ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ゲームについて考える。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゲームについて考える。

2013-10-11 21:59
    こんにちわ、もももです(`・ω・´)

    突然何を思ったのか、ゲームについて考えてみます。
    ストーリーです。

    あ。キャプテン翼はどうしたのかって?
    絶好調で自分の中で輝いています!ヽ(*´∀`)ノ
    三杉くんが思うようにかけない・・・理想の三杉くんが迷子になって困ってます。

    で。昨日発売されたTOSなんちゃらパック。(すみません)

    TOSのお話がすごい好きなんです。
    ロイコレが大好きで。結局お前はカップリングなのかよ、という。
    このテイルズのお話も結構長いんですよね。

    前半は”シルヴァラント”という世界を救うため、ヒロインのコレットが天使になるための旅をして、主人公のロイドはその旅に一緒に行きます。(とある事情で)
    ところが。蓋を開けてみるとあらびっくり。
    コレットが天使になるということは、人としての”死”を意味していました。
    直前で引き止めるロイド。だけど時すでに遅し。
    心を失ったコレットを抱え、新たなる世界”テセアラ”へとロイドたちは行きます。
    そこでも色々なイベントが。
    衝撃的なことは、もう死んだと思っていたロイドの本当の父親が発覚します。
    また、仲間だと思ってた人物の裏切り。
    そして敵。

    などなど。国語が赤点スレスレだった私の拙い文章では、うまくストーリーを説明しきれません。
    動画はたくさんUPされていますので、ぜひそちらを参照してください。

    で。そのTOSのストーリーを考えれば考えるほどわからなくなります。
    なぜコレットは天使になって世界を救うのか?
    それはラスボスが作り出した世界の仕組みのせいです。
    では、何のためにラスボスは世界の仕組みを作ったのか?
    ラスボスがこのような世界のしくみを作った理由の元を辿れば、人が争うから悪い。
    ラスボスをそうさせたのは、人です。
    結局はラスボスは悪くない、というわけでもありませんが・・・きっかけを作ったのはその時争っていた人なんです。

    うまく説明できなくてすみません。これ以外にも色々考え思うところがあったから書きましたが、何せ国語が赤点スレs(ry

    そう思うと、ゲームの世界も悪と善だけじゃないよなーとか思います。
    悪には悪の善がある。
    それが間違っているものかどうか。
    その善がどちらに転ぶかは、その時代の人が受けいれるかどうかで変わってくる。
    何か思うから、行動するんですよね。

    なんか奥深いですね。
    ゲームなのに。

    でも奥が深いはずなのに、うまく説明しきれてません。
    何せ国g(ry

    何が言いたかったというと、TOSやりたいということです。
    でもゲーム機ない。
    買う金あるなら、その金で別のもの買います。

    だから動画見て満足します。

    明日は我慢してFF4放送します。



    たぶん。





    あとコレットの落書きします。








    たぶん。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。