ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

最近思うこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

最近思うこと

2014-07-27 02:14
    ウチは「日本人モタスポファンが嫌い」って言ってます。虫酸が走るレベルで

    F1ではマルドナードの事を「師匠」、グロージャンやインディカーのミハイル・アレシンのことを「ミサイル」「ロシアンミサイル」と言う人を見かけると気分が悪くなる。

    しかもそれを言うのが大抵が”ある特定のドライバーファン”な人が多い。佐藤琢磨や小林可夢偉のファンが多い

    応援するのは構わないけど、だからといって侮辱や軽蔑を込めた呼び名はどうだろうか?
    仮に佐藤琢磨の事を「特攻ドライバー」。小林可夢偉を「無償ドライバー」って言われたらファンとしてはどうよ?

    俺だったら嫌だね。

    自分の好きなドライバーをそんな言い方されて面白がったりなんとも思わないファンなんてそれはファンでもなんでもない連中だ。

    本当のファンは絶対そんなことを言わないし、言わせない(ハズ)

    自分はドライバーに対して、常に名前or愛称で読んできた。シューマッハは「シューミー」。ひんちくりふは「ヒンチ」。クルサードは「クルサード」で(なおクルサードはイギリスでもあの四角顔で愛称があったっけ)。グロージャンやマルドナードに対してもちゃんと名前で言ってる。師匠やミサイルなんて言ったこともない




    自分はセナから入り、シューマッハのファンになった。シューマッハ引退からは色んなドライバーを見ることになってそこから全ドライバーを応援するようになった。それが下位ドライバーやペイドライバーも含め。
    そしたらF1やインディカーがすごく面白く見えるようになってきた。

    今回。インディカーのトロントレース1でブルデーが07年以来、7年振りの優勝で自分は凄く嬉しくて涙も出そうにもなった。
    しかし、心ないファンはブルデーの優勝を低く見てるファンもいる。新規の人やブルデーをよく知らない人なら仕方ないが、チャンプカー4連覇して~F1~WECの時代から見てる人がそう言うのだからまぁホント、アレだよなぁっていう感想しか出ない。実際、ブルデーはF1で失敗。当時のチームメイトがあのセバスチャンベッテル+トロロッソ(レッドブルのセカンドチーム)でそらレッドブル育成ドライバーでもないブルデーは苦労しますよ。結局、シーズン途中でシート放り出されてスーパーリーグというカテゴリーまで落ちぶれたのに、ル・マンで再び陽の光を浴びてここまで来たんだからそら今回の優勝は嬉しいわ。なので今回の事はちょと残念


    琢磨のレース1で多重アクシデントで巻き込まれて一人だけリタイアしたあと、「もう寝る。ふざけんな!」っていうコメを見かけるとレース楽しんでないなぁ。って思う。

    ちょっと可哀想でもあるなぁ・・・

    次のミルウォーキーも楽しみだ。(いろんな意味で)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。