ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 最近思うこと

    2014-07-27 02:14
    ウチは「日本人モタスポファンが嫌い」って言ってます。虫酸が走るレベルで

    F1ではマルドナードの事を「師匠」、グロージャンやインディカーのミハイル・アレシンのことを「ミサイル」「ロシアンミサイル」と言う人を見かけると気分が悪くなる。

    しかもそれを言うのが大抵が”ある特定のドライバーファン”な人が多い。佐藤琢磨や小林可夢偉のファンが多い

    応援するのは構わないけど、だからといって侮辱や軽蔑を込めた呼び名はどうだろうか?
    仮に佐藤琢磨の事を「特攻ドライバー」。小林可夢偉を「無償ドライバー」って言われたらファンとしてはどうよ?

    俺だったら嫌だね。

    自分の好きなドライバーをそんな言い方されて面白がったりなんとも思わないファンなんてそれはファンでもなんでもない連中だ。

    本当のファンは絶対そんなことを言わないし、言わせない(ハズ)

    自分はドライバーに対して、常に名前or愛称で読んできた。シューマッハは「シューミー」。ひんちくりふは「ヒンチ」。クルサードは「クルサード」で(なおクルサードはイギリスでもあの四角顔で愛称があったっけ)。グロージャンやマルドナードに対してもちゃんと名前で言ってる。師匠やミサイルなんて言ったこともない




    自分はセナから入り、シューマッハのファンになった。シューマッハ引退からは色んなドライバーを見ることになってそこから全ドライバーを応援するようになった。それが下位ドライバーやペイドライバーも含め。
    そしたらF1やインディカーがすごく面白く見えるようになってきた。

    今回。インディカーのトロントレース1でブルデーが07年以来、7年振りの優勝で自分は凄く嬉しくて涙も出そうにもなった。
    しかし、心ないファンはブルデーの優勝を低く見てるファンもいる。新規の人やブルデーをよく知らない人なら仕方ないが、チャンプカー4連覇して~F1~WECの時代から見てる人がそう言うのだからまぁホント、アレだよなぁっていう感想しか出ない。実際、ブルデーはF1で失敗。当時のチームメイトがあのセバスチャンベッテル+トロロッソ(レッドブルのセカンドチーム)でそらレッドブル育成ドライバーでもないブルデーは苦労しますよ。結局、シーズン途中でシート放り出されてスーパーリーグというカテゴリーまで落ちぶれたのに、ル・マンで再び陽の光を浴びてここまで来たんだからそら今回の優勝は嬉しいわ。なので今回の事はちょと残念


    琢磨のレース1で多重アクシデントで巻き込まれて一人だけリタイアしたあと、「もう寝る。ふざけんな!」っていうコメを見かけるとレース楽しんでないなぁ。って思う。

    ちょっと可哀想でもあるなぁ・・・

    次のミルウォーキーも楽しみだ。(いろんな意味で)
  • 広告
  • デイトナ500 予選結果

    2014-02-18 00:58
    伝説のカーナンバー”3”が帰ってきた!

    先日行われたデイトナ500の予選”Coors Light Pole”で今シーズンからデビューしたオースティン・ディロンがデビュー戦での大仕事。去年のダニカ・パトリックに続いてのデビューイヤーでのルーキーのPPを獲得した

    ディロンのカーナンバーは”3”
    これはNASCARでは伝説のドライバー、故デイル・アーンハートや多くのレジェンドドライバーがが付けていた栄光のカーナンバー。2001年に起きたあの”悲劇”から13年。そのカーナンバー
    3を受け継いだ若き才能が今シーズン、どこまで輝けるか

    2位には去年までのマイケル・ウォルトリップ・レーシングから移籍したマーティン・トゥルーエクスJr(フォーチュインナウ)がゲト。移籍初戦での予選2位スタートは立派。ディロンとトゥルーエクスJrは決定。残りのグリッドは後日行われる”バドワイザーデュエル”の予選レースで決まる。

    去年のPPシッター、ダニカ・パトリックは25位。リチャードペティやデイルアーンハートに並ぶ7度目の王者に挑む去年の王者で開幕戦ウィナーのジミー・ジョンソンは14位

    全体的にシボレーとフォードがTOP10を占めた予選。前日のスプリントアンミリデットを制したトヨタのデニー・ハムリン(JGR)は22位。トヨタ勢最高位が17位のマットケンゼス(JGR)と苦しいスタート

