• マイステ クイック版 Microstate-quick- ver2.00

    2020-10-01 23:46
    ■簡易ゲーム概要

    ★詳細ゲーム内容








    Copyright © 2020/10/01 kounn All Rights Reserved.

  • 広告
  • お手軽!5分のカードの奪い合い『ドラタレ』!

    2017-10-22 16:13

    ドラタレ DRAFT TALENT

    製作者 行雲(こううん)

    人数        2~4人
    年齢        8歳以上
    時間        5分程度
    コンポーネント 人材カード18枚
    インスト時間  5分程度
    ルール      カード奪い合いのポイント制ゲーム


    3行で説明1 12種のカードで戦闘や特技で相手カードを奪え!
    3行で説明2 非公開のカードは推測して言い当てば奪える!
    3行で説明3 戦闘点or勝利点を4枚以内で11点以上にしたら勝ち!

    物語
    舞台は中世欧州、各地の諸侯は先の大戦の条約により
    完全な主権を承認された
    しかしこのままではまわりの帝国に飲み込まれてしまう
    人材を周りの諸侯から集め強国を建国しなくては…
    という羊達のごっこ遊びである

    ゲームの準備
    ①カード18枚を裏向きのままシャッフルする。

    ②各プレイヤーにカードを裏向きで2枚ずつ配る。

    ③相手プレイヤーにカード内容を見られないように自分のカード内容を確認する。

    ④余ったカードは裏向きのままプレイヤーの中心に置き、これを山札とする。

    ⑤スタートプレイヤーを決める。
      (最近どら焼きを食べた人がスタートプレイヤーになる)
      ※もちろん他の公平な方法で決めても良い。

    ⑥スタートプレイヤーから時計回りの順番で、
      配られたカードから必要のないカードを好きな数だけ山札の隣に裏向きで置き、
      裏向きで置いた枚数だけ山札からカードを引く(1回まで)
      ※ 必要ない場合はしなくて良い。

    ⑦全てのプレイヤーが⑥を終えたら、山札と山札の隣のカードを
      裏向きのままシャッフルし、再度プレイヤーの中心に置く。

    ⑧各プレイヤーが自分のカードを確認できたら
      場札として裏向きで手前に置き、準備完了。
      ※自分の場札はいつでも確認可能。


    ゲームの流れ
    手番開始

    場札交換
    (1ターンに1度場札を1枚捨て、山札から1枚非公開で場札に加える)
    ※必要ない場合はしなくて良い。

    行動フェイズ
    (戦闘、特技、指名、同盟の内1つ選択する)

    手番終了
    (勝利条件を満たすまで繰り返す)

    基本ルール
    戦闘、特技、指名、同盟により
    公開したカードは場札として自分の手前に置く。

    場札が1枚以下になった場合、
    即座に場札が2枚になるように
    山札からカードを非公開で場札に加える。

    場札が5枚以上の場合、手番終了時4枚になるように
    カードを捨て札に置く。

    最後に山札を引いた時、5枚目の場合は捨て札に置かなくて良い。

    奪うとは公開されて場札に加えるということである。

    捨て札は表向きにし、いつでも確認できる。

    行動一覧

    4つの行動の中から必ず1つは行動しなければならない

    戦闘
    ①プレイヤーを指定し戦闘するカードを場札から1枚公開して出し、
      特技を発動できるものは発動する。※狙撃手や裁判官等

    ②指定された側もカードを場札から1枚公開して出し、
      特技を発動できるものは発動する。出さなかった場合は敗北する。

    ③戦闘の数値が高いカードを出したプレーヤーは戦闘に勝利し、
      敗北した相手のカードを1枚選択し全体公開して奪う。
      ※同値の場合は戦闘を指定した側が勝利する。

    特技
    自分の場札からカードを公開するか、自分の公開されたカードを
    選択することにより、特技を1度発動する。
    特技を使用したカードは、次の手番に特技を使用することができない。
    ※特技を使用し終えたカードを奪った場合、次の自分の手番に
      その奪ったカードの特技を使用できる。

    指名
    非公開の相手の場札1枚か、山札の1番上のカード1枚を
    言い当てた場合、そのカードを奪う。
    外れた場合、山札の1番上のカードを公開して捨て札に置く。

    同盟
    自分の場札に同名カードが2枚ある場合、
    山札からカードを1枚非公開で場札に加える。

    勝利条件とゲーム終了について
    ①場札のカードの勝利点か戦闘点の合計が11点以上の場合、即座に勝利する。
    例 ○ 騎士 騎士 蛮族 盗賊 (戦闘点合計 3+3+3+2=11)
       ○ 貴族 商人 商人 僧侶 (勝利点合計 4+2+2+3=11)
    ※気付かなかった場合、勝利扱いされない。
    山札が0枚になった場合、ゲームが終了する。
      ゲーム終了時、勝利点が1番高い人が勝利する。
      同値の場合はスタートプレイヤーから反時計回りに近い同値の人が勝利する。

