ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

飛行機の模型いろいろ2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

飛行機の模型いろいろ2

2021-07-27 02:47
    そういえばブロマガなくなるらしいですね。ニコニコと連動してるのが好きだったんだけどなあ。移行するかどうかはそのうち決めます。

    フロッグのフェアリー・ファイアフライF.1です。レシプロ複座艦上戦闘機という変なヤツですね。マーキングはカナダ海軍。







    同じイギリスの艦載戦闘機のシーファイアなんかと比べると見るからに鈍重そうなんですが、第二次大戦で日本に初めて飛んできたイギリス機だったり、オーストラリアやカナダに輸出されたり、改良されて朝鮮戦争まで使われてたりと隠れた名機です。





    朝鮮戦争時、被弾し北朝鮮側の占領地域に不時着したオーストラリア海軍のファイアフライのパイロットの救出エピソードがオーストラリア艦隊航空隊協会のサイトで紹介されてたりします。これを見るとオーストラリア海軍仕様も作りたくなってくるんですよねえ。
    https://www.faaaa.asn.au/shine-angel-rescue-in-korea/


    Pioneer2というトルコのメーカーのYak-15です。ソ連のごくごく初期のジェット機ですね。ジェットエンジンに翼とコックピットをくっつけただけ、みたいな男らしいスタイルの飛行機です。








    チェコのメーカーSMERのMe262B-1a/U1です。金型はエレールらしいです。
    超有名な世界初の実用ジェット戦闘機、それにレーダーを搭載した夜間型ですね。


    なぜ地面がついているかというと、機首に重りを入れ忘れたからです。親切なメーカーだと説明書に書いてるんですけどねー。飛行機模型をこれから作る人は気を付けてください。
    重りがないのでしりもちをつくMe262↓



    全部組み立てたところで気が付き、一旦やる気がなくなったもののベース作って接着すればいいじゃん、と思いつきプラバンを切り出してミゾ引いて色塗って滑走路ぽく。作業時間10分くらい。



    そんなわけでMe262です。ドイツのメカは悪そうでかっこいいですなあ。









    ちなみに実機のアンテナはもっとはるかに細いです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。