ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

飛行機の模型いろいろ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

飛行機の模型いろいろ

2021-07-25 23:49
    NOVOのグロスター・ジャベリンFAW.9Rです。NOVOというのはソ連のメーカーで、金型はフロッグです。
    説明書がロシア語で死ぬかと思いましたがパーツ数も少なくなんとかなりました。
    1975年発売のキットですがディティールアップなんて殊勝なことは技術もないしとくにせず合わせ目だけ消して〈綺麗に消えてないけど〉塗装。



    ジャベリン好きなんですよねえ。ジャベリンと同じくデルタ翼をもつ同時代の戦闘機、アメリカのF-102やフランスのミラージュIIIと比べると翼は分厚いし全体的に太いし垢抜けない感じが。とはいえイギリス空軍の主力戦闘機として一時代務めを果たした立派な飛行機でしょう。



    機首の横から伸びてる棒は空中給油用のプローブです。









    レベルのデ・ハビランド・シーヴィクセンFAW.2です。半年くらい前に作って放置していました。これも金型はフロッグです。このへんから本格的に飛行機模型を作り始めたこととあんまり実機の資料や他の作例を真面目に見ていなかったこともあって先のジャベリンと比べるとちょっとガバいのですがまあよし。具体的には尾翼と胴体の間に思いっきり隙間が空いていたりとかですね。



    説明不要の圧倒的に変な正面顔。左右非対称にも限度があるだろという感じです。実機は左側のレーダー手席にも透明な窓がついていますがキットでは再現されておらず、とりあえず黒く塗りました。気合の入っている人は開口して透明パーツはめ込んだりしていますね。あと現在はサイバーホビー社から同スケールでもっとクオリティの高いキットが出ております。







    ジャベリンもシーヴィクセンも日本でいうとF-104とファントムの中間くらいの時代の飛行機ですね。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。