ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【地味な私が地下室からはいでた話】#2「《自分磨きは時間のムダ》好きな彼に勝手にみるみる好かれる方法」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【地味な私が地下室からはいでた話】#2「《自分磨きは時間のムダ》好きな彼に勝手にみるみる好かれる方法」

2019-01-30 10:43
  • 16
彼に振り向いてほしいなら「自分磨きは時間のムダ」です。






好かれるような人間にならないと好きな彼に振り向いてもらえない、というのは大きな間違いです。



彼に好かれる。


あなただけにてっとり早い方法を内緒で教えちゃいます。







「あなたはスゴイ」







を伝えてください。








え、そんな事?と思うかもしれません。


そうです。





ただ、実はこれが、誰も彼もできないのです。








なぜなら、人間が一番興味のあるのは自分自身のことです。



私はこんな話を聞きました。
ある日、占い好きの私の友人が仲の良い友達と一緒によく当たると評判の伝説の占い師のところにいきました。

彼女は2年先の予約をとっています。たまたま奇跡的に空きが出て、占ってもらえることになりました。しかし、時間の都合で1人しか占えないと言われます。

あなたならどうしますか?


伝説の占い師ですよ。










人は自分のチャンスが一番好きです。



当たり前ですね。

この地球上でだれよりも自分の未来を考えているのは自分しかいません。




自分の人生は自分だけのもので、たった一度きりだからです。





同じように、人もそう考えています。




自分のことに一番興味があるのは自分なんですね。



人を褒めることはわけないけど、それは自分が褒められてたり 気がのってるとき。
とくに何かに繋がらなかったり、損をしたり割をくってまですることではない。



みんなもそう考えています。








褒められたいという行列に並んで、褒められるのを待っています。





当然、あなたも並んでいるわけです。







あなたが彼に振り向いてもらいたかったら、


あなたはその列から抜けましょう。








人から褒められるような自分になってから人を褒めよう。そう思ってははいけません。



自分磨き。




それはムダナ時間です。



あなたは褒められたい行列から一番に抜けて、彼を一番褒めましょう。








するとあなたは彼からグングン好かれます。






そして、これで大事なのは彼の言動すべてを「褒め打ち返す」ことです。



何かに達してなくても、成功してなくても、完成してなくても、明日あさってダメダメでも、関係ない。どんな失敗も褒め返すのです。


あなたは彼のどんな球もあなたにかかればふわっと優しくトスする。あなたはバレーボールの名リベロです。
イラだっている相手に、ふんわりとボールを放り込むプロテニスの大阪なおみです。



上手くいっていないことでもあなたというフィルターを通すとすべて「良いもの」に変わってしまうんです。






先ほども書いたように自分は自分のことに興味がある。



他人は「世界」です。



「世界」からどんなふうに自分は見られているんだろう?と気になっています。




あなたという「世界」を通して返ってくる反応が良いものなら彼はポジティブな気持ちになれる。
あなたといると自分はダメじゃないと思える。


自分はダメかもしれないと思ったとき彼はかならずあなたを思い浮かべることになります。








心構えとして重要なのはこれです。

彼のすごさなんて「当然でしょ」というスタンスでいてください。

「皆があなたを否定しても、あなたはすごい、誰がどう見てもこれ当然じゃん









人は「自分が相手にとって価値があれば、チヤホヤしてくれる」と、条件つきの褒めがあることを分かっています。




だからこそ、家族でもないのに「そのままの自分に価値がある」と感じさせてくれる人は、本当に珍しく、特別な存在になります。




【例】
自信がない→「向上心があるからこそ自分に満足できないんだね」
自分はダメだ→「大丈夫。本当にダメな人は自分のダメさに気が付かない」
もう残業ばかりで嫌だ!→「仕事はデキる人に集まるからねえ」
話がわかってもらえない→「ええーこんな分かりやすいのに。聞く気がないのかな」




伝えるべき暗黙の5つのメッセージがあります。
「あなたは正しい」「あなたの味方」「あなたはすごい」「あなたは特別」「あなたは大丈夫」です。

これを一貫して伝えることです。




彼のすごさなんて「当然でしょ」というスタンスでいてください。




文:シホ

#2「《自分磨きは時間のムダ》好きな彼に勝手にみるみる好かれる方法」


広告
他6件のコメントを表示
×
私もこれ「都合のいい女」にされるだけな気がする
確かに好かれるだろうし必要とされるかもしれないけど、これ続けてるとだんだんその男は相手の女性を下に見るようになってなんでも自分の思い通りになる女だと認識していくし、慣れてくると「自分の意見のないつまらない女」だなんて言い出して飽きて、思い通りにならない女を追いかけ始めるよ
32ヶ月前
×
>>8
さんきゅー。
おっしゃる通りで、都合のいい女にならない回避編はこれからの連載に出していきますのでご期待いただければ幸いです。
というのも、彼女のことを「都合のいい人」と見下すか、「気の使い方を知ってる人」と敬意をはらうか、それは彼の人間性の問題になります。今回の内容は気になる彼にアプローチする初段階になります。
コメントどうもありがとうございます。
32ヶ月前
×
>>5
>バカ男なんて褒めるだけツケ上がるんだから後々捨てる予定のないヤツにはやめとけよ 男の俺が言っとくわ こんなことされたら人間がダメになるし賢い男はマズいなと思って自分から離れてくぞ

さんきゅー。
おっしゃる通りだと思います。その上でいうと、その男性がバカかどうかの判断はーーさんがされるのであればそうなのだと私も思います。ただ、彼女に敬意をはらえない男性というものがいれば、きちんと彼女の優しさに気が付いて敬意をはらえる男性はおどろくほどたくさんいます。そういうのはコミュニケーションしてみないとわかりません。彼と接してみて「この人ちょっと気が使えない人なのかな」と思ったときにはじめて判断がつくことだと私は考えます。
コメントありがとうございます。
コメントありがとうございます。
32ヶ月前
×
ブックマークブックマークっと・・・。
32ヶ月前
×
>>11
cat3さん。
さんきゅー。
とても恐縮です。
コメントどうもありがとうございます。
32ヶ月前
×
こういうことをごく自然に言えるようなら人としてもう十分磨かれてるよね
32ヶ月前
×
いわゆる「なろう系アニメ」の女キャラっぽく感じた。
「さすがお兄様!」みたいなことをいいつづけていれば
男の側はたしかに気持ちいいかもしれないけど、
それがいい関係とはあまり思えないな。
32ヶ月前
×
>>13
kitayaさん。
さんきゅー。
そうですね。おっしゃる通りです。ごく自然にいえるようになると理想的です。内緒でkitayaさんには先の内容をいえば、コミュニケーションが上手いとされる人は、上手い話がデキる人ではなくて相手に話の主導権をゆずりながらそれに寄り添うことができる人です。
コメントどうもありがとうございます。
32ヶ月前
×
誉められて都合よくなる人ねぇ。 どんだけ幼稚なんだよw
32ヶ月前
×
誰しもにある承認欲求を褒めることによって満たす。確かに自分含め男は嬉しいし相手を好意的に見るだろうねぇー
ただそうやってちやほやされて増長しない自分でいたいものです。。。自省自省。。。
32ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。