    デイトナ500”Coors Light Pole”予選結果
    1位 #3 オースティン・ディロン(R) 
    2位 #78 マーティン・トゥルーエクスJr.
    3位 #16 グレッグ・ビッフル 
    4位 #99 カール・エドワーズ 
    5位 #31 ライアン・ニューマン
    6位 #2 ブラッド・ケセロウスキー
    7位 #88 デイル・アーンハートJr
    8位 #24 ジェフ・ゴードン
    9位 #17 リッキー・ステンハウスJr
    10位 #27 ポール・メナード
    11位 #9 マルコス・アンブローズ
    12位 #33 ブライアン・スコット
    13位 #43 エリック・アルミローラ
    14位 #48 ジミー・ジョンソン
    15位 #22 ジョーイ・ロガーノ
    16位 #13 ケイシー・メアーズ
    17位 #20 マット・ケンゼス
    18位 #7 マイケル・アーネット(R)
    19位 #5 ケイシー・ケーン
    20位 #15 クリント・ボウヤー
    21位 #18 カイル・ブッシュ
    22位 #11 デニー・ハムリン
    23位 #4 ケビン・ハーヴィック
    24位 #42 カイル・ラーソン(R)
    25位 #10 ダニカ・パトリック
    26位 #21 トレバー・ベイン
    27位 #47 AJアルメンディンガー
    28位 #41 カート・ブッシュ
    29位 #36 リード・ソーレンセン
    30位 #51 ジャスティン・オーガイナー(R)
    31位 #38 デビット・ギリーランド
    32位 #40 ランドン・カッシル
    33位 #30 パーカー・グリガーマン(R)
    34位 #66 マイケル・ウォルトリップ
    35位 #14 トニー・スチュワート
    36位 #35 エリック・マクルアー
    37位 #55 ブライアン・ヴィッカーズ
    38位 #1 ジェイミーマクマーレイ
    39位 #26 コール・ウィット(R)
    40位 #34 デビット・レーガン
    41位 #95 マイケル・マクドーウェル
    42位 #32 テリー‥ラボンテ
    43位 #98 ジョシュ・ワイズ
    44位 #52 ボビー・ラボンテ
    45位 #87 ジョー・メネチェク
    46位 #83 ライアン・トゥルーエクス(R)
    47位 #23 アレックス・ボウマン(R)
    48位 #93 モーガン・シェパード
    49位 #77 デイブ・ブレイニー
  • 2014 Sprint Unlimited

    2014-02-16 20:30
    2014年NASCARシーズンの開幕となるイベント

    「2014 Sprint Unlimited」

    実に見応えのあるレース内容だったわ
    レーススタートしてからは淡々と進んでたけど。、セグメント1終盤で去年の王者、#48ジミー・ジョンソン(シボレー シボレーSS ヘンドリック)が単独?スピンからのクラッシュでそのままセグメント1は終了。首位通過は#11 デニー・ハムリン(トヨタ カムリ JGR)

    そしてセグメント2
    3位を走行していた去年のシリーズランキング2位の#20マット・ケンゼス(トヨタ カムリ JGR)が#22ジョーイ・ロガーノ(フォード フュージョン ペンスキー)にプッシュされる形でスピン。
    後ろにいた#14トニー・スチュワート(シボレー シボレーSS SHR)等8台を巻き込んでのビックワンが発生。
    事故を避けようとした#10ダニカ・パトリック(シボレー シボレーSS SHR)にクラッシュに巻き込まれた#17リッキー・ステンハウスJr(フォード フュージョン RFW)が恋人のマシンに突っ込む事態に
    この多重クラッシュでケンゼス・スチュワート・ゴードン・カート・ブッシュ・ダニカ・ステンハウスJr・エドワースがリタイア。セゲメント2首位通過はまたしてもハムリン。

    そして最終のセグメント3
    終盤で#88デイル・アーンハートJr(シボレー シボレーSS ヘンドリック)が#9マルコス・アンブローズ(フォード フュージョン RCM)にプッシュされて壁にヒットしてリタイア。イエローコーション

    残り5周のところでグリーンフラッグ。ここでペンスキー勢の2台。2012年王者の#2ブラッド・ケセロウスキーと#22ジョーイ・ロガーノが集団を引っ張り、さらにはスピンで後方いたがイエローで隊列に戻れた#18カイル・ブッシュ(トヨタ カムリ JGR)等が激しいバトルを繰り広げる中、残り2周のバックストレートの集団から飛び出したのが#11デニーハムリン!!(俺もどこから出てきたのかがわからないほどの素晴らしい飛び出しであった)

    そのままホワイトフラッグが振られてファイイナルラップ!逃げるハムリンに追いかけるケセロウスキーだがわずかに届かずそのままハムリンが去年の最終戦のホームステッドに続く2連勝!!
    ケガの影響で満足に過ごせなかったハムリンだが、今年は最高の出だしである
    2位はケセロウスキー。去年はチェイス進出も出来ずに苦戦したシーズンであったが今年はどうか?

    2014 Sprint Unlimited 最終リザルト
    1位 #11 デニーハムリン
    2位 #2 ブラッド・ケセロウスキー
    3位 #18 カイルブッシュ
    4位 #22 ジョーイ・ロガーノ
    5位 #4 ケビン・ハーヴィック
    R #10 ダニカ・パトリック
    R #48 ジミージョンソン

    http://www.nascar.com/en_us/sprint-cup-series/standings/results/2014/the-sprint-unlimited.raceResults.entryList.html