• このエントリーをはてなブックマークに追加
『FOREST 島人通信』2015.12.9号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『FOREST 島人通信』2015.12.9号

2015-12-09 22:00

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ▼ 2015.12.9号
    ▼ 『FOREST 島人通信』
    ▼ FOREST ISLAND
    ▼ http://ch.nicovideo.jp/morishimachannel
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ***********************************************************

    ▼ご挨拶

     

    みなさま、いつもFOREST ISLANDをお楽しみいただきありがとうございます。

     

    明日の12月10日(木)に心霊スポットに行くことに致しました。

     

    また見守っていただければ幸いです!

    http://live.nicovideo.jp/watch/lv244842743

     

    そして、今月はFOREST ISLANDではないのですが、とあるビッグプロジェクトが進行いたします!

    発表になるのはまだ先ですが……。

     

    先日の『満月を撃ち抜け!』ではございません!

    そちらもよろしくではあるのですが(笑)。

     

    ですが、FOREST ISLANDでも告知協力ということで何かやるかも知れません!

     

    その時は、宜しくお願いいたします!

     

    引き続き、FOREST ISLANDチャンネルをどうぞ宜しくお願いいたします。

     

    ─────────────────────────────

    FOREST ISLANDホラー劇場『現れた4号室』②

     

     板張りの暗い廊下に、白い懐中電灯の明かりが浮かび上がる。

     照らされた部分は真っ白に見えるほど明るいのに、その明るさのせいでかえって周囲の暗さに目が慣れることがない。

     何十人もの友達がいた下の階とは違って、壁の向こう側にも人の気配が全くない。

     しんと静まりかえった廊下を、船田さんたちは一列になって進んでいった。

     先頭を懐中電灯を持った琢馬くんが歩き、次に船田さん。そして、その他のメンバーがついていく。

     長い廊下を冷たい風が吹き抜け、夏なのに船田さんたちはぶるりと体を震わせた。

    その時だった。

    「おい、見ろよ!」

     琢馬くんが声を上げる。

    「静かにしろよ!」

     大声を出したら先生に見つかってしまう。

     船田さんはそう思って琢馬くんを見た。

     暗がりの中に、琢馬くんの顔がうっすらと浮かび上がる。

     その目はカッと見開かれていて、壁の一点を見つめている。

    「見ろって!」

     琢馬くんはその方角に懐中電灯を向けていた。

     目を向けると、そこには引き戸の扉があった。

     何の変哲もない、他の部屋と同じ木の扉であった。

    「何だよ、何もないじゃん」

     仲間の一人が声を上げる。

    4号室だ!」

     琢馬くんの声は震えていた。その声にぞっとしたのか、その意味するところに気づいたのか、全員がはっとして壁を見つめた。

     懐中電灯の明かりの中に、墨で書かれたような手書きの文字で「4」の数字が浮かび上がっている。他の部屋番号は印刷されたフォントの数字だ。しかも、「4」の数字が書かれているのは古びた木の板。他の部屋とは明らかに違っている。

     懐中電灯の明かりが横に動き、木の扉を照らし出す。

     この扉も、他の部屋とは違い、やけに古びて重そうだ。

    「何でだよ。4号室は無いって言ってただろ、なのに……」

    「静かに!」

     とっさに船田さんは叫んでいた。何か嫌な気配のようなものを、扉の向こうに感じたからだった。

     弾かれたように、他の悪友たちも黙る。

    扉の向こうの気配を感じたのか感じなかったのか、それでも全員が一言も発しないまま耳をそばだてた。

    ……トン……トン…………トン……。

     どこからか音が聞こえてくる。

    「何だ?」

    「シッ!」

     さらに耳を澄ませてその場に立たずむ。

     すると、その音は、今まさに懐中電灯が照らしている4号室の扉の向こうから聞こえていた。

     誰かがいるのか?

     誰も口にしなかったが、そこにいた全員がほぼ同時に気づいたようだった。

     木の扉が、音に合わせて小刻みに揺れている。

     まるで誰かが扉の向こうにいて、弱々しい力で叩いているかのようだ。

    「どうなってんだよ?」

     琢馬くんが静かにつぶやいた。

     その瞬間、廊下の端に明かりが近づくのが見えて、琢馬くんはとっさに懐中電灯を消した。

     同時に、誰とも無く我先にと4号室の隣にあった5号室へとなだれ込む。

     いたずらっ子たちの習性に近い反応だったのかも知れない。

     全員が5号室に飛び込むのと、廊下の向こうに人影が現れるのがほとんど同時だった。

     船田さんたちはそっと身を乗り出すようにして、廊下の向こう側を覗き込んだ。

     暗い明かりがゆらゆらと蠢いているのが見える。

     その明かりがこちらを向いた顔を薄暗く照らし、ゆっくりと近づいてくる。

     どうやら蝋燭の明かりで、向かってくるのは年老いた女性のようであった。

     それに気づいた時には、老婆はもう廊下を半分ほど渡って来ていた。

     蝋燭を片手に持ち、腰が曲がっているのに、老婆は慣れているかのように薄暗い廊下をまっすぐに歩いてくる。

     老婆はその白髪に覆われた顔を一度も上げることなく、廊下のある場所までたどり着くと足を止めた。

     そこは、あの4号室の前であった。

     老婆はのろのろとした動作で扉の方を見ると、うなり声を上げた。

     それが泣き声だと気づくまで、どのくらいの時間がかかっただろうか。

     しばらくむせび泣いた老婆は、小さく咳き込み、やがて呼吸を整えるように深呼吸をすると、木の扉に手をかけた。

     引きずられるような音を立てて扉が開く。老婆の力では、扉を開けるのもひと苦労のようである。

     そして老婆はゆっくりと4号室の中に消えていった。

                                       <続く>


    =====================================================================

    あなたの質問やご要望をお寄せ下さい!

    ご意見、ご質問、ご要望をお待ちしております。
    もしかしたら、動画や配信に反映されるかも知れません!?
    全てにおいてご期待に添えない場合もありますので、あらかじめご容赦願います。

    =====================================================================

     


    ★◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆★
                  2015.12.9号
                  発行 FOREST ISLAND
                  発行者: FOREST ISLAND
    ★◇◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇◆★

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    FOREST島人通信
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。