    特殊ルール
    ゲームバランス上のおすすめルール。

    ★ルール『一晩の警戒』
    2人戦・ゲーム停滞対策におすすめ!
    相手のカードを奪った次の自分の手番は、
    あらゆる相手のカードを奪えない。
    ※相手のカードを奪った次の自分の手番は、
      山札に指名・踊り子や墓掘人の特技等で
      カードを得るしかない。

    ★ルール『あの羊達をもう1度』
    4人戦・長期プレイにおすすめ!
    山札が0枚になった場合、ゲーム中に
    1度だけ捨て札をシャッフルし山札にする。




    カード一覧

    戦闘点 3 勝利点 3 枚数 2
    特技 無し


    戦闘点 2 勝利点 0 枚数 2
    特技 狙撃手以外の戦闘するカードの戦闘点の数値を+1する
    例  場札に狙撃手、戦闘の場のカードが騎士の場合 
        騎士の戦闘点3+狙撃手の効果+1で 騎士の戦闘点が4になる
    ※   このカードは戦闘中にしか使用できず特技として行動を消費しない
    ※   戦闘中の戦闘点+1は勝利条件①に含めない
    ※   2枚ある場合2枚とも使用可能


    戦闘点 0 勝利点 2 枚数 2
    特技 相手を指定し相手は任意のカードを1枚公開して渡す
    ※  渡すカードは非公開のものでも良い


    戦闘点 3 勝利点 0 枚数 2
    特技 相手を指定し公開されている戦闘点0のカードを1枚奪う


    戦闘点 0 勝利点 3 枚数 2
    特技 相手を指定し公開されている勝利点0のカードを1枚奪う


    戦闘点 2 勝利点 0 枚数 2
    特技 自分よりカード枚数が多い相手のカードを公開して1枚奪う


    戦闘点 0 勝利点 2 枚数 1
    特技 裁判官以外の戦闘するカードは戦闘点の代わりに勝利点で戦闘をする
    例   場札に裁判官 戦闘の場に自分が貴族、相手が巨人の場合
        勝利点で戦闘するので貴族勝利点4>巨人勝利点0で巨人の負けとなる
    ※   このカードは戦闘中にしか使用できず特技として行動を消費しない


    戦闘点 0 勝利点 2 枚数 1
    特技 指名を2回行える
    ※   指名は同じもの連続指定しなくてもよい 
    例   1回目 プレーヤー1 2回目 山札の一番上


    戦闘点 4 勝利点 0 枚数 1
    特技 無し


    戦闘点 0 勝利点 4 枚数 1
    特技 無し


    戦闘点 2 勝利点 0 枚数 1
    特技 捨て札のカードを選択し公開して1枚得る


    戦闘点 0 勝利点 2 枚数 1
    特技 山札の1番上のカードを非公開で1枚引く

    11/30 説明文更新

    Copyright © 2017/10/22 kounn All Rights Reserved.





  • BET構築読みゲーム 『コロタスギャンブル』 調整中

    2017-10-03 18:27



    コロタスギャンブル


    制作者 行雲(こううん)
    インスト5分 プレイ時間15分くらい プレイ人数2~4人(適正人数)
    必要なもの excel 同時に書き出しできるツール(チャットできるもの) ※GM必要無し

    概要
    プレイヤー全員で0か1を選択し一斉に開示し足した数値分ルーレットが回る
    その場の当たったBETで配当を得るゲーム

    勝利条件
    20億を得る

    用語

    億    金の単位 勝利点であり消費財

    BET  ルーレットが当たった場合に配当される的
         ゲーム開始時に黒か赤か数字1つを得られる
         増やす場合はターンプレイヤーごとに1回だけ
         配当分の億を払うことでBETを増やせる
         また重複させることも可能 
         例 黒*2の場合当たると配当4億
         ※BETは永続的に残り当たった時に失うものではない

    バースト ルーレットが0に止まるかプレイヤー開示の合計値が0の場合
         億が1番高い人の3分の1(端数切捨て)の億を億が1番低い人に渡す
         例 1番高い人13億の場合 4億を1番億の低い人に渡す


    ゲームの流れ

    ゲーム開始時に黒か赤か数字1つを得られる
    プレイヤーは2億+手番が遅い分1億得る
    プレイヤー全員で0か1を提示する
    その合計値分0から玉が進む 7→0と回転していく
    その場の数字で配当の億を得る
    次の賭けはその場からまた数字を足していく
    先に20億を得たプレイヤーが勝利!