演歌風音源についての考察 その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

演歌風音源についての考察 その2

2015-04-06 17:30
    どうもー。おふとんPですよー。
    先日のリストを元に録音してみた感想とか色々言おうと思います。


    ●おふとん式演歌風音源の構造
    僕のリストは、まず巽式8モーラCVVCリストの改造版で基本の音素を収録し、追加リストで特殊語頭音素(こぶし音素)を収録、最後に特殊ロングトーン(口の開きを変えつつのロングトーン)を収録して終わり、という形です。

    ●基本音素について
    ほとんどただのCVVCです。ただ、最初に特殊母音を録音します。これは、「『かんぁ』ぜにふかれて…」のような間に「ん」を挟むような連続音です。某V系風音源さんの発音にも似ていますね。演歌の場合、「ん」がもっと鼻にかかるイメージですが。
    それ以外は演歌「っぽく」録音すればなんとかなると思います。

    ●こぶし音素ってなんぞ?
    お恥ずかしながら、自分もこの「こぶし」の定義をよくわからず言っておりまして、「演歌特有のがなりのあるアクセント」だと思っていたのですが、調べた所「一音の中での音程の細やかな揺れ」を差すようです。これからは「こぶし音素」ではなく「がなり音素」と呼ぶべきですね。ちなみに、濁音までは録りますが、拗音は省略しています。「に"ゃ」とかほぼ使わなさそうですし。

    ●特殊ロングトーンってなんぞ?
    前述の通り、口の開き方を変化させつつ録音するロングトーンです。響かせ方を変える、とも言えるでしょうか。サビの最後などで「あぁ~~~~~…(「あ」の音だけど口が閉じていく、鼻にかかっていく)」のような表現をできるようになります。

    ●動画にないが、録るべき音素
    まず「巻き舌音素」が欲しいですね。氷川きよしはズンドコ節で多用してましたが、ドスの効いた発音を再現するときにあるとかなりいいです。

    ●そのリストはどこにありますか?
    こちらになります。→ おふとん式演歌風音源リストproto3

    ●この音源使ってみたいです
    原音設定全部出来てないものしかありませんが、興味のある方はお使いください。
    薪宮風季 開発コード「enka_proto2」
    もしこの音源で動画を上げる際は、上の動画を親作品登録していただけると嬉しいです。twitterより確実なので。

    ご意見ご感想などありましたら、記事のコメント欄にどうぞ。では。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。