録画&編集環境
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

録画&編集環境

2016-01-05 18:51
  • 3
前に録画環境を知りたいというリクエストがあったのでこちらも。


- キャプチャーソフト -
◆Open Broadcaster Softwer(OBS)
配信でも使っているが、録画でも使える。


- 編集ソフト -
◆Aviutl
◆ゆっくりMovie Maker

- OBS設定&プリセット -
◆エンコード・ビデオ
エンコーダ x264
CBRを有効にする:Off
映像の品質:8(10でも良いと思うけど重い)
特定バッファサイズを使用:Off
ビットレート:4000

◆エンコード・サウンド
コーデック:AAC
ビットレート:48
フォーマット48kHz
チャンネル:stereo

◆ビデオ
配信映像:1920x1080
解像度の縮小:1.50 (1280x720)
フィルタ:バイリニア(最高速)
FPS:30

◆詳細設定・ビデオ
x264のプリセット:veryfast
エンコードプロファイル:main
CFRを有効にする:Off


設定の細かい部分はあまり気にせずいじってるので、最適とはいえないかもしれませんが、参考までに。
以前使っていたPC(i5-2500K)用のセッティングなので若干画質おとしめです。

動画の録画~編集までの段取りですが
1. OBSで録画する
2. 録画した動画にAviutlでタイマーの字幕をつけて、UtVideoCodecを使ってAvi形式に変換
3. ゆっくりMovie Makerでbiim式UIを作り、aviに変換した動画を挿入。
4. ゆっくり音声編集
5. できたプロジェクトファイルをAviutl対応方式に出力、Aviutlでプロジェクトを読み込む
6. 画像とか動画とかいれる
7. エンコして終わり!閉廷!

って感じでやってます。部分的にカルア兄貴のやり方(ar643900)を参考にしています。感謝!
最適な方法とかあまり考えてないので、より便利で手早いやり方があるかもしれません。
OBSは配信のみならず録画で使っても良画質で軽く、できあがったファイルサイズも40分録画して170MBぐらいでした。
なのでハードディスクにもCPUにもやさしいと思います。
動画は、OBSでは1280x720の解像度で録画し、それを856x480のavi形式に出力、その後ゆっくりMovie Makerでちょうどいいサイズに縮小して使ってます。
広告
×
くっそありがたい記事誇らしくないの?
OBSで録画なんですねぇ・・・便利なツールや。

nVidiaShadowPlayで録画(1920x1080)→HandBrakeで固定フレームレートに変換→YMMでゆっくり音声字幕付け→Aviutlでカット、BGM編集、解像度縮小(1280x720)をしています。YMMでカットするとなんかおかしくなるんだよねぇ。

biim窓は大変そうだと思った。(konami

参考になります。
49ヶ月前
×
お、動画の解像度1280x720で投稿してるんですか?
自分は勝手に854x480じゃないとダメかと思ってました。そっちの方が画質きれいにできるのかなぁ?
ニコニコは色々制約が多くてよくわからんですね。
49ヶ月前
×
わかりやすくて助かります助かります
自分も動画作ろうと思ってPCの勉強中なんで動画編集の時の参考にさせてもらいますね
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。