ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【遊戯王OCG】幻獣機デッキレシピ【2019年1月リミット・レギュレーション適用】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【遊戯王OCG】幻獣機デッキレシピ【2019年1月リミット・レギュレーション適用】

2019-01-13 09:29





    【前書き】
    前回投稿後、サモソが禁止となり、幻獣機の展開もやや苦しいものになりました。
    「ああ、パワカに頼ってたなぁ…」と痛感。

    展開についていろいろ困っていたところに、
    「プラチナガジェット」が登場し、やや展開力を取り戻しました。

    しかし相変わらず「リンクをするとトークンか効果モンスターがいなくなり、大型エクシーズがしにくい」という問題を抱えているため、
    リンク召喚後にトークンを生み出せる幻獣機専用リンクモンスターが欲しいですね。

    あと、テンペストが釈放され、幻獣機では当然採用です。
    オライオンを手札から捨てられる上、ランク7エクシーズの補助もできます。
    また禁止に入れられた時にパワカに頼ってたなぁ…ってなりそうですが、
    とりあえず使えるものは使っておきましょう。

    【前回記事からの変更点】
    ■メイン
    ・パンクラトプスを3→0
    強いことは強いんですが、後述する「一族の結集」との兼ね合いや、
    メインにいれる幻獣機を増やしたかったことから抜きました。
    枠さえあれば入れておきたかったのですが、仕方ない。

    ・ベイゴマックスとタケトンボーグを1→0
    あまり出張要員を入れたくないというそれだけの理由で抜きました。
    (記事を書いてる最中に、デッキパワーとして抜く必要があるのか自問自答した結果、抜く必要はないと思ってしまいました)

    ・ハムストラットを2→1
    初動に手札に来て腐る場面が多かったので1枚に減らしました。
    ちょくちょく1枚~2枚を行き来します。

    ・テザーを2→3
    テンペストが戻ってきたことと、リンク召喚との相性が良いと考えた結果、
    3枚に増やしました。
    便利なカードなので、増やしても重さも感じず活躍してくれます。

    ・コルトウイング、ハリアードを1→2
    こちらも「一族の結集」との兼ね合いで枚数を増やしました。
    蘇生手段を増やしたことで、コルトの発動機会も増えます。

    ・ジェットシンクロンを1→0
    アクセルシンクロンを抜き、あまり活躍する場面がなくなったので抜きました。

    ・テンペスト、ライトニング、デルタフライを0→1
    テンペストのサーチ先としてはチューナーでレベル変更できるデルタフライを採用。

    ・マシンナーズ・フォートレスを1→2
    テザーと緊急発進を増やしたので、展開しやすくしました。

    ・サイバース・ガジェット
    ガジェットで(プラチナガジェット意識)
    トークンを生成できて、
    オライオンや増Gを吊り上げられるので採用。
    何度か回した感想としては「プラチナガジェットでお得感があるけど、別にいなくてもいい」程度です。近く抜ける可能性があります。

    ・緊急発進を2→3
    緊急発進で大量展開するのが幻獣機の醍醐味の一つなので、
    枚数を増やして引きやすくしました。

    ・デビルズサンクチュアリを0→2、ワンタイムパスコードを3→1
    ワンタイムパスコードを3枚入れていたのですが、
    手札に複数枚来て困る場面が何度もあったので、
    発動制約のないデビルズサンクチュアリを2枚にして、
    ワンタイムパスコードは手札に被らないようにしました。

    ・ハーピィの羽根箒、リミッター解除を1→0
    枠がなかったので泣く泣く抜きました。

    ・一族の結集を0→3
    幻獣機に足りない展開力の補助のために採用。
    破壊に強いのも魅力的。
    チェーンでトークンを出して破壊を防ぐ~みたいな使い方ができないので、
    そこは悩みどころ。

    ■エクストラ
    ・サモンソーサレスを1→0
    禁止なので

    ・スカルデッドを1→0
    サモソからの最終的な出し先として使っていましたが、
    サモソが禁止なので抜きました。

    ・プラチナ・ガジェットを0→1
    新規カード
    手札から4以下機械族をリンク先に特殊召喚できる。
    展開力が不足している幻獣機にとっては嬉しい新規リンク
    素材も機械族2体なので、簡単に用意できます。
    ハリファイバー+オライオンで出せるので、
    手札の幻獣機次第でいろいろな動きができるようになります。

    ・ジャガーノート・リーベを0→1
    新規カード
    正直いなくてもいいんじゃないかな~とは思いますが、
    かっこいいので採用してます。
    この枠はヤクルスラーンとかでも全く問題ない気がしています。

    ・魔剣ダーマを1→0
    元々は墓地除外でDDRの展開につなげるためなどに利用していましたが、
    テンペストもいるので、その役割はテンペストに担わせることに。
    そのため、便利なシンクロなのですが、抜きました。

    ・アクセル・シンクロンを1→0
    空中補給を抜くと出す機会が激減したため抜きました。

    ・クリストロン・グリオンガンドを0→1
    インパラの効果で、手札のオライオンとレベル4幻獣機とシンクロできると知ったので、
    採用してみたところ、出す機会はかなり多く、活躍もしてくれました。

    ・シューティング・ライザー・ドラゴンを0→1
    墓地肥やし用です。

    【最後に】
    まだリンク召喚のシステムとの兼ね合いでかなり不自由さを感じるカテゴリになってしまっていますが、まだまだ爆発力はあります。
    先日登場した「落消しのパズロミノ」の登場でヤクルスラーンも出しやすくなり、
    別構築もできそうだな~とリンクのカードプールが増えるたびに検討を続けています。

    また幻獣機の新規カード増えたら記事を書こうと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。