?」
「うーん。でも中間点の数値が変だから同じところを回っているだけさ」
 長いオブジェクト君はバレーダンサーのようにくるくる回って見せました。
 それを見ていたレイヤー1のブロックが、
「それじゃ、僕がグループ制御で動かしてあげるよ」
と言いました。
 「そうだ! みんなで一緒になればここから出られるかもしれない。
私たちが体になるよ」
 他のブロックが言いました。
「僕たち、目と腰になる」
美大ボールが言いました。
「そうすると……あたしは顔ってとこかな」
魔理沙の絵が言いました。
 みんなが一緒になると——
 ペラペラ3DCGのロボットが出来上がりました。
「さあ、フォルダから脱出だ!」
 カッタン カッタン
 カッタン カッタン
 ロボットは歩き出しました。
「おや? 広いところに出たぞ。
一体ここはどこだろう」
 見渡すと見覚えのある背景がありました。
「あっ、見ろよ。僕達が保存されてた所だ!」
と手が一群のフォルダを指さして言いました。
「よし、登ってみよう」
 そのときです。何かが近づいてくる音がしました。
 BBの墓場素材を分割するため、一時的に保存するフォルダでくすぶっていた、
77歳の肛門モロ感の親爺のクリーチャーBBです。
「みんな、隠れて!」
 美大ボールが叫びました。
 錐変形した美大ボールはナナチの前に転がり出ました。
 ナナチが錐に爪をたてると、鋭い角が突き刺さりました。
 んなぁ~(>人<)おっぱい焦燥感
 77歳の肛門モロ感の親爺のクリーチャーBBはあわてて逃げていきました。
「あー、よかった」
「さあ、気を取り直して出発!」
 フォルダの頂上目指して登り始めました。
 腕の素材はしっかりフォルダにしがみつきます。
 足の素材は一歩一歩足を運びます。
 カッタン ギ―
 カッタン ギー
 カッタンタン カッタンタン
 ぱあーっと目の前が明るくなりました。フォルダの頂上に着いたのです。
「わあ、ここだよ、ここだよ。僕が作られたのは」
 足のオブジェクトが言いました。
「あっ、思い出したぞ」
 魔理沙の顔が言いました。
「あたしゃ、このフォルダの中にいたんだ。
この中にはとても美しい声の持ち主達の歌がよく流れていて、
様々なファイルの中には美しい物語が詰まって、
ひろーい世界が広がっているのさ」
「へえー」
 みんなうっとりしました。
「覗いてみよう」
ぐっと身を乗り出したとたん——
 あっ!
 真っ逆さまに吸い込まれてしまいました。
「ここはどこだろう」
 バラバラになってしまったみんなは、
何が起こったのか分かりません。
 あたりはシーンと静まり返っています。
 そのとき——
「あっ、こんなところにあった!」
 と大きな声がしました。
 カーソルがみんなを摘まみ上げました。
「やったぞ。見つけて貰えたんだ」
「僕達また編集してくれるね」
 それからは、楽しい毎日でした。
 球形の美大ボールは美大ドラゴンの胴になり、
動画群の中でバッタバッタとビルを壊して回ります。
 錐変形した素材はベクターマシンの先端になったり、
美大バイクのハンドルになったり。
 足のオブジェクトは様々なロボット素材で
使いまわされたりします。
 美大ブロックは作者の大好きな声優達を乗せる
乗り物の材料として。
 そうそう、魔理沙の顔は生まれ変わって、
おもちゃ箱の素敵な顔になりました。
 みんなすっかり元通りです。
 ただ少しだけ変わってことがありました。
 時々電源が落とされ作者が寝静まると、
誰もいない部屋のパソコンの中から、変な音が聞こえてくるのです。
 カッタン カッタン
 カッタン カッタン
何の音でしょうね。


広告
×
 誰もいない部屋の机の下、忘れ去られた道具達、持ち主に見つけて貰うのを今か今かと首を長くしながら、
ビー玉や窓の取っ手が埃を被り、話をしています。
「みんなで一緒になればここから出られるかもしれない、僕が目になろう」
 ビー玉がそう言い、積木は胴、コンパスは足、画鋲が耳となり、
ちょっとへんちくりんなロボットが出来上がりました。
 カッタンカッタンとコンパスを軋ませながら、部屋の中を冒険します。
 
 柔らかな筆で描かれた部屋を背景に、可愛らしいロボットが崩れそうになりながらも、
一所懸命に歩く姿はとても画になり、読んでいてとても癒されます。古い絵本(もう絶版かな?)ですが面白いです。
めいさく(デケデケ)。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。