• このエントリーをはてなブックマークに追加
『FOREST 島人通信』2015.9.16号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『FOREST 島人通信』2015.9.16号

2015-09-16 21:00

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▼ 2015.9.16号
    ▼ 『FOREST 島人通信』
    ▼ FOREST ISLAND
    ▼ http://ch.nicovideo.jp/morishimachannel
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ***********************************************************

    ▼ご挨拶 

     

    みなさま、いつもFOREST ISLANDをお楽しみいただきありがとうございます。

     

    缶バッジ、まったくもってごめんなさいm(__)m。

    皆様の御宛名を一件ずつ手書きで書かせていただいておりますが、ちょっと時間がかかってしまっております。

    もう間もなく終わり、発送できますので、すみませんがもう数日お待ちください。

    すみません!

     

    さて、本日はこれから、二宮歩美さんと心霊スポットに参ります。

    放送は22時より、こちらのURLになります。

    http://live.nicovideo.jp/watch/lv235241126

     

    どうぞお楽しみに!

     

    ─────────────────────────────

            FOREST ISLANDホラー劇場『神社の肝試し』②

     

    なるべく脇を見ないようにしながら足早に進み、翔くんは神社の敷地内へと足を踏み入れた。

    途端に、周囲の様相が一変する。

    鬱蒼と木々が生い茂り、翔くんを飲み込まんばかりに覆い被さってくる。

    枝が手を伸ばせば届くほどのところにあり、その枝の間から何かが飛び出てくるような気持ちになる。

    これに比べれば、墓地の中はそれでも開放感があった、と翔くんは思った。

    懐中電灯の明かりも、待機している隆介くんたちに見えただろうし、同じ空気を共有しているという思いがあった。

    ここは違う。神社の中に足を踏み入れたら、全くの別世界だ。

    翔くんは身を屈めるようにして進んでいった。茂みの間から手でも出てきてつかまれるような気がしていた。

    突き当たりを右に曲がる。隆介くんの言った通りだ。

    今度は左側が石を積み上げた土手のようになっている。右側は相変わらず鬱蒼と茂った林だ。

    懐中電灯の明かりが、急にパパッと点滅する。電池が無くなったのか、それとも接触が悪いのか。

    思わず足を止め、それ以上の異常が起こらないことを確認してから再び歩み出す。

    左手の土手の切れ目の角を曲がると、鬱蒼とした林を抜け、少し開けたようになっていた。

    そして、正面に神社の本殿が見える。

    本殿と言っても、とても小振りだ。周囲を回ってもおそらく20メートルもないだろう。

    本坪鈴の下に、鉛筆が三本残っている。身を屈めて一本を拾う。残りは二本。隆介くんと、加奈ちゃんの分だ。

    頭を上げた瞬間、首を誰かに押さえつけられた。思わず叫び声を上げたのと同時に、本坪鈴がガシャンと音を立てる。

    紐にぶつかってしまったのだ、とようやく気づく。

    今度の叫びは闇に吸い込まれ、誰にも聞こえなかったようだ。

    静まりかえった境内を見回すと、翔くんは踵を返して寺を目指そうとした。

    重苦しい木の音が響いたのは、その瞬間だった。

    背後から聞こえたその音に、翔くんは振り向いた。

    見ると、拝殿の扉が少しだけ開いている。

    中に見えるのは、漆黒の闇。

    しかし翔くんには、ゆっくりとそれを確かめている余裕は残されていなかった。

    叫ぶのをやっとの事で堪え、一目散に神社を後にする。

    懐中電灯で足下を照らし、全ての神経をそこに集中させた。

    神社の森の中は砂利道で、小さな虫も多くうごめいている。

    足下に意識を集中させて一直線に神社を抜ける。

    墓地に出た途端、敷かれていた石の段差に足を引っかけ、転んでしまった。

    「墓地で転ぶと早死にする」と以前にお母さんに言われたことを思い出すが、どうでも良かった。

     急いで立ち上がると、ずんずん進む。打ち付けた膝が痛む。もしかしたら擦り剥いたのかも知れない。

     墓地の角を曲がると、懐中電灯を囲むようにして待っている7人の顔がうっすらと見えた。

     中には翔くんのただならぬ様子に気づいた子もいたようだ。数人が、お互いの顔を見回す。

     その空気に気づいているのかいないのか、隆介くんは大げさに迎えた。

    「よお、帰ってきたか! どうだった?」

     翔くんは黙って鉛筆を見せた。

    「やるじゃん、お前。正直無理かもと思ってたんだよ。東京に住んでても臆病じゃないんだな」

     都会の人間を一緒くたに臆病だと決めつけるな。それに僕が住んでいるのは神奈川だ。

     と、訂正している場合じゃない。

    「扉、開いたよ」

     翔くんの言葉に、一瞬隆介くんは怪訝そうな顔をする。

    「何の話?」

    「神社の扉だよ。ぎいって音がして、振り向いたら開いてた」

     加奈ちゃんを初め、何人かの顔色が変わる。

    「ほんとかよ? なあ、隆介。やっぱりやばいんじゃねーの?」

     一人の男子が情けない声を出す。

    「怖がらせようとして嘘を言うのはやめなさいよ」

     二番目に行った、しっかり者の女の子は、翔くんの言葉を疑って責めてきた。

    「嘘じゃないよ。本当に開いてたんだ。別に怖がらせようなんて思ってないって。肝試し、中止にした方がいいと思う」

     翔くんの言葉に、みんな黙ってしまった。怖がらせる目的で言ったのであれば、肝試しの中止を提案するはずはない。そのくらいは分かる。ならば本当なのだろうか?

     下を向いてしまった加奈ちゃん以外の7人は、顔を見合わせた。

     誰もが、誰かが次の意見を言うのを待っているようだった。

    「中止にしよう」と。

     沈黙を破ったのは隆介くんだった。そして、彼の言葉はその期待を裏切った。

    「次は俺の番だな」

    「やめなって」

     翔くんは反対した。

    「いいじゃん、俺、行きたいよ。行って確かめてくるって。それでいいだろ?」

     そう言われてしまうと、誰も反対は出来ない。みんな自分の番は済んでしまっている。

     怖い思いをするのは隆介くんだけだ。

     いや、隆介くんだけじゃない。まだ加奈ちゃんの順番が残っている。

     しかし、当の加奈ちゃんは下を向いてしまったまま、顔を上げようともしない。

    「みんな、いいよな。じゃあ、行ってくるぜ。翔、懐中電灯くれよ」

     結局、誰も隆介くんを止めることが出来ないまま、隆介くんは墓地の中へと消えていった。


                                       <続く>


    =====================================================================

    あなたの質問やご要望をお寄せ下さい!

    ご意見、ご質問、ご要望をお待ちしております。
    もしかしたら、動画や配信に反映されるかも知れません!?
    全てにおいてご期待に添えない場合もありますので、あらかじめご容赦願います。

    =====================================================================

     


    ★◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆★
                  2015.9.16号
                  発行 FOREST ISLAND
                  発行者: FOREST ISLAND
    ★◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆★

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    FOREST島人通信
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。